【シャドウバース(シャドバ)】カラボスアグロヴァンパイア紹介!カラボスで1ターンに2ドローし、相手リーダーに1ダメージ!アグロのリソース不足を補おう!【ヴァンパイアデッキ紹介】

今回はカラボスを使用したアグロヴァンパイアのデッキレシピ紹介です。

アグロヴァンパイアの後半のリーサル不足をカラボスの効果で補っていくという構築になっています。

デッキ紹介動画とデッキレシピ

ぽるくらTV氏のデッキ紹介動画です。

動画内デッキレシピ紹介

動画内で紹介されているデッキレシピ紹介です。

カラボスヴァンプ

引用元URL:https://shadowverse-portal.com
蠢く死霊 ×3
呪剣の吸血鬼 ×3
ブラッドウルフ ×3
吸血姫・ヴァンピィ ×3
レヴィオンデューク・ユリウス ×3
糸蜘蛛の悪魔 ×2
鋭利な一裂き ×3
眷属の召喚 ×3
御言葉の天使 ×3
エンジェルナイト ×2
豪拳の用心棒 ×3
夜の群れ ×2
緋色の剣士 ×3
インプランサー ×2
邪悪なる妖精・カラボス ×2

序盤はアグロヴァンパイアの動きで相手に打点を与えていき、後半はカラボスで手札を補充しつつ、カラボスの効果や緋色の剣士、鋭利な一裂きで止めを狙いに行く構築になっています。

序盤から攻め続け、後半の手札はカラボスで補充!

序盤から出し惜しみせずフォロワーを出していき、相手リーダーの体力を削っていきます。

アグロの欠点となりやすい、リソース不足にはカラボスを出すことで対応していきます。

邪悪な妖精・カラボス

自分のリーダーは自分のPP最大値が上昇しなくなる代わりに、ターン終了時に相手リーダーに1ダメージを与え、カードを1枚引く効果を持ちます。

邪悪な妖精・カラボス

6コスト 6/6
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは、自分のターン開始時に自分のPP最大値は+1されない」と、「自分のターン終了時、相手のリーダーに1ダメージ、カードを1枚引く」を持つ。(邪悪な妖精・カラボスの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)

アグロヴァンパイアとの相性がよく、序盤の展開で使用した手札の補充ができ、デメリットでPP最大値が上昇しなくなっても、低コストのカードで動きやすいです。

また、1点ダメージを与える効果も、1ターンにできる限りダメージを与えていきたいアグロヴァンパイア向けの効果だと思います。

後半はダメージを与える能力で止めを刺そう!

後半はカラボスの効果で自分リーダーが持つ、自分のターン終了時に相手リーダーに1ダメージを与える効果のような相手の場のカードに守護がいても、止めを刺せるようなカードを使っていきましょう。

場にフォロワーを並べつつ、緋色の剣士の2ダメージを与える効果や、鋭利な一裂きによる3点ダメージを与える効果、ヴァンピィのフォレストバットが場に出たとき1点ダメージを与える効果をうまく使用していきたいです。

相手の場に守護持ちフォロワーがいない場合には進化権を使用した相手リーダーへの直接攻撃、インプランサーやブラッドウルフのような疾走持ちフォロワーでの相手リーダーへの攻撃も積極的に狙っていきたいです。

総評:全体的にバランスがいいが、長期戦には不利

序盤から攻めることができ、序盤の攻めで少なくなった手札はカラボスで補充、後半はダメージを与える効果や疾走持ちフォロワーで止めを狙っていくと非常にバランスのいい構築だと思います。

しかし、カラボスの効果で自身のPP最大値が増加しなくなる分、後半に勝負が長引いてくるほど、不利になっていくイメージもあります。

序盤から出し惜しみをせずに攻めていき、相手が有利になってくるような展開になる前に勝負を決めにいきたいです。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます