【シャドウバース】エルフの生きる道はコントロール? 「コントロールニュートラルエルフ」デッキ紹介! 「エルフの双撃」はコントロールよりの性能なのでは!?【エルフ】

シャドウバースの環境は混迷の嵐が吹き荒れています。

RAGEを見ればわかるように、様々なデッキが顔を出し、活躍しているようです。

しかしながら、もちろんその中にはある程度の強弱が存在し、デッキの差はそのままリーダーの格差にも繋がっています。

特に弱めだといわれているのがエルフにほかなりません。

RAGEの結果を見てもエルフは奮っていませんし、メタリポートの勝率的な面でいっても底辺に近い部類のリーダーです。

では、全く生きる術がないのかといえば、そうでもありません。

エルフには「エルフの双撃」をはじめとしたパワーカードがあるので、そこに勝機を見出す人も少なくないのです。

しかしながら、「エルフの双撃」および「ビューティー&ビースト」はニュートラルシナジーのカード。

手札枚数の維持と、投入するニュートラルの枚数に頭を抱える人はかなり多いかと思います。

そこで逆転の発想、最初から手札を消費するのではなく、後半に手札を使えるようすれば、と考えた人がいるようです。

ここでは、そんな発想から生まれたであろう「コントロールエルフ」を紹介したいと思います。

デッキ紹介動画と参考デッキレシピ

以下はティーチ氏によるデッキ紹介動画です。

このデッキを使ってグランドマスターで対戦する姿が見られます。

ニュートラルエルフのデッキレシピ

https://shadowverse-portal.com/

デッキコードはこちら

天弓の天使・リリエル 3枚
エルフの少女・リザ 3枚
クリスタリア・リリィ 3枚
森荒らしへの報い 3枚
エルフの双撃 3枚
覇食帝・カイザ 3枚
ゴブリンブレイカー・ティナ 2枚
不思議の探求者・アリス 3枚
ヘクトル 3枚
ジャングルの守護者 3枚
ビューティ&ビースト 3枚
サハクィエル 3枚
ルシフェル 1枚
イスラフィール 2枚
バハムート 2枚

デッキ概要 ボードをコントロールして愛の力で10点パンチ

デッキの根幹を形成するのは、当然、ワンダーランドドリームズで追加された強力なニュートラルシナジーのカードたち。

ビューティー&ビースト

https://shadowverse-portal.com/card/105141010

中でも「ビューティー&ビースト」は、エルフにニュートラルを組み込む意義ともなっている強力なカードでしょう。

条件を2つ満たした上で進化すれば、破壊耐性を持つ9/10として相手の盤面を制圧してくれます。

愛の力で攻撃以外のダメージを受け付けない上に、その圧倒的なマナレシオは他の追随を許しません。

名実共に、このデッキのフィニッシャーを勤めるカードの1枚といえるでしょう。

エルフの双撃

引用:https://shadowverse-portal.com/card/105134010

もうひとつニュートラルを使う意義といえば、やはり出てくるのが「エルフの双撃」。

期待値だけであっても、2コスト3点+3点の非常に凶悪な除去性能を誇ります。

もちろん、場合によってはそれ以上のコストパフォーマンスをたたき出すことも。

安定しづらいという欠点はあるものの、それを鑑みても非常に強力な1枚といえます。

重コストニュートラルで6ターン目以降も安定して動く

このデッキがコントロールと枠付けされている理由は、7コスト以上に強力な重コストニュートラルを積んでいることです。

バハムート

https://shadowverse-portal.com/card/103041010

今や色々なデッキに投入される最強のリセットフォロワー、バハムートも当然のように投入されています。

彼が降臨すると場がリセットしてしまうのですが、「ビューティー&ビースト」であれば話は別。

場に大型フォロワーが2体残るという、相手からすれば悪夢以外何者でもない状況を作り出してしまえるのです。

サハクィエル

https://shadowverse-portal.com/card/103041020

そして、バハムートとくれば7コストを支えるのは「サハクィエル」。

彼女はバハムートを弾として打ち出すだけではなく、フォロワーが手札に戻る性質上、エルフのニュートラルシナジーカードとの相性がかなりよいのです。

彼女が投入されているということは、ほぼベストな相方である「イスラフィール」や「ルシフェル」も投入されています。

7コスト以上の動きを彼女たちに支えてもらうことで、「ビューティ&ビースト」が返されてしまったときの保険としても働いているのです。

エルフカードによって序盤・後半共に安定させる

デッキの全てがニュートラルというわけではなく、このデッキにはエルフのカードも投入されています。

ほぼ全てのデッキに投入されている「森荒らしの報い」はもちろんですが、珍しいのは2枚の2コストエルフフォロワーでしょうか。

クリスタリア・リリィ

https://shadowverse-portal.com/card/103121030

雪遊びが大好きなそうですが、エンハンスすれば相手を雪遊びの道具にしてしまいます。

単体除去が苦手なエルフが盤面を制圧するためには、かなり重要なフォロワーといえるでしょう。

もちろん、2ターン目にに2/2フォロワーを出すことができるという点も見逃せません。

もう1枚投入されている「エルフの少女・リザ」も、序盤・中盤・後半、どこをとっても腐ることのない点ではかなり有用なフォロワーです。

まとめ じっくりゆっくり戦いたい人にオススメなエルフデッキ!

エルフというと、「リノセウス」の優秀さから、どうしても一撃で大量の体力を削りきるOTKデッキか、複数のカードを組み合わせるコンボデッキか、という選択になってしまいます。

しかしながら、このデッキはそのどちらともプレイフィールが異なるデッキです。

環境にある程度コントロールが増えてきたことから、それなりに戦いやすいデッキでもあり、「エルフの双撃」の存在からある程度アグロへの耐性も高いことから、ランクマッチ向けのデッキだと思います。

もしエルフを使おうとしてデッキの選択に迷っているようなら、一度使ってみてはいかがでしょうか。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着コメント

  1. 2017年9月25日 7:46 PM

    弱すぎて使い物になりませんでした
    同じようなN編成を他のリーダーでやった方が勝てました

  2. 2017年8月26日 2:02 AM

    野獣の効果発動時進化スタッツは9/10ですよ
    細かい指摘ですみません。

下に続きます