【シャドウバース(シャドバ)】序盤にでる「不死鳥の乗り手・アイナ」がアグロを捉える!『不死鳥フェイスドラゴン』【ドラゴンデッキ紹介】

「竜の伝令」で「不死鳥の乗り手・アイナ」を序盤に出せればボードアドバンテージはこちらのもの!

公開:2017年5月4日時点 『不死鳥フェイスドラゴン』

youtuber・ダンジュウロウ氏による、『不死鳥フェイスドラゴン』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「不死鳥の乗り手・アイナ」「グリフォンナイト」を序盤に出せればアグロなんてなんのその!

ゴブリン(銅)×3
アイボリードラゴン(銅)×3
天弓の天使・リリエル(銀)×3
ドラゴニュート・スカラー(金)×3
ムシュフシュ(銅)×3
サラマンダーブレス(金)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
ワイバーンライダー・エイファ(銀)×3
グリフォンナイト(銅)×3
アクアネレイド(銅)×3
ジークフリート(銀)×3
死の舞踏(銅)×1
ダークドラグーン・ファルテ(虹)×3
不死鳥の乗り手・アイナ(金)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「グリフォンナイト」の制圧力をフル活用

「不死鳥の乗り手・アイナ」の疾走でリーサルを狙って行きます。「ダークドラグーン・フォルテ」とコンビで追い立てましょう。
「ジェネシスドラゴン」の採用でも良いのですが、現環境の展開力がものを言うアグロには「不死鳥の乗り手・アイナ」でワンチャン狙うのもなかなか理にかなっています。「ジェネシスドラゴン」より安価なコストなので、使いやすいのも利点。
「竜の伝令」で「不死鳥の乗り手・アイナ」をサーチできるので、フィニッシュに困ることはないはずです。

デメリットはあるものの「グリフォンナイト」の除去力を活かせばアグロ戦で活躍してくれるはずです。盤面の制圧力が高いので3ターン目に出すことができれば、うまくいけばフォロワーを3体ほど除去できることも多いです。

高コストカードが少ないので、中盤までに勝負をつけないと、後半相手のパワーカードに押し切られる可能性はあります。
一般的に使用率が低いカードが多めに入っているので、この機会に新しいデッキの参考にしてみてはいかがでしょうか?

デッキの性格上、こちらもフェイスにダメージを受けやすいです。守護持ちを入れて、盤面にフォロワーが残りやすい状況を作り「不死鳥の乗り手・アイナ」を運用するなどのアレンジをしてもいいかもしれません。

注目カード:「不死鳥の乗り手・アイナ」「ダークドラグーン・フォルテ」の疾走をいかに活かせるか

【不死鳥の乗り手・アイナ】

コスト:6
スタッツ:1/5
クラス:ドラゴン
効果:疾走
ファンファーレ 「他のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。(相手の場も含める)

何と言っても自分の場だけではなく、相手のフォロワーも栄養源にする貪欲さ。しかも疾走付きともなれば使わずにいられますか?
コストも6とリーズナブル。あまり搭載しているデッキを見かけないのが不思議!ネクロマンサーの展開力に乗じる動きも強力。

【ダークドラグーン・フォルテ】

コスト:6
スタッツ:5/1
クラス:ドラゴン
効果:疾走
覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。

フィニッシャーとして働いてくれます。
疾走、進化込みで7点ダメージは、相手からしたら脅威でしょう。

【アクアネレイド】

コスト:3
スタッツ:1/1
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ オルカ1体を出す。

「オルカ」はコスト2、スタッツ2/2フォロワー。特殊な能力は持っていませんが、「アクアネレイド」と合わせてスタッツ3/3相当なので及第点。確定除去などをされにくく、ターゲットが割れることを利用したプレイングをしていきましょう。

【グリフォンナイト】

コスト:3
スタッツ:2/3
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ 相手のフォロワー1体に2ダメージ。手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。

相手のフォロワーに2ダメージを与えられるのは大きいのですが、最小のカードをランダムに捨てるというデメリットも無視できないんですよね。
序盤に出すと強いのですが、序盤だけに低コスト帯を捨てなくてはならないのはきつい。
それでも3コストで複数のフォロワーと交換できる

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsビショップ

マリガンは「ワイバーンライダー・エイファ」「グリフォン」「ドラゴニュートスカラー」。

まずは「ドラゴニュートスカラー」から出していきます。攻撃されない能力は嫌でしょう。
相手は「天界の忠犬」と「守護の陽光」。「ヘブンリーイージス」の前に出されると周辺フォロワーが守護を持って突破し難いまま押し切られるんですよね。
「グリフォンナイト」「アクアネレイド」で盤面を取りにいきます。
「鉄槌の僧侶」で処理して来ますが、こちらも「ジークフリート」で除去。「テミスの審判」ですか…。
「不死鳥の乗り手・アイナ」を素出ししながら、また盤面を埋めていきます。

こちらが「風の軍神・グリームニル」を使おうと思っていたところで、相手に使われる悲劇。
完全に後手に回っていまい、後攻であることも祟ってフルボッコに…。

負けましたけど、ちゃんと回ると強いんですよ…。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。