【シャドウバース】速い! 強い! ロイヤル復権か? 環境前から言われていた通り強い模様!もしかしたら最強! 「ニュートラルロイヤル」デッキ紹介

ついに「ワンダーランド・ドリームズ」の配信が開始されましたね。

前評判が高かったデッキは何個か存在していましたが、どうやら現在は「ビショップ」および「ロイヤル」が頭角を現しているようです。

とはいえ、盤面の掃除能力が大幅に増加したヴァンパイアや、潤滑油のようなカードを貰ったエルフ、7コストのモルディガイを貰ったネクロマンサーなどなど、環境はまだ完全に傾いてはいない状態になっています。

さて、ここでは環境前から注目されていた有力デッキである「ニュートラルロイヤル」を紹介していきたいと思います。

最新の強力デッキで遊びたいという方は、是非参考にしてみてくださいね。

参考デッキレシピと紹介動画

以下は「スナザメ」氏によるデッキ紹介動画です。

なお、参考デッキレシピはあくまでスタンダードなものなので、動画のものとは異なる可能性があることに留意してください。

フォロワー

ゴブリン3枚
ワイズマーマン2枚
ユニコーンの踊り手・ユニコ2枚
天弓の天使・リリエル3枚
赤ずきん・メイジー3枚
歌劇姫・フェリア3枚
風の軍神・グリームニル2枚
ゴブリンリーダー3枚
兎耳の従者 2枚
シンデレラ3枚
不思議の探求者・アリス3枚
レヴィオンヴァンガード・ジェノ2枚
ヘクトル 3枚
レヴィオンセイバー・アルベール 3枚

スペル

トランプナイト招集 3枚

デッキ概要

「ワンダーランド・ドリームズ」で登場したニュートラルカードのシナジーを重視したデッキです。

https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

切り札はやはり「不思議の探求者・アリス」。

盤面のニュートラルフォロワーだけではなく、手札のニュートラルフォロワーまでバフしてくれるので、現在の状況を打開するだけではなく後の状況でも強力な盤面を作ってくれます。

1コスト→2コスト→3コスト→アリスとニュートラルフォロワーを出し続けていれば、ほぼ勝利といっても過言ではない性能を秘めているのです。

https://shadowverse-portal.com/card/105234010

もちろん、ロイヤルのクラスカードである「シンデレラ」および「トランプナイト招集」もこのデッキの強さに一役買っています。

「シンデレラ」は負けがちな盤面をアリスが出てくる前にしっかりと固定してくれますし、「トランプナイト招集」は疾走持ちのフォロワーと必殺持ちのフォロワーでたとえ盤面が不利でもうまく切り返してくれます。

注目すべきなのは、ほとんどのカードがフォロワーで埋め尽くされている点でしょうか。

ゆえにアリスでのバフ効果も有効に働く場面が多くなります。

その一方で、疾走フォロワーの数が抑えられているため、一度盤面で負けてしまうとかなり厳しい戦いを強いられてしまうのも事実。

よくも悪くも非常に直線的なデッキといえるでしょう。

マリガンとプレイング

ニュートラルロイヤルのマリガンとプレイングを紹介します。

いずれも基本的なことなので、場合によっては大きく変わってくることに留意してください。

マリガン

あとから盤面を取り返すことが難しいので、とにかく盤面を取ることを重視します。

つまり、低コストフォロワーを常にキープしてください。

4ターン目にアリスを出す動きは非常に強いのですが、それは盤面を制圧している上での話。

1コスト2コストがキープできていて、かつ相手が盤面の処理を苦手とするリーダーである場合はキープしてもいいかもしれませんが、基本的に「不思議の探求者・アリス」は戻してください。

基本的に、1コストおよび2コストフォロワーはキープ、手札に2コストフォロワーが溜まっている場合のみ2コストフォロワーは戻すという原則通りにマリガンするといいでしょう。

