【シャドウバース】事前デッキ作成でかなり強かった! ニュートラル軸は次の環境の軸となるのか?「ミッドレンジエルフ」デッキ紹介

配信開始まで秒読みとなったワンダーランドドリームズ。

ついに全カードが公表され、あれやこれやとデッキを組むことを考えてる人も多いかと思います。

そんな中、次の環境の指標となる生放送が公式にて行われました。

その内容は、歴代公式大会王者が新パックを用いて対戦するというもの。

中でも特に強さを発揮したのが、ニュートラル軸のエルフでした。

特に「ビューティー&ビースト」の強力さには目を見張るものがあり、もしかしたら次期の環境デッキなのでは……? と思わせる強さがありました。

ここでは、公式生放送で使われたデッキで、特に現環境で一番近いと思われるデッキを紹介していきます。

新環境に先駆けてデッキを準備したいという方は、是非参考にしてみてくださいね。

対戦動画と参考デッキレシピ

以下はデルガッツィーノジョイーレ 氏による対戦動画です。

「神々の騒乱」環境におけるトップティアーデッキであるネクロマンサーとの対戦動画を見ることができます。

フォロワー

ベビーエルフ・メイ3枚
リノセウス3枚
エルフの少女・リザ2枚
ミニゴブリンメイジ2枚
風の軍神・グリームニル2枚
エンシェントエルフ3枚
エルフプリンセスメイジ3枚
歴戦の傭兵・フィーナ3枚
クリスタリアプリンセス・ティア2枚
エルフナイト・シンシア3枚
クリスタリア・エリン3枚

スペル

自然の導き 3枚
フェアリーサークル 3枚
森荒らしへの報い3枚
死の舞踏 2枚

デッキ概要

盤面を取る事を前提としたカードを多数投入し、盤面を素早く制圧することを目的としたデッキです。

低コストカードで盤面を取ったあとは4コスト、5コストカードによって盤面を固定、その後リーダーの体力を削りきります。

https://shadowverse-portal.com/card/101131020

もちろん、相手の体力を削り取る役割は「リノセウス」に一任。

専用構築のものよりは爆発力が落ちるものの、高いバーストダメージは相手の計算を大きく狂わせることが可能です。

もちろん、「ベビーエルフ・メイ」をはじめとした盤面をとりやすい低コストフォロワーも多数存在。

状況によっては、重コストカードに頼らずともあっさりと相手を殴り倒すことができるデッキになります。

ただし盤面を一掃するカードには弱く、どうしようもないこともしばしば。

https://shadowverse-portal.com/card/102131030

「エルフの少女・リザ」という保険は存在していますが、いかに高スタッツのフォロワーを盤面に残すのかが重要なデッキでもあります。

マリガンとプレイング

「ミッドレンジエルフ」のマリガンとプレイングを紹介していきます。

なお、これらのことは基本的なことなので、相手リーダーや環境、投入するカードによっては大きく変更する可能性があることに留意してください。

マリガン

セオリー通り、1コスト、2コストのカードをキープしてください。

このデッキは一斉に盤面を処理するカードがほぼないので、一度盤面を取られると厳しい展開になります。

よって、序盤から盤面をとることができるような手札を目指しましょう。

そういう意味で、リノセウスは序盤にいてもほとんど意味がないので、戻してしまっても構いません。

3コスト以上のカードは、出せるまでの動きが確立できているときのみキープしましょう。

プレイング

序盤はとにかく盤面をとります。

相手が遅めのコントロールのときを除いて、とにかく盤面をとることを重視しましょう。

その後、盤面を取る事が出来たのであればあとはデッキの核である4コスト、5コストカードを叩きつけて勝利を目指します。

「フィーナ」をはじめとして、進化によって手札を補充するカードが多いので、なかなか息切れを起こさない点はほかのミッドレンジデッキにはない利点です。

この利点を活かして、うまく相手の盤面を更地にすることを目指しましょう。

もしも相手が遅めのコントロールである場合は、「リノセウス」によるワンターンキルを目指してもいいでしょう。

このプランの切り替えは、できるだけはやいほうが手札を消費せずに済みます。

相手の使ってくるカードから、うまく相手のデッキタイプを割り出せるようにしたいところです。

デッキ改造案 新カードを投入するのなら?

公式生放送で使われた形は、このデッキに大量のニュートラルカードを投入する形でした。

「ビューティ&ビースト」の制圧力は非常に高く、盤面を固定する力は現在のエルフカードでは代替のきかないものだったように思います。

しかし、「ビューティー&ビースト」を最大限に活かすのであれば投入するニュートラルカードの枚数を考えなければなりません。

どの程度ニュートラルカードを投入するのかも、デッキビルダーの腕の見せ所ではないでしょうか。

もちろん、「エルフの双撃」を投入することも考えられるでしょう。

どのようなデッキになるのか楽しみですね。

感想とまとめ このデッキの強みは?

このデッキの強みは、なんといっても息切れしないところにあります。

絶え間ない手札補充によって相手のカードを消耗させ、こちらだけは優位に立つというのがかなり強力なデッキです。

しかしながら、カード単品のバリューは低めであり、1枚で盤面を返してくるようなカード相手には少々分の悪いところがあります。

「魔将軍・ヘクター」は当然として、ほかにも相性の悪いカードは山ほど存在しており、「神々の騒乱」環境ではかなり厳しい戦いを強いられることが多くなっています。

しかし、「ビューティー&ビースト」の加入によってカード単品バリューの低さという弱点が補強された環境では一体どうなるのでしょうか。

今後のミッドレンジエルフに期待がかかるところです。

ライター: nicole

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。