【シャドウバース(シャドバ)】ネクロマンサー殺しのファンデッキ!「狂信の偶像」「詠唱:夢想の白兎」入りの「狂信の白兎ビショップ」【ビショップデッキ】

「詠唱:夢想の白兎」を半永久的にループしてみたい!「狂信の偶像」「穢れた聖杯」もあるので十分に戦えてしまうファンデッキです。

公開:2017年6月22日時点 『狂信の白兎ビショップ』

youtuber・SHIO氏による、「狂信の白兎ビショップ」デッキ紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「詠唱:夢想の白兎」の居座り能力で相手に嫌がらせ!

詠唱:聖なる願い(銅)×3
詠唱:夢想の白兎(金)×3
気高き教理(銅)×3
漆黒の法典(銅)×3
詠唱:獣姫の呼び声(銀)×3
教会の護り手(銀)×3
プリズムプリースト(銀)×3
治癒の祈り(銅)×2
鉄槌の僧侶(銀)×3
新間裁判所(金)×2
狂信の偶像(虹)×1
エンシェントレオスピリット(銀)×2
破邪の光(銅)×2
苦罰の審判者(金)×2
テミスの審判(金)×3
穢れた聖杯(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:豊富な消滅カードでネクロマンサーをウサギでぴょんぴょんしてやろう

「詠唱:夢想の白兎」から出てくる「ドリームラビット」。両者ともラストワードで互いを盤面に出すという能力を持っているので「狂信の偶像」でループさせることができます。「狂信の偶像」は1枚刺しでもあるのでなかなかプレイできるムーブではないですが、数度のループは可能でしょう。
「治癒の祈り」「気高き教理」も使って定期的に「ドリームラビット」を場に残しておけるようにしましょう。

そのほか「穢れた聖杯」でアポカリプスカードを活用してリーサルを狙っていきます。「破邪の光」などの除去カードも多いので、「ドリームラビット」の露払いをしていくといいでしょう。

「詠唱:獣姫の呼び声」は相変わらずの使い勝手の良さを発揮してくれるので、いいダメージ源になってくれるでしょう。
除去仕切れない盤面も出てくるので「治癒の祈り」で回復しつつ、「詠唱:夢想の白兎」のカウントを進めていきましょう。

注目カード:「穢れた聖杯」の全体除去で隙なくアポカリプス!

【詠唱:夢想の白兎】

コスト:1
クラス:ビショップ
効果:カウントダウン3
ラストワード:「ドリームラビット」を1体を出す。

「ドリームラビット」もラストワードで「詠唱:夢想の白兎」を出してくれるので、アミュレットからフォロワーという流れをループしてくれます。
「狂信の偶像」が場に出ていればループもできますが、できない場合は「治癒の祈り」「気高き教理」を使っていきましょう。

【穢れた聖杯】

コスト:8
クラス:ビショップ
効果:カウントダウン:3
ファンファーレ:お互いのフォロワーすべてに2ダメージ。
ラストワード:サタンズサーヴァント、沈黙の魔将、ディースの裁き、アスタロトの宣告の中から、ランダムに異なる3枚を手札に加える。

ファンファーレで全体ダメージがある分、コスト10の「サタン」より隙なく場に出すことができます。一気に3枚手札に入ることを考えると「サタン」と使い分けができます。場合によっては「サタン」より使える場面も多いでしょう。
「気高き教理」でカウントダウンを進ませる動きも有効です。
ラストワードで手札が溢れることがないように気をつけていきましょう。

【苦罰の審判者】

コスト:6
スタッツ:3/5
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。カードを1枚引く。

「鉄槌の僧侶」の上位互換のような能力ですが、コストが高いので使い所は間違えないように。
しかし進化権を消費せずに消滅効果が得られるのは便利です。
シンプルながらも便利!

【エンシェントレオスピリット】

コスト:5
スタッツ:4/5
クラス:ビショップ
効果:進化後
進化時:相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

スタッツもコスト相応で使える一方、盤面を埋められた場合には進化で全体除去をしていきます。「テミスの審判」を出せる状況ではないときは、このカードを使っていきましょう。
アグロネクロの「骨の貴公子」に対して、このカードで一気に全体除去していきます。決まれば気持ちいいですよ。
進化権は使うものの、任意で全体除去できるのは便利です。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ビショップvsネクロマンサー

マリガンは「詠唱:聖なる願い」「苦罰の審判者」「教会の護り手」。

「詠唱:聖なる願い」「詠唱:夢想の白兎」と出していきます。
相手は「よろめく不死者」。「教会の護り手」を出そうとしたところでこれは嫌ですね。
どんどん展開してくるので「鉄槌の僧侶」や「漆黒の法典」などで除去していきます。「テミスの審判」が3枚とも手札にあるのでよほどのことがなければ凌ぎ切れるはず。

ラストワードを発動させないように消滅させていきます。「不死の大王」も「破邪の光」で対応。
「穢れた聖杯」を出しておきます。「テミスの審判」で盤面を除去しつつ「治癒の祈り」で回復。アミュレットのカウントも進めておきます。
「穢れた聖杯」が孵化したので、「沈黙の魔性」でフォロワーを処理。
ここで相手は「魔将軍・ヘクター」。「ディースの裁き」で排除しつつ、「詠唱:獣姫の呼び声」を出しておきます。
「ゴブリンプリンセス」から「骨の貴公子」と粘ってきますが、冷静に対処。
さすがにもう勝てるだろうと思ったら…

「死の祝福」…。手札が切れてからのネクロマンサーも粘り強いんですよね…。
さらに踏み止まりますが、さすがにドローが追いつかなかったのかリタイアしてきました。

粘りに粘られ、時間がかかりましたが、いい試合でしたね。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。