【シャドウバース】陣を形成するカードとそのコンボを解説!『レオニダスの遺志』×『不滅の聖剣・デュランダル』×『援護射撃』?!

今回は『レオニダスの遺志』、『不滅の聖剣・デュランダル』、『援護射撃』を使ったアミュレットでの立ち回りをまとめて解説していきます。

同じアミュレットを複数使うのではなく、違う能力を合わせて使う立ち回りについて書いていきます。

指揮官フォロワーを重視したロイヤルのデッキ構成をする際の参考にしてください。

ロイヤルデッキは布陣を形成する!

『不滅の英雄・ローラン』や『援護射撃』の登場によってロイヤルでは衰退したアミュレットによる布陣形成が復活しつつあります。

不滅の聖剣・デュランダル 援護射撃ロイヤルデッキ

「大概のダメージを軽減しよう」

場の展開が他のクラスよりも早い分、疾走ロイヤルデッキなどによるアグロ系デッキが主力となっていますが、後半戦で使えるようになる高コストフォロワーも非常に魅力的です。

アミュレットによる布陣形成は、速攻を行うデッキに飽きてきた方や高コストフォロワーを使っていきたいという方におすすめです。

陣を作る場合の欠点は?

陣を作る際に必要なアミュレットは、『不滅の英雄・ローラン』の出す『不滅の聖剣・デュランダル』、『レオニダス』の出す『レオニダスの遺志』、『援護射撃』です。

この3種類のアミュレットはそれも高コストで、中でも一番コストが低い『援護射撃』でも5ターン目以降からの使用になります。

そのため、陣を形成してバトルを進める場合は完全に晩成デッキといっても過言ではありません。

ただし、『不滅の聖剣・デュランダル』と『レオニダスの遺志』に関しては、『円卓の騎士・ガウェイン』によって『不滅の英雄・ローラン』と『レオニダス』のコストを下げられるので、コストを下げて通常より少し早く出すことができます。

布陣を作る際の注意点!場を整えていこう!

注意点は、アミュレットのセットに多くのコストを消費するためうまく場を整えていかないと、すぐにアミュレットを場に置くことが難しいことです。

『援護射撃』の場合、フォロワーは召喚されない単なるアミュレットなので、『不滅の聖剣・デュランダル』や『レオニダスの遺志』よりも場に出しにくい点があります。

序盤から手札に『援護射撃』がある場合は、5ターン目、6ターン目で置くことを目安に、コスト1~3で使える低コストフォロワーやスペルで場を整えていきましょう。

相手フォロワーに2のダメージを与える『渾身の一振り』や守護を持つ『歴戦のランサー』がおすすめです。

後はどうしようもない欠点なので注意するしかありませんが、アミュレットによって場が圧迫されてしまうのでアミュレットの出しすぎには注意しましょう。

複雑だけど面白い!カード効果を重ねて陣形成!

布陣を作るのは難しいのではないか?と感じる方も多いと思います。

作るまでは確かに調整が必要なので複雑になりますが、布陣が完成してしまえば場が自分に優勢か、劣勢でも逆転しやすい状態を保てます。

別々のアミュレットの効果を重ねることで、1つの能力付与では物足りなかった面を埋めることができるので、これから挙げる組み合わせを参考にしてみて下さい。

『不滅の聖剣・デュランダル』×『レオニダスの遺志』

人気が低迷していた高コストフォロワー『レオニダス(の遺志)』の新たな活用法です。

『不滅の聖剣・デュランダル』の5以上のダメージ全てを4にする能力と、『レオニダスの遺志』のステータス強化+突進を活かした耐久力、攻撃力共に特化されたバトルを可能にする布陣を作れます。

『不滅の聖剣・デュランダル』×『レオニダスの遺志』 ロイヤルデッキ

「矛と盾が揃うとこうなる」

体力2以上のフォロワーであれば、どんな大きなダメージも1回耐えることができ、自分リーダーへのダメージも大きく軽減されます。

ダメージではなく単なる破壊には弱いのが難点ですが、ビショップの『ヘヴンリー・イージス』に対して耐久戦を強行できる強みを持っています。

『レオニダスの遺志』×『援護射撃』

指揮官重視となる援護射撃ロイヤルデッキではどちらもほぼ確実に使われていると思います。

『援護射撃』があることで指揮官を出すだけで相手フォロワーを除去することも可能なことに加え、指揮官フォロワーであり、なおかつ指揮官・兵士関係なく強化する『レオニダス(の遺志)』で相手の場を崩していけます。

レオニダスの遺志×援護射撃 援護射撃ロイヤルデッキ

「遺志を引き継ぎ、フォロワーを一掃する!」

『不滅の聖剣・デュランダル』×『レオニダスの遺志』とは違い、『援護射撃』の効果が『ヘヴンリー・イージス』に無効にされるのが難点です。

『援護射撃』と『レオニダスの遺志』が場にある時に指揮官を出すと、『援護射撃』の効果を発動してから、『レオニダスの遺志』の効果が発動するようになっています。

フォロワーを多く並べるタイプのデッキに対して強い組み合わせです。

『援護射撃』×『不滅の聖剣・デュランダル』

これも『援護射撃』を使うので、指揮官フォロワーを重視したデッキになります。

援護射撃 援護射撃ロイヤルデッキ

「指揮官がいなければ動けない!それが難点だな!」

『レオニダスの遺志』の強化効果が無い代わりに、『援護射撃』で相手フォロワーや相手リーダーにダメージを与え、自分リーダーの体力を守る耐久戦型の組み合わせです。

フォロワーの強化が行えない分、『不滅の聖剣・デュランダル』×『レオニダスの遺志』よりも少し劣りますが、指揮官フォロワーを使いやすくしてくれます。

『援護射撃』で相手フォロワーを除去し、『不滅の聖剣・デュランダル』で守りを固めるという立ち回りが可能です。

3種類のアミュレット同時使用と同種アミュレットの複数使用について

この3枚を同時に使用すると、まず場がかなり圧迫されます。

アミュレットを3つ置くことになるので、残りフォロワーを扱える枠は2つとなるので、フォロワーをよく使うロイヤルでは、手札が溜まってしまう可能性があるのであまりおすすめしません。

ただ、指揮官フォロワーであれば『援護射撃』で相手にダメージを与え、『レオニダスの遺志』で強化、『不滅の聖剣・デュランダル』でダメージ軽減を行うため、どんなフォロワーを出しても確実に相手に攻撃できます。

決して悪いことはないのですが、場の自由が制限されてしまうため、使っても2種類までがおすすめです。

ちなみに『援護射撃』や『レオニダスの遺志』に関しては能力が重複することはないので、別のアミュレットを出すのではなく、同じアミュレットを出して能力を重ねるということもできます。

攻撃を重視したい方は同じアミュレットを使った攻撃特化の布陣も試してみてください。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク