【ディシディア ファイナルファンタジー】共闘関係がVer.1.3.2で修正!要請人数増加などでフレンドと共闘しやすくなった!そこで時間帯ごとにどれくらい集まるか実験!

「DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA(DFFOO)」が、

アプリのバージョンをアップデート!

それにより、共闘クエスト関係の修正が行われた。

そこで今回は、共闘クエストがアップデートでどう変わったのか、

実際の共闘画面を例に出しながら解説していきたいと思う。

スマホゲーム ディシディア 共闘

アップデート内容

まず、5月8日(月)12:00頃に行われたアップデートの内容について。

更新されたのは、以下の点だ。

・共闘要請を一度に送れる人数の増加

・フォローできるユーザーの最大数の増加

・バトル中のスタンプ送信数の増加

スマホゲーム ディシディア 共闘

まず、ひとつめの「共闘要請を一度に送れる人数の増加」。

これはアップデート前は5人までだったところが、20人まで増えた。

次に「フォローできるユーザーの最大数の増加」。

変更前は100人だったものが、変更後は200人に。

そして「バトル中のスタンプ送信数の増加」。

変更前は30回だったが、変更後は100回に。

これらの修正によって、より他のユーザーをフォローしやすくなったことに加え、

共闘でフレンドが集まりやすくなった。

実際の共闘はどんな感じに変わった?

筆者の体感では、これまで共闘クエストに挑もうとした時は、

マルチで共闘を呼びかけてもなかなかフレンドが集まらず、

結局ソロで挑むことに……というパターンが非常に多かった。

何十人といるフレンドの中で最大5人までにしか要請を出せないのだから、

当然といえば当然なのかもしれないけれど……。

しかし今回のアップデートで、要請人数が大幅にアップした。

「これなら共闘がスムーズにできるかも!」

ということで、実際に共闘でマルチをプレイしてみることに。

ちなみに筆者の環境は以下の通りだ。

・フレンドは30人強くらい

・ランクは110以下

22時頃の接続状況

これでまずは、22時頃にマルチのマッチングサーバに接続してみた。

すると……。

スマホゲーム ディシディア 共闘

お!

右上にある「要請」のところが確かに20まで表示されてる!

ただ実際には、この時フレンドの中でオフラインじゃなかったのが6名だったため、

6/20となっている。

いやしかしこの時点でも、かつての「最大5人」よりは多く集まってるわけですからね。

共闘できる確率は間違いなく上がっています。

24時頃の接続状況

次に、もう少し遅めの時間帯、24時頃……ちょうど日付が変わる頃に再度接続してみた。

やっぱり共闘するとなると、多少なりともバトルに時間を取られるわけですから。

そう考えると、24時くらいの方が帰宅してお風呂とかも終わって、

ちょっとまったりしてる時間帯の人が多いはずなので人がさらに増えるかなと思いまして。

その結果がこちら。

スマホゲーム ディシディア 共闘

7/20!

まあ大差ないといえば大差ないけれど、22時台よりは人がいる!

7名に要請送ったら、そのうち2名くらいは応えてくれてもおかしくないですね。

やっぱりこれを見ると最大5名だった頃よりは便利になっている、

と見て良いのではないかと。

これからの課題!

ただ、改善されたというのは間違いないのだけれど、

その一方で今後に向けての課題もまだ残っているのが事実。

これからはその問題点について述べていこう。

フレンド縛りがキツいのでは?

やはり一番は、「フレンドとしか共闘できない」ということ。

今回の実験の例でいえば、確かに要請人数は最大20人にまで増えたけど、

実際は10人に要請が届けばかなり多い、というレベル。

もちろんフレンドが三桁いるだとか、アクティブなフレンドが多いなんていう環境の人は別として。

現時点では筆者のようにフレンドが50人以下くらいの人は、

7〜8人に要請を送ることができても応えてもらえず、結局ソロで出発……。

ということも普通にある。

なので、よりアクティブなユーザー同士で共闘できるよう、

フレンド以外にも要請が送れるようになれば共闘はもっと盛り上がるはずだ。

でないと、フレンドがなかなか増えない人(筆者です……)や、

フレンドがいてもプレイする時間帯がずれてる人などは結局共闘できないままである。

共闘のメリットを増やしてほしい

もうひとつは、共闘のメリットの問題。

最初に呼びかけた側は、上限数が5個の「リンクベル」を消費する。

要請に応じた側は、特にベルの消費などもなく共闘クエストに参加できる。

これが共闘で要請に応じた場合のメリットなのだけど、

正直今の状態ではベルを5つも消費することがあまりないため、

そこまで大きなメリットには感じない。

別なメリットとして、共闘クエストクリア時は共闘報酬により普段より多く報酬がもらえる、

というものもある。

実質これが一番のメリットなのだが……これも、サイクルクエストアンロックがだだ余りしている現状では、

「別にクリスタルとかほしければサイクル回すし……」

で済んでしまう。

要するに、「時間をかけて知らない人のバトルに加わる」というハードルの高さを超えるメリットが、

そんなにないと個人的には思うのだ。

たとえばリアルの友達もDFFOOをやっていて、友達同士で盛り上がってプレイする、

ということならかなり楽しそうだし、やってみたい。

ただそうでない場合、時間のかかる手強い敵と戦う共闘クエストに応じるには、

共闘報酬だけではそこまで気が乗らないという人は筆者以外にもいるのでは?

これがもし「共闘にゲスト参加しミッションをクリアする」

などの条件でガチャチケットが入手できるのであれば、共闘しに行くのもやぶさかではない。

共闘クエストクリアでジェムなどがもらえるミッションもあるが、

「ゲスト出撃時達成不可」とあるのだ。

このあたりがさらに改善されていけば、共闘へのハードルが下がると同時にモチベーションが上がり、

共闘がより盛り上がるのでは、と思った。

※なおプライバシーのためフレンドのネームや自己紹介欄は塗りつぶしています。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます