【シャドウバース】スノーホワイトプリンセスの評価!序盤の戦闘要因として!!

シャドウバースの新カードパック「ワンダーランドドリームズ」の新カード「ダークアリス」の使い方や最新情報をこちらで紹介しています。

スノーホワイトプリンセス

引用:https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

スノーホワイトプリンセスのカード詳細

評価
レアリティ レジェンド
クラス ビショップ
タイプ
CV 大橋彩香

進化前 PP2 1/2

ラストワード スノーホワイトプリンセス1体を出し、進化させる。その後、そのスノーホワイトプリンセスは能力すべてを失う。

進化後 2/3

ラストワード スノーホワイトプリンセス1体を出し、進化させる。その後、そのスノーホワイトプリンセスは能力すべてを失う。

スノーホワイトプリンセスの強い点

ビショップが苦手としていた、序盤のフォロワー展開がしづらい問題を解消してくれる、素晴らしいフォロワーです。

PP2のため、2ターン目だけでなく、余ったPPで展開することも可能なので、とりあえず出しておくと良いでしょう。

死ぬと進化後の2/3を場に残せるので、2/1と相討ちしたあと、2/2を一方的に討ち取れれば、一気にボードアドバンテージを稼げるでしょう。

とは言えそんなに上手くいくことは、そうそうないかもしれませんが、相手に出されるとかなり面倒だな、と感じることでしょう。

特に先行2ターン目にプレイされた時には、処理に手間取りそうです。

ビショップには強力な全体除去スペル《テミスの審判》がありますが、それに巻き込んでも問題ない、という点にも注目です。

スノーホワイトプリンセスの弱い点

PP2に対して、最初のサイズが1/2である、という点だけです。

自己再生能力がついているので、気にならないとは思いますが、やはりサイズ不足なのは実際のプレイで感じる瞬間が多いかな、という印象を受けました。

PP2のカードにこれ以上求めるのは酷というものでしょう。

スノーホワイトプリンセスと相性の良いカード/使い方

特別何かと相性の良い、というカードはありません。

多くのビショップデッキで、今後常に採用される可能性があるカードになるため、純粋にカードパワーが高いカードとして、活躍してくれることでしょう。

とは言え、ビショップデッキは基本的に1-3ターン目はアミュレットをプレイしたい、というのが現状のスタイルのため、これを払拭できるような構築環境になれば、活躍の機会は次第に増えるでしょう。

ですが、今後ライバルとなる軽い守護持ちフォロワーも増えてくるとは思うので、どのカードを選択するか、あるいはできるか楽しみです。

ライター: かくたす

ランクは600後半、パズドラ歴は2年くらい。ランク上げは面倒なので嫌いなタイプ。ランキングダンジョンは10%には毎回入るけど王冠は要らないので、いつも中途半端です。パズドラに限らず、アナログもデジタルも含めて色んなゲームをプレイしています。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。