【シャドウバース】先行プレイ動画で大活躍! 次環境の強力デッキか? 「ニュートラルロイヤル」デッキ紹介

ワンダーランドドリームスの配信を間近に控え、ポータルでも事前デッキ作成ができるようになりました。

楽しそうなカードが多数登場し、今からポータルでデッキ作成に勤しむ人も多いかと思います。

そんな中、公式による先行プレイ動画が話題に。

ワンダーランドドリームスのカードを使った先行プレイ動画は、カード評価にもいくつか影響を与えているようでした。

そこで、ここではそんな中使われたデッキの1つである「ニュートラルロイヤル」を紹介していきたいと思います。

新環境に先駆けてデッキを作成してみたいという方は、是非参考にしてみてくださいね。

参考デッキレシピと対戦動画

以下は公式による「ニュートラルロイヤル」の対戦動画になります。

ロイヤルの出番は1:37:00ごろからです。

環境前ながらも完成度の高いレシピを作成していますね。

なお、参考デッキレシピは使用されたデッキと異なる可能性があることに留意してください。

フォロワー

ゴブリン3枚
兎耳の従者3枚
ユニコーンの踊り手・ユニコ3枚
天弓の天使・リリエル3枚
歴戦のランサー2枚
赤ずきん・メイジー3枚
風の軍神・グリームニル3枚
ゴブリンリーダー2枚
シンデレラ3枚
不思議の探求者・アリス3枚
レヴィオンセイバー・アルベール3枚

スペル

火遁の術 3枚
プリンセスキス 3枚
トランプナイト招集 3枚

デッキ概要

公式で使用されたニュートラルロイヤルは、ニュートラルを多数搭載したミッドレンジデッキの一種です。

https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

デッキの核となるのはやはり「不思議の探求者・アリス」。

ニュートラルのロードともいえる性能を持っており、手札のニュートラルまで強化してくれます。

また、隠れたデッキの核として採用されているのが「トランプナイト招集」です。

https://shadowverse-portal.com/card/105234010

ロイヤルのカードでありながら出てくるフォロワーがニュートラルということを活かし、マナコストもあいまって出てくるナイトたちを全て強化することが可能です。

その盤面の制圧力は、往年の乙姫セージムーヴを見ているかのよう。

このデッキであれば、新レジェンド「シンデレラ」のデメリット能力をほぼ無視することができるため、3コスト4/4のフォロワーとして扱うことができます。

相手が遅いデッキであればそのまま押しつぶし、はやいデッキであってもシンデレラによる有利交換によってある程度耐性があるといえるでしょう。

マリガンとプレイング

ニュートラルロイヤルのマリガンとプレイングを紹介していきます。

ここで解説するのはあくまで基本的なことなので、採用するカード、環境によっては大きく変わってくることに留意してください。

マリガン

まずは1コストフォロワーをキープします。

デッキの核となっている「不思議の探求者・アリス」もキープしたくなりますが、手札で渋滞を起こしてしまうと弱いので戻しましょう。

「シンデレラ」は序盤に出してこそ真価を発揮するので、キープしてもいいと思います。

できるだけ1コスト、2コスト、3コストフォロワーと順番に並べていくのが望まれるので、その動きが可能になる手札を目指したいところです。

ただし、1コストフォロワーだけ、2コストフォロワーだけという手札は一度除去されると非常に脆く、盤面をとるという意味でもあまり強くないので、そういった手札になった場合は1枚ないしは2枚戻してしまったほうが無難です。

プレイング

盤面を抑えることを意識しましょう。

序盤に盤面さえ抑えてしまえば、場にいるフォロワーを「不思議の探求者・アリス」によって強化して一気に押し込むことが可能になりますし、手札を消耗しても「兎耳の従者」によって最大4枚ドローが可能になるからです。

よって、相手リーダーが使ってくるAOEのダメージ点数を常に意識しておき、それを打たれたとしても全滅しないような盤面を作っていくことが大切でしょう。

一度盤面を抑えられても、「トランプナイト招集」によって出てきた必殺フォロワーを進化させれば盤面を取り返すことは可能ですし、諦めずにプレイし続けたいところです。

一度盤面を抑えたら、あとは先述した通りAOEを警戒しながらフォロワーを並べ、相手の体力を削り取ります。

後半までもつれこむようであれば、「レヴィオンセイバー・アルベール」による10点ダメージで相手を撃破しましょう。

序盤・中盤・後半ともにやることがありますし、切り札も豊富に備えているので、どんな状況でも諦めずにプレイすることが可能です。

デッキ改造案

このデッキはミッドレンジですが、フォロワーを前に寄せてアグロデッキにしてもいいでしょう。

アグロデッキにおける3コスト4/4はかなりの脅威で、放っておくと6ターンほどで体力が0になってしまいます。

その場合は疾走フォロワーを採用するためにニュートラルの数を減らすことになりますが、そのあたりはシンデレラとの兼ね合いを考えてうまく枚数を調整したいところです。

なにしろ、新環境によって出てきたばかりのデッキなのでまだまだ改造の余地があるのではないでしょうか。

もちろん、アグロならずともさらに重めにして、「不思議の探求者・アリス」で多重にバフをかけた重コストニュートラルフォロワーを出すのもいいかもしれませんね。

まとめ ロイヤル不遇の時代 脱却なるか?

先行プレイ動画を見る限り、ニュートラルロイヤルはなかなかの強デッキといえそうでした。

しかしながら、先行プレイ動画のデッキはあくまでも新カードを使ったデッキ同士なので、環境に適応するかはわかりません。

というのも、現在最強デッキといわれているネクロマンサードラゴン相手にどこまで通用するかが未知数だからです。

もしニュートラルロイヤルが流行るようであれば対策となるAOEも増えてきそうですし、そうなると肩身が狭くなることも予想されます。

真の最強デッキはメタられてもある程度闘えるものですが、ニュートラルロイヤルがそこまでやれるかはわかりません。

ロイヤルが環境の隙間をついて活躍するリーダーになるのか、はたまたスタンダード環境のごとくトップに躍り出るかは、デッキビルダーの方の活躍次第といったところでしょうか。

ライター: nicole

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。