プレイング

横に並べる場合と、単体のバリューで勝負する場合を見極めましょう。

このデッキでは、例えば、PPが2である場合に2コストフォロワーを1体出すのと、1コストフォロワーを2体出すの、どちらがよいのかという選択肢がよく生まれます。

横に並べるプランであれば1コストフォロワーを2体、バリューで勝負するのであれば2コストフォロワーを出しましょう。

このプレイングは結構大事で、特に低コストAOEを備えているリーダー相手ではこのときの選択が勝負をわけることも多くなっています。

もちろん、こういった選択がうまれるのは2ターン目だけではなく、後半にもつれ込んだときも発生します。

相手のAOEが最大何点なのか、今このフォロワーを出しても1枚で壊滅させられる心配はないのかということをしっかりと意識しておきましょう。

これは、フォロワーを交換するときにも注意しなければならない点です。

基本的なプレイングではこちらのフォロワーが相手のフォロワーを倒したとき、こちらのフォロワーだけが一方的に生き残る状態がベストなのですが、相手がAOEを多く備えているリーダーだった場合はこの限りではありません。

例えば、ネクロマンサーを相手にしているとき、無傷のシンデレラと3/2になった「リリエル」、そして「ゴブリンリーダー」が場に残っており、どれも攻撃可能な状況だったとしましょう。

相手の場に「風の軍神・グリームニル」がいる場合、EPがないと仮定すると、基本的にはシンデレラでグリームニルを攻撃し、リリエルで相手リーダーを攻撃するのがベストな選択肢になります。

しかしながら、相手の墓地が6枚を超えている場合はこの限りではありません

シンデレラでグリームニルを討ち取ってしまうと、ネクロマンス版の「腐の嵐」によってフォロワーが全滅してしまうからです。

しかし、リリエルでトレードをすれば無傷のシンデレラが残り、仮に「腐の嵐」を打たれても最悪4/1のシンデレラが残ります。

このように、うまく盤面にフォロワーを残しながら4コストまできたら「アリス」の出番。

盤面に3体以上のフォロワーが残っている状態で彼女を出せば、ほぼ相手は瀕死の状態でしょう。

とはいえ、バフをされるといっても1/1でしかないので、上述したとおりAOEには必ず気をつけるようにしたいところです。

もしスタッツに不安があるのなら、「歌劇姫・フェリア」を進化させることによってより磐石にすることも考えます。

基本的に、相手が息切れするまで粘ることはありません。

ある程度盤面を制圧したら、あとは一気に畳み掛けてしまいましょう。

中盤以降に有利交換ができないフォロワーが出た場合は基本的に無視して構いません。

高いスタッツがいきる序盤のうちに相手を押し切ってしまいましょう。

デッキ改造案

上述したレシピでは、「不思議の探求者・アリス」の効果を最大限に生かすためにフォロワーの枚数が非常に多くなっていますが、もし同系のデッキが多く出てきた場合は、スペルを増やすのもありでしょう。

また、もう少し後半戦も視野にいれ、「ルミナスメイジ」といったパワーカードを投入するのもいいと思います。

もちろん、相手のリーダーの体力を削ることに特化して「デモンストライク」などを投入してもいいでしょう。

環境に重量守護フォロワーが増えてくるようならば「死の舞踊」を採用するのもいいでしょうし、まだまだ進化を遂げる可能性が高いデッキです。

感想とまとめ ニュートラルロイヤルは強いのか?

かなり強いデッキであることには違いありません。

体力を減らす速度は疾走フォロワーがないためヴァンパイアに劣りますが、盤面の制圧能力は非常に高くなっています。

さらに、ほかのニュートラルデッキとは異なり、「兎耳の従者」によるドローが可能な点も強力なポイント。

ロイヤル特有の息切れもしづらく、「トランプナイト招集」はかなり高いカードパワーを持っていると思います。

しかし一方で、戦術に発展性がなく、弱点がはっきりしているのもまた事実。

今後メタられた上で強さが継続していくかどうかは、環境次第といったところでしょうか。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます