【シャドウバース】新カードの投入によりデッキパワー上昇! 話題のデッキたちにもメタれる! 「エイラビショップ」デッキ紹介

新環境の対戦ログが公開され、どのような感想を持ったでしょうか。

勝率順には「ヴァンパイア」「ロイヤル」「ビショップ」の順、マスターランクのみに限定すると、「ヴァンパイア」「ネクロマンサー」「ビショップ」の順で高かったようです。

なお以上は非公式の集計データではありますが、10万試合以上のデータを集計して算出しており、それなりに信頼のおけるデータだといえるでしょう。

マスター帯であれ一般層であれ、どちらにしてもヴァンパイア最強はゆるぎないようですが、気になるのはどちらのランクでも三番手に落ち着いているビショップの存在。

色々なデッキタイプが模索されている中、この勝率で落ち着いているのは、なかなか強力なリーダーといえるのではないでしょうか。

そこで、ここでは新カードによって大きく強化されたデッキである「エイラビショップ」を紹介していきたいと思います。

デッキ紹介動画と参考デッキレシピ

以下は「ハバレイヒロッキー」氏によるデッキ紹介動画です。

「エイラビショップ」が持つ「昏き底より出でる者」の対策を紹介しています。

なお、参考デッキレシピはあくまでスタンダードなエイラビショップのものなので、動画のものとは異なる点に留意してください。

フォロワー

ユニコーンの踊り手・ユニコ 3枚
ラビットヒーラー 3枚
ヒーリングエンジェル 3枚
風の軍神・グリームニル 2枚
ゴブリンブレイカー・ティナ 3枚
レディアンスエンジェル 2枚
天狐 3枚
ホワイトスワン・オデット 2枚
大修道女 2枚

スペル

僧侶の聖水 3枚
漆黒の法典 3枚
テミスの審判 3枚

アミュレット

詠唱:聖なる願い 3枚
エイラの祈祷 3枚
神魔裁判所 2枚

デッキ概要

「エイラの祈祷」を主軸にしたミッドレンジデッキです。

1枚のカードを主軸にしている関係上、コンボデッキの性質も帯びています。

https://shadowverse-portal.com/card/102732020

デッキの主役はもちろん「エイラの祈祷」。

回復する「たび」に味方全体にバフをかけるという強力なアミュレットで、デッキ全体がこのカードとのシナジーを意識して作られています。

1ターンに1度という制限もないため、PPさえあれば際限なくステータスが上昇していきます。

「エイラの祈祷」が引けない場合でも回復能力は当然高く、高い遅延能力を誇っているのも特徴です。

https://shadowverse-portal.com/card/105721010

これまではゲームを決める力に欠いていたのですが、ワンダーランドドリームズで登場した「天狐」の加入によってゲームを決める能力が大幅に上昇。

一見ステータスの低いフォロワーが並んでいても、「天狐」がいれば一気にステータスが上昇していきます。

さらに、「テミスの審判」「神魔裁判所」の存在から「昏き底より出でる者」の対策もバッチリ。

たとえ6点ダメージを受けても、デッキ自体が回復を主体にしていることからそれほど気にはなりません。

更に、マスター帯で勝率2位を誇っているネクロマンサーに対しても「漆黒の法典」を有している点からある程度優位に立つことができます。

総じて、現在のメタゲームにおいての勝者になりえるデッキパワーは十分にあるといえるでしょう。

マリガンとプレイング

エイラビショップのマリガンとプレイングを紹介していきます。

なお、以下のことはあくまで基本的なことであり、環境や投入するカードによっては大きく違ってくることに留意してください。

マリガン

「エイラの祈祷」を探します。

このデッキは1枚のカード、すなわち「エイラの祈祷」のシナジーを前提にして作られているため、このカードを引かないとただ回復するだけのデッキになってしまうからです。

よって、初手に「エイラの祈祷」があった場合は当然キープ。

ただ、さすがに2枚は過剰なため、2枚あった場合は1枚戻しましょう。

最初の手札で「エイラの祈祷」がなかった場合は、低コストカード以外は戻していいと思います。

とにかく最速で「エイラの祈祷」を張ることを目指しましょう。

プレイング

とにかく序盤はその高い回復力と除去能力によって凌ぎきることを前提にしましょう。

「エイラの祈祷」を置くことが出来たら、ようやくゲームスタート。

とにかく回復を続け、味方全体をバフしていきましょう。

攻撃可能な味方が2体以上並んでいる状態で「天狐」を出すことが出来たら、ほぼゲームセット。

「テミスの審判」を有するビショップか、「バハムート」を投入しているデッキでもない限り、基本的にそこから逆転することは難しいでしょう。

ただ、シナジーで闘うデッキであるため、序盤を凌ぎきろうとして回復カードの使いすぎには注意しましょう。

「エイラの祈祷」を張る前に回復をしたとしても、それはただの延命であり、基本的に勝負を決める力にはなりえないからです。

このデッキに関しては、たとえ使えるPPがあったとしても、あえて温存するというパターンも大事だといえるでしょう。

デッキ改造案

メタカードを投入するか、除去カードを投入するかで意見がわかれるところだと思います。

流行している「昏き底より出でる者」を対策するのであれば「アイアンメイデン」を投入するのもいいでしょうし、「神魔裁判所」の枚数を調整するのもいいでしょう。

もっと汎用的な除去を増量するのなら「鉄槌の僧侶」を投入してもいいのではないかと思います。

特にこれからヴァンパイアを対策するラストワードネクロマンサーが増えてくるのなら、「鉄槌の僧侶」はかなり刺さるカードだといえるでしょう。

もちろん、ビショップを強力なリーダーに押し上げている「三月兎のお茶会」「スノーホワイトプリンセス」を投入するのも1つの手です。

環境に合わせたチューニングをしていけるところも、このデッキのよいところだといえますね。

感想とまとめ エイラビショップは環境に合致しているのか?

高い回復力と潜伏を処理する能力の高さは、確かに環境に合っているといえそうです。

とはいえ、1枚のカードに頼るデッキの性質上、どうしてもキーカードを引けずに敗北してしまうことは多々あります。

加えて、前に寄せた古典的なアグロデッキに対しても決して有利とはいえません。

このままヴァンパイアが勢力を伸ばしてくるのならこのデッキも大きく活躍しそうですが、このデッキがそのまま伸びてくるのならアグロが増えてくるのは目に見えています。

これからの環境がどうなっていくのかはわかりませんが、ヴァンパイアと戦うことが多いと感じるのならこのデッキを使ってみてはいかがでしょうか。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。