【シャドウバース】「レヴィオンセイバー・アルベール」の強力なバーストダメージ!ミッドレンジロイヤルのデッキ解説【ワンダーランド・ドリームズ】

ミッドレンジロイヤルは初期から存在するシャドウバースの代表的なデッキです。

非常にシンプルなデッキなので、初心者から上級者まで好まれています。

そこで、今回はWLD環境のミッドレンジロイヤルを紹介します。

意外と育つ「刃ネズミ」

このデッキの序盤の要となるカードは「刃ネズミ」です。

【刃ネズミ】刃ネズミ
コスト:2
クラス:ロイヤル
効果:相手のフォロワーが破壊されるたび、+1/+0する。

1/3という倒されにくいスタッツなので、先攻なら簡単に攻撃力が3以上になります。

後続に「ブリッツランサー」や「レヴィオンヴァンガード・ジェノ」といった突進を持ったフォロワーが多いので、「刃ネズミ」を生かしたままゲームを進めることができます。

【ブリッツランサー】ブリッツランサー
コスト:3
クラス:ロイヤル
効果:突進

【レヴィオンヴァンガード・ジェノ】レヴィオンヴァンガード・ジェノ
コスト:4
クラス:ロイヤル
効果:突進

ファンファーレ エンハンス 6; 「ラストワード ナイト2体を出す」を持つ。

デッキ例

フォロワー

天弓の天使リリエル 3枚
歴戦のランサー  3枚
刃ネズミ 3枚
風の軍神・グリームニル 3枚
ブリッツランサー 3枚
フローラルフェンサー 3枚
レヴィオンヴァンガード・ジェノ 3枚
レヴィオンセイバー・アルベール 3枚
ルミナスメイジ 3枚
フロントガードジェネラル  2枚
ファングスレイヤー 3枚

スペル
火遁の術 3枚
トランプナイト招集 3枚
アルビダの号令  2枚

デッキコードはこちら

スポンサーリンク

「トーヴ」に負けない盤面

このデッキは序盤からフォロワーを破壊する手段が多いです。

2コスト最強フォロワーである「トーヴ」も倒せる「火遁の術」を筆頭に、「ブリッツランサー」「レヴィオンヴァンガード・ジェノ」といった突進フォロワーが続きます。

【トーヴ】トーヴ
コスト:2
クラス:ヴァンパイア
効果:このフォロワーは攻撃不能。
自分の場に他のニュートラル・フォロワーが出たとき、突進 を持ち、攻撃可能になる。

【火遁の術】火遁の術
コスト:2
クラス:ロイヤル
効果:相手のフォロワー1体に3ダメージ。
自分の場に潜伏 状態のフォロワーがいるなら、3ダメージではなく6ダメージ。

盤面を取れなくても進化権が使えるターンまで5分を維持できるカードが多いので、後手でも捲りやすい事が特徴です。

マナカーブ通りに戦おう

このデッキはj非常にマナカーブが綺麗であり、使用出来る最大コストのカードを使用し続ける事を意識する必要があります。

特に5ターン目以降はバリューの高いカードが揃っており、「ルミナスメイジ」「アルビダの号令」「フロントガードジェネラル」「ファングスレイヤー」「レヴィオンセイバー・アルベール」と続けてプレイすると、一切主導権を渡さずにゲームを進めることができます。

【ルミナスメイジ】ルミナスメイジ
コスト:5
クラス:ロイヤル
効果:

ファンファーレ ルミナスナイト1体を出す。

このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官・フォロワーはEPを消費せず進化できる。(1ターンに1体しか進化できない制限はある)

【アルビダの号令】アルビダの号令
コスト:6
クラス:ロイヤル
効果:パイレーツ1体とヴァイキング1体を出す。

【フロントガードジェネラル】フロントガードジェネラル
コスト:7
クラス:ロイヤル
効果:守護

ラストワード フォートレスガード1体を出す。

【ファングスレイヤー】ファングスレイヤー
コスト:8
クラス:ロイヤル
効果:突進

必殺

攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら、相手のリーダーに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。

【レヴィオンセイバー・アルベール】レヴィオンセイバー・アルベール
コスト:5
クラス:ロイヤル
効果:疾走

ファンファーレ エンハンス 9; 「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。

「レヴィオンセイバー・アルベール」のエンハンス効果で止めを刺そう

このデッキで最も強力な動きはエンハンスを発動して進化権を使った「レヴィオンセイバー・アルベール」による10点ダメージです。

この動きは止めることが難しいので、9ターン目までに相手のライフを10点まで削ると、かなり勝ちやすくなります。

盤面を維持しながら進化権を温存することは大変ですが、「ルミナスメイジ」を使えれば比較的楽に進化権を残すことができます。

また、「ファングスレイヤー」は効果で3点入るので、上記の「レヴィオンセイバー・アルベール」を含めて8ターン目まで相手のライフを13まで減らすというプランも良いです。

こうしてゲーム展開を後ろから考えると、序盤から中盤までの目標が定まりやすくなり、ミスを減らすことができます。

対応力に優れている

ニュートラルデッキの人気の波はロイヤルも飲み込みました。

しかし、ニュートラルロイヤルはあまり小回りが利かない為、苦戦しています。

一方、クラスカードが多いミッドレンジロイヤルは流行りのデッキにメタを張れるカードを選べます。

結果的に、ランクマッチの勝率ならデッキの自由度の高いミッドレンジロイヤルの方が優位と言えるでしょう。

ライター: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

avatar
500