【シャドウバース(シャドバ)】疾走持ちフォロワーで勝負を決めろ!疾走ビショップのデッキレシピを紹介!

今回はワンダーランドドリームズ追加後の疾走ビショップの紹介です。

相手に勝負を決められる前に疾走持ちフォロワーで攻め切ってしまいましょう!

デッキレシピ紹介:序盤からガンガン攻めていこう

今回紹介するデッキレシピはこちらです。

引用元URL:https://shadowverse-portal.com

引用元URL:https://shadowverse-portal.com
詠唱:白翼への祈り×3
詠唱:聖なる願い×3
天界の忠犬×2
スノーホワイトプリンセス×3
漆黒の法典×3
詠唱:獣姫の呼び声×3
風の軍神・グリームニル ×3
詠唱:神鳥の呼び笛×3
ウルズ×3
鳥飼いの使徒×3
神魔裁判所×3
三月ウサギのお茶会×3
天空の守護者・ガルラ×3
ダークジャンヌ×2

序盤から低コストアミュレットを使用して、場にフォロワーを展開していきたいです。4,5ターン目でカウントダウンが終了し始めるタイミングで一気に攻めていきましょう。

後半は三月ウサギのお茶会でブリキの兵隊を出し、次ターンにガルラでダメージを与えつつ、三月ウサギのお茶会のカウントダウンを終わらせ、ブリキの兵隊をもう1体展開するなどしていきたいです。

場にある程度高体力のフォロワーが並んでいたり、相手の場に多くのフォロワーがいる際はダークジャンヌの効果で強化や全体処理を狙っていきたいです。

キーカード紹介

今回のデッキのキーカードを紹介していきます。

スノーホワイトプリンセス

2コスト 1/2

ラストワードでスノーホワイトプリンセス1体を出し、進化させる。その後、そのスノーホワイトプリンセスは能力すべてを失う。

破壊された際に、スノーホワイトプリンセスを場に出せるため、早いターンで出しておけば相手ターンに破壊されても、次のターンに自分の場に進化後のスノーホワイトプリンセスを残すことができる場合が多く、破壊されずに無視されている場合でも、相手に1点ダメージを与え続けることができるため、出されると相手にとって厄介になりやすいフォロワーです。

疾走ビショップは序盤から攻めていきたいため、相手リーダーへ攻撃するチャンスを作りやすく、低コストで序盤から攻めのプレイングをしやすいスノーホワイトプリンセスは疾走ビショップデッキと相性がいいと思います。

鳥飼いの使徒

4コスト 4/3

ファンファーレで詠唱:白翼への祈り1つを出します。

ステータスが4コストフォロワーの平均的なステータスを持っており、白翼への祈りを場に出せ、2ターン後にホーリーファルコン(3コスト 2/1 疾走)が出てくるため、多くの場面で使用しやすいです。

体力が3あるため、ダークジャンヌの効果を使用しても体力が1残る点も今回のデッキには噛み合っていると思います。

三月ウサギのお茶会

5コスト カウントダウン4

ファンファーレとラストワードでブリキの兵隊1体を出します。

ブリキの兵隊はコスト5 4/5で進化時に相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージを与えることができます。

ブリキの兵隊は進化時効果で相手リーダーへのダメージソースや相手フォロワーの処理として活躍が期待でき、ステータスも高いため、相手が処理しにくく、強力なフォロワーです。

また、お茶会のカウントダウンが4と長いですが、次ターンにガルラを使用すればカウントダウンを0にすることができ、もう一体ブリキの兵隊を出すことができるため、ガルラとの相性がとてもいいです。

ブリキの兵隊の進化時効果の3点とガルラのファンファーレ効果の3点で相手リーダーの体力をどんどん削っていきましょう。

ダークジャンヌ

6コスト 5/5

ファンファーレで他のフォロワーすべてに2ダメージを与え、他のフォロワーすべてを+2/+0します。

全体ダメージ効果は相手のフォロワーを一気に破壊することができる可能性も持っていますが、自分のフォロワーもダメージを受けるため、フォロワーを出すタイミングや既に出ているフォロワーが行動してから、使用するように注意をしていきたいです。

もう一つの効果も相手のフォロワーにも攻撃力のアップ効果が働くため、使用するタイミングが少し難しいカードだと感じます。

しかし、うまく使用できると、相手のフォロワーを処理しつつ、自身のフォロワーの攻撃力を上げ、相手リーダーへのダメージを増やしたり、大型フォロワーの除去ができたりするようになるため、強力な一手になると思います。

ウルズ

4コスト 3/3

ファンファーレで自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出すことができます。

疾走持ちフォロワーが攻撃した後にウルズの効果でもう一度出せばもう一度攻撃することができます。

アミュレットのラストワードで疾走持ちフォロワーを出した際などにとても使いやすいです。

ただ必須カードというほどではないため、他のカードと入れ替えも検討をしてもいいと思います。

総評:相手のペースにさせずに勝負を決める

疾走ビショップは少し前の環境で活躍したデッキですが、今でも戦えなくはないデッキだと思います。

レジェンドカードもダークジャンヌは必須級のカードではないため、使用エーテルも少なく、初心者も組みやすいデッキだと思います。

最初の2ターンはアミュレットを置いて準備し、3ターン目から一気に攻め、相手にペースを握らせずに勝負を決めていきたいです。

筆者: SAKURA

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ビショップの人気記事ランキング