【シャドウバース(シャドバ)】アリス非採用!!ヴァンパイアメインの昏き底より出でる者デッキを紹介!!

今回はアリスを非採用にした、ニュートラルメインの構築ではなくヴァンパイアメインに構築した昏き底より出でる者ヴァンパイアのデッキを紹介していきたいと思います。

デッキ紹介:多彩な除去カードを使用して、昏き底より出でる者のリーダーへの直接攻撃の道を開く!

今回のデッキレシピはこちらです。

引用元URL:https://shadowverse-portal.com

引用元URL:https://shadowverse-portal.com
ユニコーンの踊り手・ユニコ×3
バフォメット×3
トーヴ×3
鋭利な一撃×3
ミニゴブリンメイジ×3
覇食帝・カイザ×3
風の軍神・グリームニル ×3
豪拳の用心棒×3
緋色の剣士×3
ディアボリックドレイン×3
アルカード×2
デモンオフィサー・エメラダ×3
昏き底より出でる者×2
黙示録×3

ヴァンパイアメインでデッキを組んでいますが、やはりトーヴが強力なため多少ニュートラルカードも採用します。

4コスト以上のカードは昏き底より出でる者以外は疾走やファンファーレ効果、スペルの効果で相手フォロワーなどを破壊できるようになっているため、昏き底より出でる者の相手リーダへの攻撃をサポートできます。

対戦の流れとしては序盤を凌ぎつつ、昏き底より出でる者の攻撃を確実に相手リーダーへ入れ、疾走持ちフォロワーなどでとどめを刺しに行くような流れになっていくと思います。

アリスを入れないことで全体のニュートラルカードの採用率を下げた代わりに、黙示録やディアボリックドレイン、鋭利な一裂きのようなダメージを与えるスペルを多く採用しました。

キーカード紹介

今回のデッキで活躍の見込めるカードの紹介をしていこうと思います。

バフォメット

昏き底より出でる者の回収手段です。

ファンファーレで攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加えることができます。

また、エンハンス5で回収したカードのコストを-3することができます。

5ターン目にバフォメットのエンハンスで昏き底より出でる者をコスト-3で回収し、次のターンに場に出すのが王道パターンになると思います。

今回のデッキでは攻撃力5以上のカードは昏き底より出でる者しか採用していないため、確定でサーチすることができます。

トーヴ

今回はアリス非採用のため、採用を迷いましたがやはり2コスト 3/3でニュートラルフォロワーが出た際に突進を持つ能力は強力なため、採用しました。

今回のデッキではあまりニュートラルフォロワーの採用をしていないため、トーヴが腐らないように覇食帝・カイザを採用して、アルティメットキャロットと一緒に出すことで確実に攻撃可能にできるようにします。

2ターン目にトーヴを出し、3ターン目にニュートラルフォロワーを出して攻撃可能にしたり、4ターン目に2コストニュートラルフォロワーと一緒に出して突進持ちフォロワーとしての運用を狙っていきたいです。

ディアボリックドレイン

相手のフォロワー1体に4ダメージ与え、自分のリーダーを2回復します。また復習状態なら、1コストで使用することができます。

5ターン目にバフォメットで昏き底より出でる者をコスト-3で回収し、6ターン目に復讐状態の場合のみですが、昏き底より出でる者を出しつつ1コストでディアボリックドレインを使用すれば相手のフォロワーの処理もできるため、劣勢の場合にも昏き底より出でる者を場に出しやすくなるため、採用しました。

黙示録

8コストでお互いのフォロワーすべてに8ダメージを与え、復讐状態の場合4コストで使用できます。

ニュートラル環境になって以来、場に多くのフォロワーが1ターンの間に並ぶことが多いため、一気に相手のフォロワーを処理する手段として有効なため、採用しています。

昏き底より出でる者

現環境でよく使用されているヴァンパイアのフィニッシャーです。

潜伏状態で破壊もしくは攻撃した際に進化前なら6点、進化後なら8点相手リーダーにダメージを与えることができます。

潜伏で出した次のターンまで生き残ることが多く、相手リーダへの攻撃を含めると進化前で12点、進化後なら16点与えられるため、一気に勝負を決めることができます。

進化後のステータスも優秀で、体力が9あるため、体力が満タンなら黙示録を使用しても生き残るため、相手に守護持ちフォロワーがいても黙示録で全部処理してから相手リーダーに攻撃することもできます。

もし相手を倒しきれなかった場合はデモンオフィサー・エメラダやアルカードなどの疾走持ちフォロワーで次のターンに止めを刺しにいきましょう。

総評:アリス非採用で自由度が高くなる

アリスを採用しないことでニュートラルに縛られないデッキ構築がしやすくなるため、今までに登場した強力なヴァンパイアのカードも使用しやすくなると思いました。

今回のデッキ構築以外にもヴァンピで序盤から相手のリーダーをフォレストバットで削っていくデッキやアグロ寄りの構築にして一気に昏き底より出でる者のリーサル圏内まで相手体力を持っていくデッキなども組んでみると面白そうです。

筆者: SAKURA

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。