【シャドウバース】使用するデッキは決まりましたか? せっかくなら新しく、面白いデッキを使ってみよう!もしかした環境を取るかも? 「ニュートラルビショップ」デッキ紹介

シャドウバースの新弾、「ワンダーランドドリームズ」配信開始まで残りもう少しとなりました。

使うデッキは大体決まったでしょうか?

それとも、まだまだ悩んでいる最中でしょうか?

人によっては、前期のデッキを改良したりそのまま使ったりするという人もいるかと思います。

もちろん、せっかくの新弾なのですから新しく思いついたデッキを試してみたい、という人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは前の環境ではほとんど見ることのなかったニュートラルデッキについてご紹介したいと思います。

次の環境で姿を見ることになりそうなニュートラルデッキたちですが、その中で強いと評価されているのはやはりビショップではないでしょうか。

というのも、専用レジェンドである「黄金郷の獅子」および追加されたアミュレットである「三月兎のお茶会」が非常にわかりやすい強さを持っているからです。

そこでここでは、そんな2枚のカードを生かす「ニュートラルビショップ」をご紹介したいと思います。

参考デッキレシピと紹介動画

以下は前環境における「Mr.fox」氏による似たような動きをする疾走ビショップのデッキ紹介動画です。

前環境の対戦動画なので、大きく異なってくることに留意してください。

https://shadowverse-portal.com/top

デッキ概要

ニュートラルカードと「黄金郷の獅子」のシナジーを重視し、素早く「黄金郷の獅子」を召喚し、勝負を決めるデッキ

https://shadowverse-portal.com/card/105741020

です。

「黄金郷の獅子」のコストをできるだけ素早く下げるため、普通のビショップデッキにはほとんど採用されない「ゴブリン」などが投入されている点が印象的でしょうか。

もちろん、「ワンダーランドドリームズ」で追加されたパワーカードもしっかりと投入されています。

https://shadowverse-portal.com/card/105723010

「三月兎のお茶会」はその最たるもので、1枚で2枚のカードを出すという点、出てくるフォロワーが進化でリーダーがフォロワーに3点ダメージという能力を持っているという点から、類稀なるパワーカードと認識されています。

「黄金郷の獅子」との相性はそれほどよくないものの、次のターンに「ガルラ」を出すことで非常に高いコストパフォーマンスを発揮する点から投入。

仮に素早く「黄金郷の獅子」を出すことが出来なくても、5ターン目→6ターン目と続くこの動きは脅威です。

総じて、ライフを削る速度、盤面を制圧する能力どちらも優れた優秀なデッキといえるでしょう。

マリガンとプレイング

ニュートラルビショップのマリガンとプレイングを紹介します。

これはあくまで基本なので、環境や投入するカードによっては大きく異なってくることに留意してください。

マリガン

「黄金郷の獅子」を極力素早く出したいので、「ゴブリン」などの低コストニュートラルフォロワー、および「黄金郷の獅子」はキープします。

敵が素早いデッキの場合は、「漆黒の法典」もキープしたいところでしょう。

「黄金郷の獅子」の能力を最大限生かすために、獅子とアミュレットが同時にある場合はキープしたくなりますが、そうなると残り1枚がニュートラルフォロワーで、かつ都合よくニュートラルフォロワーを引き続けなければなりません。

もちろん、デッキ構成によってはそれも可能かもしれませんが、確率的にはどうしても低くなる可能性が高いので、低コストアミュレットをのぞき、キープしないほうがいいでしょう。

プレイング

相手のデッキによってプランを適時変更します。

相手が盤面の処理が得意なデッキである場合はアミュレットから出てくる疾走フォロワーや、ガルラを駆使してうまく体力を減らしましょう。

逆に相手がはやいデッキである場合は盤面の掃除を重視し、空の盤面に「黄金郷の獅子」+「獣姫の呼び声」を出すといったプランを狙いたいところです。

手札にあるニュートラルフォロワーを出す選択肢が発生した場合は、相手のデッキによって選択を変えていきましょう。

また、アミュレットは出来るだけ「黄金郷の獅子」で出したいところですが、普通に出したあと、「ガルラ」でカウントを進めるという動きもできることを覚えておきましょう。

ただし、普通に置く場合は「三月兎のお茶会」を除いてテンポを失ってしまうことが多いので、そのあたりは注意。

「テミスの審判」を投入する場合は別ですが、このデッキはニュートラルフォロワーが多くを占める性質上、それほど多くのフォロワーを除去する術を持ちません。

よって、常にテンポとバーストダメージには気を配り、アミュレットを置く場合は相手が最高の動きをしてきた場合の処理を考えておきたいところです。

デッキ改造案

「黄金郷の獅子」にそれほど頼らない構成にすることが考えられます。

というのも、「黄金郷の獅子」は強力なカードですが、ニュートラルフォロワーとアミュレットを同時に引いていなければ最大限に活用することが出来ず、また、単体では圧倒されている盤面を取り返す術を持たないからです。

よって、あえて「黄金郷の獅子」を最速で出すことを諦め、アミュレットを軸とした疾走ビショップのような形にするのもいいでしょう。

もちろん、更に「黄金郷の獅子」を出すことに特化したレシピにしても面白いでしょうし、投入するアミュレットも「粛清の大聖堂」のようなものを入れても面白いかもしれません。

感想とまとめ 今後の覇権デッキとなるか……?

ビショップに追加されたカードである「スノーホワイトプリンセス」および「三月兎のお茶会」の性能は今拡張でピカイチといってもよい性能です。

もちろん、「黄金郷の獅子」も高い性能を誇っているのですが、上振れが強力なだけでは……?という評価があるのも事実。

このデッキはビショップに追加された前評判が高いカードを全て詰め込んでいますが、もちろん1枚1枚を中心に据えたデッキを組んでもいいでしょう。

いずれにしても、今後ビショップのデッキが大きく強化されたことは間違いないでしょうし、今後のデッキレシピの動きに注目したいところですね。

ライター: nicole

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。