【シャドウバース】『謎かけの芋虫』の使用法を考察!ニュートラルを強化するネクロフォロワーと『不思議の探求者・アリス』との相性や他カードとの組み合わせを紹介

今回はネクロではあまり注目されていない『謎かけの芋虫』について考察しました。

代償はあるものの実は『不思議の探求者・アリス』と近い働きを持ったネクロフォロワーです。

ニュートラルネクロデッキを構成する際の参考にしてください。

『謎かけの芋虫』とは?

『謎かけの芋虫』は『ワンダーランド・ドリームズ』で登場したネクロフォロワーの1つです。

コスト4、攻撃力4・体力3のステータスを持ち、ファンファーレでニュートラルフォロワーのステータスを強化できます。

謎かけの芋虫

「私の前にいるお前はアリスか?」

その代わり、場のすべてのネクロフォロワーには「ダメージが2」与えられるため、ネクロフォロワーが場にいる場合は注意してください。

逆にネクロデッキだからこそダメージを与える能力を利用することも可能です。

『不思議の探求者・アリス』の上からさらに強化!

どのクラスでも使えるニュートラル強化カードといえば『不思議の探求者・アリス』ですが、ルールによってデッキに入れられる数にも限界があります。

不思議の探求者・アリス

「私はアリス、芋虫さんここはどこなの?」

そこでおすすめなのが今回紹介している『謎かけの芋虫』です。

『謎かけの芋虫』はネクロフォロワーにダメージを与えるものの、場にいるニュートラルフォロワーのステータスを強化できます。

ニュートラルの強化だけを重視してみれば、『不思議の探求者・アリス』プラスアルファのニュートラルフォロワー強化要員として十分使えます。

フォロワーを復活する『冥河の導き手』、『死者の帰還』の能力制限を気にすることなくデッキを組むことも可能です。

欠点を良点へ!独特の使い方で立ち回りに変化を生む

『謎かけの芋虫』はニュートラルを強化しますが、反対にネクロフォロワーにはダメージを与えます。

そのため「ネクロフォロワーが場にいると使いづらい!」ということになるのが、欠点です。

しかし、このダメージを与える能力は他のカードとの組み合わせ次第で場を一転させる能力にできます。

例えば低ステータスのネクロフォロワーを破壊してネクロマンスを稼ぐ、『よろめく不死者』を破壊して進化を使わず相手フォロワーを破壊する立ち回りが可能です。

そういった意味で『謎かけの芋虫』を使うことで欠点を良点に変えることもできます。

『謎かけの芋虫』おすすめのデッキの構成は?

『謎かけの芋虫』の効果でネクロフォロワーがダメージを受けることを前提とし、能力全てを使うおすすめのデッキの構成は、『不思議の探求者・アリス』を軸としたデッキと、『セイレーンの涙』を軸としたデッキです。

セイレーンの涙

「ニンジンの次は芋虫なのね」

『不思議の探求者・アリス』を軸としたデッキの場合は、ストレートにニュートラルフォロワーを強化する役目を持つため、複雑に立ち回ることはほぼありません。

『セイレーンの涙』の場合は、『不思議の探求者・アリス』のデッキと同じ強化を向上するという役目なのですが、さらに『謎かけの芋虫』がネクロフォロワーであることで、場に残っていた場合ターン終了時に強化したニュートラルフォロワーをさらに強化できます。

どちらも主力となるフォロワーがニュートラルフォロワーなので、他のデッキよりも『謎かけの芋虫』が使いやすい場面が多いデッキです。

他にもニュートラル強化ではなく、ネクロフォロワーを破壊するために使うこともできるので、ネクロマンスを多く必要とするデッキもおすすめです。

ラストワード持ちを破壊して場を回す!

ネクロフォロワーにダメージを与える『謎かけの芋虫』ですが、ネクロマンサーだからこそその能力を逆手にとって使えます。

例えば先ほど例として挙げた『よろめく不死者』の場合は、守護フォロワーにしか攻撃ができないため、なかなか破壊してラストワードで相手フォロワーを道連れにできないことが多いフォロワーです。

よろめく不死者

「芋虫に破壊されるとは」

通常『よろめく不死者』は、『ネクロアサシン』などで破壊するのがセオリーですが、ニュートラルフォロワーを使うのであれば、『謎かけの芋虫』の方が強化も兼ねて破壊できます。

『ネクロアサシン』のコストと変わらないので、デッキのコストバランスを考える必要はありません。

他にもラストワードで手札を引く『スカルウィドウ』、『リッチ』を出す『闇の従者』『地獄の解放者』、相手リーダーに2のダメージを与える『ラビットネクロマンサー』の破壊も可能です。

ただし、ニュートラルフォロワーが場にいない場合、強化効果は使わないことになるので注意してください。

『再生の毒林檎』との組み合わせもおすすめ!

本来は強化する対象になるニュートラルフォロワーですが、逆にラストワードを発動したいフォロワーがいる場合、『再生の毒林檎』を使うことでネクロフォロワーへの効果を受けるようにできます。

再生の毒林檎

「『鏡の世界』との二重構造もまた面白い」

加えて『再生の毒林檎』の効果で場に復活するので、相手が再び破壊すれば2重に効果を得られます。

使いやすいのは『ベルエンジェル』や『アルティメットキャロット』ですが、おすすめなのは『ゴブリンプリンセス』です。

『ゴブリンプリンセス』は破壊されることで手札に守護を持つ『ゴブリンキング』が手に入ります。

さらに『再生の毒林檎』で復活でき再び破壊されれば『ゴブリンキング』は手札に2枚という状態が完成です。

ちなみに、ネクロフォロワーで同じように復活させたい場合は、コスト7以下であれば『鏡の世界』でニュートラル化、『再生の毒林檎』で再びネクロ化(復活付与)という方法があります。

『ダークアリス』のネクロデッキでは使える?

ニュートラルを使ったネクロデッキといえば『ダークアリス』を使ったデッキもあります。

ニュートラルを強化することがなくても、序盤に『よろめく不死者』を破壊して相手の場のフォロワーを破壊したり、進化して相手のフォロワーを除去したりする方向で使えるので、コスト4のカードの代替候補としておすすめです。

最終的に消えてしまいますが、十分に序盤を支えられるので『ダークアリス』を使ったデッキでもぜひ使ってみてください。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。