【シャドウバース】銀嶺の秘剣士の評価と使い道!5コスト激戦区に必殺と守護の優秀フォロー登場!【新カード】

シャドウバースの新カードパック「ワンダーランドドリームズ」の新カード「銀嶺の秘剣士」の評価と使い方、最新情報をこちらで紹介しています。

ワンダーランド・ドリームズロゴ

引用:https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

銀嶺の秘剣士のカード情報

評価 B
レアリティ ゴールド
クラス ロイヤル
タイプ  (不明)

進化前 PP:5 3/4

【必殺】【守護】

進化前 4/5

【必殺】【守護】
攻撃時:フォロワーへ攻撃したなら、ダメージを与え合う前にそのフォロワーを破壊する。

銀嶺の秘剣士の評価とまとめ

純粋なカードパワーが非常に高いカードです。

PP5ながら、必殺と守護を兼ね備えている非常に強力なフォロワーです。

特別何かのカードと組み合わせて、というよりは純粋にPP5の守護持ちとしての運用がメインになりそうです。

進化後は攻撃時にダメージを与え合う前に相手を破壊してしまうため、確実に2枚以上のアドバンテージを奪ってしまえるでしょう。

その代わり、進化時の攻撃力 / 体力の増加値が+1しかないですが、必殺を持っているため、特別気になることはないでしょう。

ひとまずの結論としては、とりあえずは構築でも耐えうるカードだと言えます。

銀嶺の秘剣士の使い道/相性のいいカード

先述の通り、特別何かのカードと相性がよい、というわけではなく、単体のカードパワーでの採用が主になるでしょう。

ロイヤルデッキのPP5の選択肢は、「ワンダーランド・ドリームズ」実装前でも非常に多く、そこに食い込めるかどうか、という点に関してはかなり微妙なラインです。

レジェンドレアでエンハンス持ちフィニッシャーの《レヴィオンセイバー・アルベール》はもちろん、《ルミナスメイジ》や《蒼穿の提督・モニカ》、《アドバンスブレーダー》など、強力なフォロワーがひしめき合っているので、これらを押しのけて構築環境に入るかどうか。

また守護持ちとしての採用の場合でも、《ロイヤルセイバー・オーレリア》といったライバルも存在するため、どちらを選択するかは、環境にもよりますがなんとも言えないところです。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。