【スクフェス】ストーリーまとめ μ’s 41章 母の日アイディア、募集中! 1・2話

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』(スクフェス)ストーリーをまとめました。μ’s編41章『母の日アイディア、募集中!』1・2話をご覧ください。

母の日も間近という時になって初めて、プレゼントも何も用意していないことを思い出した雪穂。慌てて穂乃果に相談しますが……。

μ’s編 41章 1話

下校中の雪穂と亜里沙は、今度の日曜日の母の日について話します。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

亜里沙は雪穂に「何か準備はした?」と尋ねますが、雪穂はそこで初めて、母の日のプレゼントを何も準備していないことを思い出します。

亜里沙はママに手紙を書くそうですが、雪穂は完全に忘れていました。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

実際何も準備できていないらしく、雪穂は適当にはぐらかすものの、そうすればするほど泥沼に。

亜里沙と別れたあとも大慌ての様子です。

家に帰ったあとも雪穂は、母の日に何をするか悩んでいます。確かに毎年、母の日にはお母さんに喜んでもらいたいという気持ちはあるけど、今年はあまり時間がありません。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

でも、もしかしたら穂乃果なら何か考えてるかもしれない。そんなことを考えているうちに、穂乃果が帰ってきました。雪穂は穂乃果に相談することにします。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

もちろん穂乃果も忘れてました。うん、知ってた。

母の日は今度の日曜で、時間はありません。せっかくなので、2人で何をするか考えることにしました。

穂乃果はハンカチ、肩たたき券という案を出しますが、それはもう毎年あげているということで却下。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

それも毎年あげているうえ、肩たたき券を使うことはないから、タンスの中に大量に溜まっているとのこと。使わないし捨てないお母さん、立派です。

だからこそ「来年は違うものをあげて喜んでもらおうね」と話した……のが去年のこと。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

しかも、そのことを忘れていただけでなく、母の日自体を忘れていました。なお悪いわww

とにかく、今から準備できて、お母さんが喜んでくれるものを考えなければなりません。

穂乃果は逆転の発想で、何が欲しいかをお母さんに聞くと言って、1階に降りていってしまいました。雪穂はそれを追います。

(これ、実際にはけっこうメジャーですよね)

最近、なにか欲しいと思ってるものはある? お母さんに尋ねる2人ですが、特にないという返答が。確かに急に言われても答えられないよね。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

お母さんは「宝くじ1等1億円」というとんでもないものを提示します。妥協して「ハワイ旅行」。確かに欲しいけどもwww

今すぐ欲しいものなんてないし、それより晩ごはんまでに宿題を終わらせなさいと、話をはぐらかす母。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

本人に直接聞くのも難しいようです。次に穂乃果は、μ’sのみんなに相談することを考えます。

μ’s編 41章 2話

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

母の日のプレゼントのため、花陽はお母さんの似顔絵を描いています。花陽は絵が上手いので、とてもよく似ているようです。

やっぱりみんなちゃんと母の日に向けて準備をしている……。すごすごと相談を持ちかける穂乃果。

海未と凛は、一緒にカーネーションとリースを作るそうです。

真姫は両親に、レストランのランチをプレゼントするといいます。真姫のママは日本庭園に興味があるらしく、庭園が一望できるレストランを予約したとのこと。金持ちかよ。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

絵里は亜里沙と一緒に、手作りのストールをプレゼントしたいそうです。

絵里のお母さんは新しいストールが欲しいそうなのですが、なかなか見つからないらしく、ことりに教えてもらいながら新しいストールを作るとのこと。

作り方は難しくないから、生地があれば、今から作っても間に合うと、ことりはノリノリです。放課後、亜里沙も連れて生地を買いに行くことになりました。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

そういうことりは、お母さんと一緒にチーズケーキを作るそうです。毎年恒例のことで、今年はチーズケーキを作ります。チーズケーキは2人の大好物らしく、いいチョイスですね。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

穂乃果はそれを恨めしそうに見ています。しっかりおし!

部室であらためてみんなに相談する穂乃果。

今まであげてきたのはハンカチですが、今年は違うもので、お母さんに喜んでもらえるものを贈りたい穂乃果。ですが、何を贈れば喜ばれるか見当がつきません。1億円は用意できないし……。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

毎年喜んでもらえるなら、無理に新しいものを選ばなくてもいいのでは? 海未から「そもそも」のツッコミがありますが、タンスに貯め込んでるってことは、やっぱり違うものにすべきかも。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

希は、母の日にはお母さんに会えないため、手紙を贈るそうです。また絵里も、母の日当日には会えません。

にこの母は、仕事の都合で朝早く、夜遅いため、ゆっくりした時間を取ることが難しいと言います。にこは4人兄弟の長女のため、お母さん代わりになっているところがありますね。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

希、絵里は、お母さんにはなかなか会えないからこそ、会った時には幸せな気持ちになれると言います。

希は穂乃果にアドバイスをします。何をあげるか思いつかないなら、気持ちを贈ればいいと。

たとえば「お母さん、ありがとう」とは普段なかなか言わない。それを贈るだけでも、きっと喜んでくれるはず。

ストーリーまとめ μ’s41章 1・2話

それを聞いて、穂乃果は何かを閃きました。みんなに手伝ってもらって、何かをやりたいことがあるようです。

ライター: 編集部

コメントはまだありません。