【スクフェス】ストーリーまとめ μ’s 40章 子猫のシュシュ 3・4話

『ラブライブ!スクールアイドル』(スクフェス)ストーリーまとめです。μ’s編40章『子猫のシュシュ』3・4話をまとめました。

かわいい子猫を保護した9人ですが、親猫は一向に迎えに来ません。ついに子猫を飼うことを決め、『シュシュ』という名前をつけました。

μ’s 40章 子猫のシュシュ 3話

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

『シュシュ』という名前をつけた子猫にエサを与えています。よほどお腹がすいていたようで、たくさん食べているようです。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

凛は段ボールで即席の家を作りました。猫は段ボール大好きですからね。実際かなり温かいからね。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

ことりが猫用のふとんを縫っているそうです。ことりの手際のよさに驚く花陽と真姫。ミシンより早い手縫いってなにさ……www

すぐにふとんが完成。猫は温かい場所が好きなので、置いておけばすぐに入ってくれそうです。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

にこは、シュシュがふとんに入る瞬間を見逃したくなくて凝視しています。お陰でシュシュはふとんに入りたくても入れないみたいです。やめたげてww

じっと見ていてもキリがないので、夕方にまた様子を見ることに。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

夕方、改めてシュシュのところに行くと、シュシュはふとんに入ってくれていました。体が小さい子猫は体温が下がりやすいですが、ふとんがあれば、日が沈んだあとも大丈夫そうです。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

シュシュの様子も確認できたところで、穂乃果とことりは下校することに。凛、真姫はもう少し残って、シュシュと一緒にいるそうです。

毛づくろいをするシュシュ。その様子を見て、改めて顔がほころぶ2人。

まだ懐いてくれたわけじゃないけど、この調子だったら本当にμ’sで飼うことができるかもしれません。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

凛はもともと、シュシュを飼うことには反対していました。それは、軽い気持ちで飼って、後悔するのが怖かったから。でもやっぱり、猫もシュシュも大好き。だから、これから楽しく過ごせると喜んでいます。

真姫も同じく、一緒にいることの嬉しさより、別れの不安を考えてしまうようです。凛は、それもまた、シュシュを大切に思っていることの表れなんだと言います。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

真姫は、普段は子供っぽく見える凛から達観した考えを聞いて感心します。自分よりもしっかりしていると。

凛もまた、真姫のようにかっこいいけどかわいい、大人っぽい子になれたらと、ぼんやり思っているそうです。

そんな話をしているうちに、シュシュはもう寝てしまっています。シュシュを起こさないように、2人はゆっくりとその場を立ち去ることにしました。

μ’s 40章 子猫のシュシュ 4話

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

本格的にシュシュの面倒を見ることに決めた9人。仮で作った段ボールの家ではなく、きちんとしたケージに引っ越ししようとしています。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

それには抱え上げる必要があり、ちょっとびっくりさせてしまうかもしれません。穂乃果と凛がその役割を担います。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

予想とは裏腹に、シュシュは自分から穂乃果のところに行きました。エサをあげるなどして、少しずつ仲良くなっていったのがよかったんでしょう。

シュシュを見つけてから、きちんと世話をしようと決めてから少し間がありました。

具合が悪かった時期もあることから、念のため動物病院で診察してもらい、その後しばらくは花陽の家で面倒を見るとのことです。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

これでもう、誰もいないところで過ごす心配はなくなります。シュシュと一緒の生活が始まると、穂乃果は嬉しそうです。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

すると突然、シュシュは穂乃果の手をすり抜け、走っていってしまいました。

シュシュが向かった先には、もう1匹の猫。たぶんシュシュのお母さんです。遅くなってしまいましたが、迎えに来てくれたようです。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

しばらく自分たちが一緒にいたから、人間の匂いがついてしまってるかも……。ことりは心配しますが、シュシュは何事もなく親猫に受け入れられました。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

ちょっと寂しいですが、ちゃんと親元に帰れたシュシュ。結局、それが一番なんでしょうね。

ストーリーまとめ μ’s40章 3・4話

みんながシュシュを温かく見送る中、「だから嫌だったのよ」とこぼす真姫。ずっと一緒にいられないとわかっていた、寂しい思いをするだけだと。

かといって、シュシュに出会わないほうがよかったといえば、それも違います。

別れるのは寂しいですが、短い間でもシュシュと一緒にいられたことが幸せだと思う。海未は、シュシュとの出会いに感謝しています。

つらい、つらいけど、ありがとう。改めてシュシュに深く感謝する真姫。

親猫のところに戻ったとはいえ、永遠の別れというわけではありません。「いつでも会いに来てね」と、9人は温かくシュシュを見送ります。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。