【ハースストーン】ゼロから始める『無課金プレイ』part3

ゼロから始める無課金プレイ第三回、今回はウォーロックデッキを使用していきます。
『無課金プレイ』の部分に早く触れて欲しいという方も多いかもしれませんが、『ゼロから』始めていくためにはこの練習モードをすべてクリアするのが必要不可欠となりますので、今しばらくお付き合いくだされば有難いです。

対戦相手は『プリースト』

ウォーロックはライフを減らしてカードを引くヒーローパワーを持っているため、直接ダメージを与えてくる『ハンター』や『メイジ』等とは相性があまり良くないといえます(デッキにもよりますが)。

そこで今回は『プリースト』であるアンドゥイン・リンを対戦相手に選択しました。
早速試合開始、まずはマリガンです。

ウォーロックマリガン

『戦のゴーレム』というほぼ確実にマリガンの対象になるカードが来ました。
他のカードは突撃を持つコスト3のウルフライダー、取り回しの良いリバー・クロコリスクなので、今回は戦のゴーレムのみを入れ替え。

ウルフライダーはアグロデッキではフィニッシャーとして使うことも多いカードですが、敵のミニオンと1:1交換をするために半ば呪文のような使い方も出来るので、最初のマリガンでは私は残しています。

ただ、突撃を持つカードであり、体力が1しかないという都合上、盤面に生き残ることが滅多にないので、人によってはマリガンで交換しているのかもしれません。

プリーストの厄介なカード

『ノースシャイアの聖職者』はプリーストの基本カード。基本カードはスタンダードから外れることがないので、どの環境でもデッキに入れられるカードです。

ノースシャイアの聖職者

このカードはコスト1で1/3という十分なスタッツを持ちながら、ミニオンが回復を受けた時にカードを1枚引くことが出来る効果を持っています。

プリーストには味方の体力を2回復させるヒーローパワーがある他、ヒーロー専用カードの傾向として回復系のミニオンや呪文が多く、1マナで出せる上に手軽にドローソースに出来るこのミニオンはどのデッキにでも入れる程優秀です。

『ノースシャイアの聖職者』への対処

通常はゲームを有利にしていく上で、このミニオンに攻撃していかなければいけませんが、このミニオンは体力が3であり、序盤に出てきた場合は中々一撃では破壊できません。
中途半端なダメージを与えてしまうと、ヒーローパワーで敵にボードと手札のアドバンテージを同時に取られてしまいます。

敵のミニオンの効果を消すことが出来る『沈黙』を付与出来るカードがあればそれを使っていくのがベストですが、そういったカードがない場合、無駄にダメージを与えないようにしつつ、慎重に展開していきましょう。

ウルフライダーを使うのは『勿体無い』!

このウォーロックのデッキにはウルフライダーが入っています。
このカードは3/1で突撃を持っており、ノースシャイアの聖職者と交換するには非常に便利なミニオンですが、これは少し勿体無い選択です。

ノースシャイアの聖職者はコスト1、対してウルフライダーはコスト3なので、相手と比べて2コスト分損したことになってしまいます。
ウォーロックには除去系の呪文が多く搭載されているので、それらを引き当てるまでヒーローパワーを使いながら耐えるのもいいでしょう。
相手の手札の枯渇を狙うのも立派な戦略ですからね。

『AoE』を使いこなせ!

AoEとは『Area of Effect』の略で、範囲攻撃という意味です。
ハースストーンにおいては主に複数のミニオンに攻撃できる呪文の事を差し、メイジやシャーマン、ウォーロックといった魔法系のヒーローが得意としている呪文です。

AoE説明

敵のミニオンが複数いて、こちらにミニオンが居ない時、そんな時に便利なのが『地獄の炎』です。
コスト4で敵味方全員に3ダメージを与える呪文です。
AoE呪文は7マナで敵全体に4ダメージを与える『フレームストライク』など高価な物が多い中で、地獄の炎は非常にコストパフォーマンスに優れた呪文です。

ここで使うべきではない

画像の場面を見てみましょう。
敵にはコスト1のミニオンと、コスト2のミニオンが1体ずつ。
この場面で地獄の炎を使っても、マナを4つ消費して3マナ分のミニオンを消しただけになってしまいます。
この場面で筆者は『オーガのメイジ達』を出しました。
画像の時点で敵のミニオンの攻撃力は最大で3なので、攻撃力や体力を操作されない限りは耐えることが出来ます。
さらに敵が大きなミニオンを出してきても、呪文ダメージ+1により致命傷を与えられる可能性も残るので、この場面ではかなり有効な選択なのではないでしょうか。

ウォーロックの呪文

ウォーロックの呪文はこのように何処かリスクを抱えた呪文が多いです。
例えば『凄まじき力』という呪文は1マナでミニオンに攻撃力4を与えられますが、そのミニオンはターン終了時に破壊されてしまいます。
このカードならば断末魔を持つミニオンに使えば一石二鳥となるように、上手く呪文のデメリット効果を活かした戦い方をしていく必要がありますね。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます