【シャドウバース(シャドバ)】新パック『ワンダーランド・ドリームス』の気になるカードを分析!【新カード紹介その4】

『神々の騒嵐』に続く新パック『ワンダーランド・ドリームス』の概要が発表されました。
今回は、気になる新カード解説動画紹介その4!

『ワンダーランド・ドリームス』の新カードはどんな活躍をしてくれるのかな?

『ワンダーランド・ドリームス』!

ニュートラルをフューチャーした構成になっているとのことで、デッキ構築の新たなる可能性を見せてくれるのではないかと期待をしています!
新カードの発表は少ないですが、各プレイヤーはどのカードに注目しているのだろう??
現在公開されている中で、注目しているカードの解説動画を紹介します。

公式ページに随時新カードの発表があるので、常にチェックして実装前に独自のデッキ構築の構想を練って見てはいかがでしょう!(以下のリンク先を参照)
『ワンダーランド・ドリームス』新カードの情報をいち早くチェック!

エルフ新カード:「大魔法の妖精・リラ」

進化せずにフォロワーを除去しつつ居座れる体力はかなり汎用性があるカードです。

『大魔法の妖精・リラ』

コスト:3
スタッツ:1/4
クラス:エルフ
効果:【交戦時】交戦する相手のフォロワーを破壊する。その後、このフォロワーは、この交戦時能力を失う。

交戦後に能力を失うものの、1枚確実に除去した後にスタッツ1/4で場に残ることを考えるとかなり有用なフォロワーではないでしょうか。
後半にも腐り難く、エルフにはありがたいカードになりそうです。
「鉄槌の僧侶」のように体力3以下のフォロワーに対して能力が発動するカードには強い。
エルフで使われる3コスト帯には「エンシェントエルフ」「風の軍神・グリームニル」「ミニゴブリンメイジ」などがありますが、ミッドレンジエルフなどには優先的に搭載されると解説されています。

ちなみに、交戦時の能力は、ダメージを与え合う前に発動するので、進化抜きで除去しつついやらしい体力で居座ってくれるということですね。

ネクロマンサー新カード:「ダークアリス」

ニュートラルデッキに入りそうなネクロマンサーレジェンド。デッキ圧縮ができる「デュエリスト・モルディカイ」?

『ダークアリス』

コスト:7
スタッツ:5/5
クラス:ネクロマンサー
効果:【ラストワード】自分の場のネクロマンサー・カードすべてを消滅させ、《ダークアリス》1体を出す。
次の自分のターン開始時、自分の手札と自分のデッキのネクロマンサー・カードすべてを消滅させる。

これもまたニュートラルとのシナジーを狙ったカードですね。問題は破壊ではなく消滅であるところ。
低コストカードはネクロマンサーカード、高コストカードはニュートラルで固めて、中盤以降は低コストカードを消滅。デッキ圧縮に使うのが良さそうです。
「ウルズ」で増やせるあたり、「デュエリスト・モルディカイ」のようにも使えますね。

ロイヤル新カード:「若き鬼狩人・モモ」

ニュートラルが中心になってくるであろう新パック実装後の環境。この確定除去はかなり便利。

『若き鬼狩人・モモ』

コスト:3
スタッツ:2/2
クラス:ロイヤル
効果:【交戦時】交戦する相手のフォロワーの攻撃力が5以上なら、このフォロワーはターン終了まで必殺を持つ。

突進能力がつくという情報もありますが、確定情報ではないので、記載は控えます。
もし突進がついたとしたら、現在ドラゴンカードにある、「大釜の竜騎」と同じような使い方ができますね。
確定除去ができるカードが少なめのロイヤルには助かるカードなのではないでしょうか。交戦時に発動する能力なので、進化権を消費せずに高スタッツフォロワーを除去できると思えば採用率は高そう。
ミッドレンジ、コントロールに入ってくるでしょう。

まとめ

新カードパック『ワンダーランド・ドリームス』の解説をしているプレイヤーの方々の中でも、各新カードに対する評価は様々ですね。
ネクロマンサーのレジェンドカード「ダークアリス」が気持ちいいほどニュートラルカードに依存する能力ですね。始まってみないことには使い勝手を判断することはできませんが、新機軸のデッキが出来上がることは間違いないかと。

今回の個人的な高評価を与えるのなら「大魔法の妖精・リラ」でしょうか。3コストスタッツ1/4と出しやすく、生き残りやすい。しかも一体は確実に除去できる。
汎用性が高いフォロワーです。ミッド、コントロールに入りそうです。アグロでもありです。「鉄槌の僧侶」に即除去されない点も便利。

「若き鬼狩人・モモ」も汎用性が高いでしょう。スタッツは少し低めの2/2ですが、後半になっても腐らない能力なので使いやすそうです。
後半まで腐らない除去能力を持つカードはロイヤルには助け舟。

その他の新カードも紹介してらっしゃるので、今のうちにデッキ構築考察、対策を考えてみてください!

ライター: 編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク