【シャドウバース】一枚で最高16点を叩き出せる!昏き底より出でる者を使用したニュートラルヴァンパイアを紹介!

今回は昏き底より出でる者を使用したニュートラルヴァンパイアを紹介します。

全体の構築はニュートラルを軸としていき、ヴァンパイアのカードを数種類採用して他のリーダーのニュートラルデッキとの差別化をしていきたいと思います。

デッキレシピ紹介:ニュートラルで序盤から攻めて、昏き底より出でる者でフィニッシュ!

今回、紹介するデッキレシピはこちらです。

引用元URL:https://shadowverse-portal.com

引用元URL:https://shadowverse-portal.com
ユニコーンの踊り手・ユニコ×3
歌劇姫・フェリア×3
バフォメット×3
トーヴ×3
鋭利な一撃×3
ミニゴブリンメイジ×3
風の軍神・グリームニル ×3
ゴブリンリーダー×3
不思議の探究者・アリス×3
豪拳の用心棒×3
緋色の剣士×3
デモンオフィサー・エメラダ×3
昏き底より出でる者×3
黙示録×2

序盤はニュートラルメインで動きつつ、後半に昏き底より出でる者を出すための準備をしていくように構築しています。

昏き底より出でる者は3枚採用していますが、2枚採用でもバフォメットでサーチすれば問題ないと思うので、他のカードを追加したり、黙示録や鋭利な一撃を別のカードと変更したりして、構築を好みに合わせて変えていただければいいと思います。

キーカード紹介

上記のデッキのキーカードを紹介していきたいと思います。

バフォメット

ファンファーレで攻撃力5以上のフォロワーをデッキからサーチすることができ、エンハンス5で登場させるとそのカードのコストを-3することができます。

昏き底より出でる者をサーチするために採用しています。

今回のデッキでは攻撃力5以上のフォロワーは昏き底より出でる者のみしか採用していないため、確定でサーチすることができます。

また、エンハンス5でサーチを行えば、昏き底より出でる者のコストを-3することができるため、5コストで登場させることができます。

基本はバフォメットのサーチを使用して、昏き底より出でる者をサーチし、コストを減らした状態で他のカードで相手フォロワーを処理を行いながら登場させるながれになると思います。

トーヴ

2コストで3/3と高ステータスを持っている代わりにデメリットでニュートラルフォロワーが出るまで攻撃不能となっています。

しかし、ニュートラルフォロワーが出ると攻撃可能になるだけでなく、突進も持つため、ニュートラルを軸にデッキを組んでいるとほぼデメリットのない高ステータス低コスト突進持ちフォロワーとなります。

序盤は単純なステータスによるアドバンテージがあり、後半でもニュートラルと合わせて登場させることで突進を使用した相手フォロワーの処理役として役割を持つことのできるカードとなっています。

豪拳の用心棒

ファンファーレで体力3以下の相手フォロワー1体を破壊することができます。

デメリットで復習状態でないならば自分リーダ―に2ダメージを与える効果がついていますが、復習状態への体力調整として考えることもでき、そこまで気になるデメリットではないと思います。

進化権なしで消失ではなく破壊の鉄槌の僧侶の効果を使用している形となるので、十分活躍が見込める1枚でしょう。

緋色の剣士

必殺持ちの5コスト、2/4フォロワーです。

さらにファンファーレで相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージを与え、自分のリーダーを2回復することができます。

ファンファーレで相手フォロワーを処理したり、相手リーダの体力を削ったりしつつ、回復をすることができ、さらに必殺を持っている高体力フォロワーのため、多くの場面で活躍を見込むことができます。

進化権を使用して、相手フォロワーを処理し、体力が残っていれば、相手フォロワーをもう1体道連れにすることができる可能性もあるため、非常に優秀なフォロワーだと思います。

デモンオフィサー・エメラダ

ファンファーレで相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊することができます。

また復習状態であれば疾走を持つため、相手リーダーへのダメージソースにもなる万能高コストフォロワーです。

攻撃力も4のため、バフォメットでの昏き底より出でる者のサーチの邪魔にならない点も評価できます。

復習状態でなくても相手フォロワーやアミュレットの処理で活躍できるため、非常に使い勝手のいいフォロワーです。

昏き底より出でる者

今回のキーカードとなる一枚です。

潜伏持ちで潜伏状態で攻撃するか潜伏状態で破壊されることで、相手リーダーに進化前なら6ダメージ、進化後なら8ダメージを与えることができます。

さらに進化前で相手リーダーに攻撃をすることで進化前なら12点、進化後なら16点与えることができます。

1体でも場に出すことができればほぼ勝負を決めることができるフィニッシャーとして活躍するでしょう。

まとめ:昏き底より出でる者を出せれば逆転も可能!

昏き底より出でる者の性能がずば抜けて強力です。

ずっと劣勢でも昏き底より出でる者を使用できるターンまで耐えきることができれば一気に大逆転も可能であるため、今後のランクマッチで頻繁に使われるデッキ構築の第一候補だと思います。

ライター: SAKURA

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。