【ハースストーン】ゼロから始める『無課金プレイ』part2

前回記事ではウォーロック戦の途中、これから中盤というところまででしたが、今回の記事ではウォーロック戦を最後までお届けします。
序盤戦ではハンターやウォーロック等の序盤から勝負を仕掛けやすいヒーローの独壇場になりますが、中盤戦、後半戦にかけてそういったデッキは不利になってきます。
今回はそんな中盤戦、後半戦をメインに戦う際に重要な『ボードコントロール』の概念についてご紹介します。

ヒーロー固有ミニオン

前回の記事はこちらに初級エンジニアが1体残された状態で終わりましたが、その後相手のウォーロックは1/3の挑発持ちミニオン『ナイトウォーカー』を出してきました。

このナイトウォーカーはウォーロックの固有ミニオンで、基本的にヒーロー固有のミニオンはそうでないミニオンより強いです。
例えば汎用のコスト1ミニオンに『ゴールドシャイアの歩兵』がいますが、このミニオンはコスト1の挑発持ちで1/2です。ウォーロックのナイトウォーカーもコスト1なので、純粋に体力が+1されたミニオンという事になりますね。
こういったヒーロー固有のミニオンは『ボードコントロール』において非常に重要になります。

ボードコントロールという概念

ハースストーンにおける勝利条件は『敵のHPを0にすること』なので、焦って敵のヒーローばかりを攻撃してしまう人もいると思います。
ですが、敵に『こちらを攻撃する隙を与えない』為には、敵のミニオンを攻撃して破壊していく必要があります。
こうして『敵に対してどれだけ有利な状況を作るか』というのがボードコントロールにおける考え方です。
最近ではボードコントロールという考え方を覆すようなデッキも多いですが、この基本を覚えておくと役に立つ戦局も多いと思うので、初心者の方は是非頭に入れておきましょう。

ボードゲームとの関連性

この概念は将棋やチェス等のボードゲームに置き換えて考えると非常にわかりやすいです。
例えば将棋においてはこちらの歩や銀や香車等を上手く使って、相手の飛車、角と交換するようなことが度々起こります。
こういった交換は誰がどう見ても(状況にもよりますが)基本的には『有利な交換』ですよね。
ハースストーンにおいても同じで、マナコストの低いミニオンを『歩』、高いミニオンを『飛車や角』に置き換えて考えればいいのです。

ヒーローパワーの使用

ヒーローパワーはマナを使いますが、毎ターンカードを消費せずに使うことが出来ます。
これにより、手札を温存したまま盤面を有利にできるので、ボードコントロールにおいては非常に重要です。

有利な交換

ナイトウォーカーを処理し、相手がヴードゥーの呪術師を出してきたのでこのような場面になりました。
ヴードゥーの呪術師は2/1のミニオンで、メイジのヒーローパワーの良い『カモ』です。

メイジのヒーローパワーは2マナを支払う事でこうして体力が1しか残っていないミニオンを処理していくことが出来るので、ボードコントロールの概念を用いて戦っていくのにかなり向いています。

中盤戦

中盤戦にはいり、敵が少し大型のミニオンを出し始めました。
敵は4/4で呪文ダメージ+1を持つ『オーガのメイジ達』を召喚しました。
こちらの手札には3/1のウルフライダーがあり、マナは5マナあります。
ここは迷わずウルフライダーを切り捨て、オーガのメイジ達を処理しましょう。
ヒーローパワーを使うことで、3マナのミニオンと4マナのミニオンの交換に成功しました。

オーガのメイジ達を無視した場合

オーガのメイジ達は呪文ダメージ+1を持つミニオンです。
こちらの場にはマーロックの襲撃兵が一体のみだったので、ウルフライダーでヒーローを攻撃すると敵に合計5ダメージを与えられますが、オーガのメイジ達は場に残ります。
マーロックの襲撃兵、ウルフライダーは体力が1なので、敵のAOE(複数にダメージを与える呪文)で両方破壊されてしまう危険性があります。
この場合オーガのメイジ達を処理するような呪文がない限り、次のターンまでオーガのメイジ達は残るので、そのターンと次のターンで合計8ダメージを出せる事になり、最終的にはダメージで負けたことになってしまいます。

有利な交換

この後、相手が何もしてこなかったため、ブラッドフェンラプターを召喚した所、相手が大型のミニオンを出してきました。

有利な交換

こういった高攻撃力、低体力なミニオンは有利な交換がしやすいです。
こちらには2/1のマーロックの襲撃兵がいるので、1マナのミニオンと6マナのミニオンを交換できます。

実際にはこういった場面は中々無いですが、こんな交換が出来たらいいなという理想形ですね。

ミニオンを並べてフィニッシュ!

こうしてボードの有利を伸ばしていき、トドメをさせるようになったら『フィニッシャー』をいれてフィニッシュです!
今回は味方の攻撃力を全て+1することが出来る『レイドリーダー』がいたので、ミニオンを並べて一気にウォーロックに勝つことが出来ました。

まとめ ウォーロックデッキは打たれ弱い

手札を切らさず攻め続けることが出来るウォーロックデッキですが、上手くミニオンを処理していけば次第にライフが減っていきます。
弱った所にとどめの一撃を加えてやりましょう!
次回はこのウォーロックデッキを使って他のデッキに勝とうと思っていますのでお楽しみに。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます