【シャドウバース】『アリスの冒険』で『封じられし熾天使』も降臨!?フォロワーが途切れない立ち回りを可能にするビショップアミュレットを考察!

今回はニュートラルフォロワーでカウントを進めるアミュレット『アリスの冒険』についてまとめました。

今まで何故使わなかったのだろう!!と思うくらい画期的なアミュレットなので、興味のある方はぜひ使ってみてください。

カウントを進めるアミュレット『アリスの冒険』!

『ワンダーランド・ドリームズ』で登場したコスト2のビショップアミュレット『アリスの冒険』は、ニュートラルフォロワーを出すたびにカウントダウンアミュレットのカウントを進める能力を持っています。

アリスの冒険

「うさぎさん待ってぇ~」

そのため低コストのニュートラルフォロワーを使って様々なカウントダウンアミュレットのカウントを進めることが可能です。

フォロワーを出すアミュレットを駆使すれば、場から完全にカードが無くなるという状況もなくなり、『テミスの審判』を使ってもすぐに場を立て直せます。

ニュートラルフォロワーが必須!

『アリスの冒険』の欠点は、能力の発動に必ずニュートラルフォロワーが必要ということです。

ビショップフォロワーだけのデッキで『鏡の世界』を使ってもいいのですが、『鏡の世界』が手札に来ないと『アリスの冒険』の能力が使えず、『鏡の世界』が使えても能力の使用が限定されてしまいます。

おすすめなのは『アルティメットキャロット』の使いまわしや『ゴブリンリーダー』でのターン終了時増殖です。

『アルティメットキャロット』は低コストで破壊されれば手札に戻るので使いまわしができますし、『ゴブリンリーダー』に関しては場に空きがあればターン終了時もう一回カウントを進めることができます。

もちろんこれだけでは足りませんが、この2種類のフォロワーを入れておけばカウントを進めやすくできるので、『アリスの冒険』とセットでデッキに組むようにしましょう。

カウントを進めるアミュレットのラストワードと場の空き数に注意してカウントダウンを進めないと、カウントダウンアミュレットから出たフォロワーが、場からはみ出て消滅してしまうことがあるので気をつけてください。

『祈りの燭台』よりも効率がいい!

『アリスの冒険』は『祈りの燭台』よりも効率のいいアミュレットです。

『祈りの燭台』はカウントダウンアミュレットを出した際に、そのアミュレットのカウントを「1」進めるのですが、1つのアミュレットにつき1回しか効果を発揮しません。

祈りの燭台

「カウント1つしか進めないって少し不便かしら?」

それに比べ『アリスの冒険』はニュートラルフォロワーが場にでる度にカウントを進めるため、ニュートラルフォロワーがある限りカウントを進めることができます。

さらにフォロワーを出してカウントを進めるということで、場にフォロワーがいる状態を維持することが可能です。

加えて『不思議の探求者・アリス』で強化する立ち回りや相手フォロワーの全破壊もできるため、相手に対して隙を作りにくくできます。

ちなみにカウントダウンを進めるスペルもニュートラルを入れる割合によっては必要なくなるので、カウントダウンアミュレットやフォロワーを増やすことも可能です。

『黄金郷の獅子』も使いやすくなる

『黄金郷の獅子』はコスト7、攻撃力・体力共に5のフォロワーです。

黄金郷の獅子

「目指すはコスト0ということか・・・」

能力で手札にあるコスト5以下のアミュレットを場に出し破壊できるため、カウントダウンアミュレットの即時効果発動を目的に使えます。

コストをニュートラルフォロワーの使用によって軽減でき、最終的にコスト0で使うこともできるフォロワーなので非常に便利なのですが、どうしてもニュートラルフォロワーを主に構築したデッキでないと活かしづらい点がありあまり使われていませんでした。

しかし、『アリスの冒険』と併用することで、ニュートラルフォロワーの必要性が高まり、獅子の利用ハードルも低くなります。

『アリスの冒険』と一緒にぜひ使ってみてください。

『アリスの冒険』で『封じられし熾天使』降臨!

『アリスの冒険』を使うことで、今までのビショップデッキよりも簡単に『封じられし熾天使』を使うことができます。

まず『封じられし熾天使』を使うまで大量のフォロワーで立ち回ることができ、カウントダウンアミュレットも使うことができるので、相手をフォロワーで攻める形で立ち回れます。

さらに『封じられし熾天使』のカウントダウンを進めるのは、ニュートラルフォロワーの召喚で行うため、カウントダウンを進めるためのスペルが必要ありません。

逆に言えば場を空ける必要があるのですが、相手のフォロワーを利用してわざとフォロワーを破壊したり、『テミスの審判』でフォロワーすべてを破壊したりすることで用意できます。

『封じられし熾天使』が消滅されて失敗しても、すぐにフォロワーでのバトルに切り替えることもできるので、興味のある方はぜひやってみてください。

リーダーがダメージを受けにくくなる

『アリスの冒険』を使う利点としては、『ワンダーランド・ドリームズ』でニュートラルが強化された、能力を使うためにフォロワーが場からいなくなりにくいということが挙げられます。

ニュートラルフォロワーを出し続ける限りカウントダウンアミュレットのカウントは進み、フォロワーで序盤から場が埋まっていくため、相手はリーダーよりも先に厄介なフォロワー除去に取り掛かる可能性が高いです。

そのためリーダーがダメージを受ける可能性が低く、バトルの初手が良ければ後半に入るまでダメージを受けないことも稀にあります。

不思議の探求者・アリス

「お呼びかしら?私は剣も得意なの!」

『不思議の探求者・アリス』や『風神』などのファンファーレでの強化フォロワーをデッキに入れておけば、よりフォロワーに相手の目を向けさせることができ、攻撃に関しても楽になるのでおすすめです。

フォロワーはほとんどニュートラルでも問題なし!

『アリスの冒険』を使ったデッキの構成についてですが、ほとんどのフォロワーがニュートラルでも何ら問題はありません。

むしろ、ビショップフォロワーはカウントダウンアミュレットで召喚する形がおすすめです。

守護を持ったニュートラルフォロワーで序盤を支え、中盤からアミュレットでの召喚を加えていくことで、一気にフォロワーで場を埋めることができます。

逆にニュートラルフォロワーを基調にしていないと、『黄金郷の獅子』や『アリスの冒険』が使いにくくなる可能性もあるので、本格的に使う場合は、フォロワーはほぼニュートラルにしておきましょう。

ライター:

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ビショップの人気記事ランキング

まだデータがありません。