【シャドウバース】環境の隙を突け!セラフビショップのデッキ解説

「ライトニングブラスト」は存在すること自体が、ユーザーのデッキ選択に影響を与えているという理由でナーフされました。

そのため、このカードの使用率が下がったことで、これまで使いにくかったデッキに活躍の機会が生まれました。

そこで、今回は使いやすくなったデッキの一つであるセラフビショップのデッキを解説します。

消滅される可能性が低い

「封じられし熾天使」の弱点は「ライトニングブラスト」と「オーディン」の2種類です。

今のところこの2種類だけが「封じられし熾天使」を除去することができます。

「オーディン」は現在の環境ではほとんど見かけないので、あまり気にしなくて大丈夫です。

「ライトニングブラスト」はナーフ前までは多くのドラゴンデッキに採用されていました。

しかし現在はめっきり数を減らしたため、「封じられし熾天使」の弱点は環境から姿を消しました。

環境に刺さるデッキ

このデッキの強みはビショップミラーで本領発揮を発揮できるところです。

現在のビショップの大半はイージスビショップなので、イージスがフェイスに攻撃する前に「栄光のセラフ・ラピス」の効果を発動することができます。

また、イージスビショップ程ではないですが、ヘクターネクロに対して有効なデッキです。

これらの上位デッキ二つに対して強味があるので、今後の大会での使用率に注目です。

対ヘクターネクロのポイント

イージスビショップよりも除去能力は劣るので、効率的に戦うことが重要です。

進化権や消滅効果を持つカードをむやみに使うと終盤以降厳しくなります。

特に消滅は全てラストワード持ちのフォロワーにぶつけるつもりで構いません。

とにかく盤面を取られない事が重要になるので、出来れば中盤以降はAoEを何度も使えるような状況望ましいです。

「ゾンビパーティ」や「死の祝福」があるので、割りと終盤でも強い盤面を作ってきます。

不用意に「封じられし熾天使」を置くと返しのターンで「魔将軍·ヘクター」を使ってきて一気にライフを0にされてしまう危険性もあります。

とはいえ「封じられし熾天使」を置かないと勝てないので、相手の弱い動きを見極めて使いましょう。

「骨の貴公子」を効率よく使われたら質量差で負けてしまうこともあるので、不用意に長引かせることは得策ではありません。

「封じられし熾天使」を置いた次のターンにカウントブーストカードを3回使えるようなら、対戦相手にリーサル手段があるかどうか確認するだけで大丈夫です。

対イージスビショップのポイント

先攻が絶対的に有利なので、まずは先攻を取れるように祈りましょう。

また、序盤から積極的にコンボパーツを集めましょう。

「詠唱:聖なる願い」や「プリズムプリースト」といったドローやサーチカードは必ずマリガンで残しましょう。

手札事故が怖いなら「封じられし熾天使」をマリガンでキープしても大丈夫です。

相手のキルターンまで集まらないと逆転される可能性もあるので、初手の良し悪しは非常に重要です。

また、採用されているカードの多くはイージスビショップと同じなので、セラフビショップと悟られない様なプレイングも重要です。

セラフビショップと序盤で気付かれてしまうと、「ヘヴンリーイージス」による勝つプランでは勝てないと思うでしょう。

そして、中盤で盤面を取って「ダークジャンヌ」で大ダメージを与えてくるプランに切り替えてくる可能性があります。

並べられても「テミスの審判」など返せる手段はあるとはいえ、無用なリスクは避けましょう。

セラフビショップなら後攻で十分勝てるデッキなので、使うカードは慎重に選びましょう。

デッキパワー自体は低め

セラブビショップは「ヘヴンリーイージス」のように1枚で勝負を決めるデッキではありません。

カウントブーストカードと組み合わせて本領を発揮するので、どうしてもコンボパーツをデッキに入れなければなりません。

その分強いカードを入れることができなくなってしまうので、イージスビショップやヘクターネクロより安定感は大きく劣ります。

あくまで、メタデッキとして運用することを意識しましょう。

アグロデッキには弱い

ヘクターネクロに対して有効ですが、これは例外であって、基本攻撃的なアグロデッキには不利です。

最近では疾走フォロワーが多い復讐ヴァンパイアの使用率が上がっており、不利マッチもそれなりにあります。

ビショップも、イージスではなく疾走型を使われると厳しいです。

そのため、多種多様なデッキが使われるランクマッチではあまり向かないと言えるでしょう。

トーナメントの様な使用デッキに偏りがある状況で本慮を発揮できます。

使うなら今の内

セラフビショップは現状それほど注目されていないので、対策は全くと言ってよい程されていません。

対戦相手も使われたら不運だったという位の使用率です。

今後使用率が上がって対策られると使いづらくなるので、早めに使っておくことをお勧めします。

ライター: yossy

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。