【シャドウバース】古の英雄の評価!カード効果で死なない!!【新カード】

シャドウバースの新カードパック「ワンダーランドドリームズ」の新カード「古の英雄」の使い方や最新情報をこちらで紹介しています。

引用元:https://shadowverse.jp/cardpack/wonderlanddreams/

古の英雄のカード詳細

評価  A
レアリティ レジェンド
クラス ロイヤル
タイプ 兵士
CV 鶴岡聡

進化前 PP8 6/10

突進
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)

進化後 8/12

突進
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)

古の英雄の使い方

高い除去耐性を持ったロイヤルの新レジェンドレアカードです。スペルによる除去や必殺による破壊を防いでくれます。その能力と最大12の体力はとても相性がよく、かなり粘り強く戦うことのできるフォロワーになっています。

実装前ですのであくまで予想ではありますが、採用するのであればコントロールロイヤルでの採用が期待されます。同じコストの≪ファングスレイヤー≫に比べると防御寄りのフォロワーとなっています。

古の英雄の強い点

このフォロワー最大の特徴でもあり、高い除去耐性がこのカードの強い点です。バハムートやテミスの審判などの破壊から耐えることができます。

除去体制だけでなく、突進による盤面への干渉できる速さや通常時で10もあり、進化して12まで成長する体力などもあるのが同じコストのファングスレイヤーなどとの大きな違いです。

特に、同じロイヤルの≪ローラン≫→≪デュランダル≫→≪古の英雄≫の流れはかなり理想的な流れで古の英雄を更に強くすることのできるコンボになっています。

古の英雄の弱点

まず、同じ8コストに強力なフォロワーが多いというのが弱点の一つです。

8コスト帯には疾走と守護を持つ≪シャルロット≫や突進と必殺、更にはリーダーへのダメージも可能とする≪ファングスレイヤー≫などがたくさんのライバルがいるので状況に応じた使い分けが必要になります。今の環境ではファングスレイヤーの方が良いという意見が多いようにですね。

また、ロイヤルの指揮官フォロワーではないというのも気になります。古の英雄はそのコストの高さが弱点です。その対策としてガウェインの使用が考えられましたが、古の英雄は指揮官フォロワーではないのでその恩恵を受けることができません。

古の英雄と相性のいいカード

ローラン&デュランダルと組み合わせてさらに硬く!

まず、真っ先に思う浮かぶ相性のいいカードは≪ローラン&デュランダル≫とのコンボです。通常でも十分に破壊しにくい≪古の英雄≫をさらに強化してくれます。

また、ローランのコストが7ということから

  • 7ターンに≪ローラン&デュランダル≫
  • 8ターンに≪古の英雄≫
  • 9ターンに≪アルベール≫

という理想的な流れを作ることができれば、かなり強力な盤面を作り上げることが可能です。

バハムートで死なないことを活かす!

≪古の英雄≫が≪バハムート≫の効果で死なないことを活かして、バハムートと組み合わせるのも面白いかもしれません。

  • 7ターンに≪ローラン&デュランダル≫
  • 8ターンに≪古の英雄≫
  • 9ターンに≪アルベール≫
  • 10ターンに≪バハムート≫

先ほどの流れの最後にバハムートを加えることで、万が一アルベールでフィニッシュ出来なくても古の英雄でカバーすることが可能です。

まとめ

高いステータスと高い除去耐性を持ったロイヤルの新レジェンド≪古の英雄≫。評価はそのシンプルな強さからAとさせていただきました。ですが、プレイヤーの反応を見る限りでは≪ファングスレイヤー≫の方が採用した時のメリットが大きいという意見が多いようです。

≪古の英雄≫が8コストということや≪ローラン&デュランダル≫との相性の良さから考えるに運営側はもう一度コントロールロイヤルの可能性を広げようとしているのではないでしょうか?

「ワンダーランドドリームズ」の実装によって、ロイヤルの可能性がどれくらい広がるのか?期待が膨らみますね。

ライター: かくたす

ランクは600後半、パズドラ歴は2年くらい。ランク上げは面倒なので嫌いなタイプ。ランキングダンジョンは10%には毎回入るけど王冠は要らないので、いつも中途半端です。パズドラに限らず、アナログもデジタルも含めて色んなゲームをプレイしています。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。