【シャドウバース】イージスビショップにはこれだ!「セラフビショップ」の特徴とデッキレシピ【デッキ紹介】

主流のビショップデッキ紹介第二弾 今回は「セラフビショップ」のご紹介をしたいと思います。ビショップは型が多く、どのようなデッキなのかは実際にターンを重ねないと分からないと思います。その中でも個人的に一番のおすすめなのがこの「セラフビショップ」です。

セラフビショップのデッキレシピ

まずは参考までにデッキレシピをご紹介します。

詠唱:聖なる願い 3枚

スネークプリースト 3枚

風の軍神・グリームニル 3枚

見習いシスター 3枚

プリズムプリースト 2枚

鉄槌の僧侶 3枚

神魔裁判所 3枚

レディアンスエンジェル 3枚

苦罰の審判者 3枚

テミスの審判 3枚

オーディン 1枚

封じられし熾天使 2枚

封じられし熾天使が2枚なのは賛否両論あると思いますが、勝利に必須なのは間違いないがアグロが多い為にできるだけ手札で腐らせたくないので2枚にしています。勿論3枚積んでもいいと思います。その場合はオーディンと入れ替えがベターかな、と思います。

セラフビショップの特徴

セラフビショップはドラゴンの弱体化、特に「ライトニングブラスト」が環境から淘汰されたことで「ネフティスネクロ」と同じように息を吹き返す形になりました。環境全体を見ても低速化したことに加え、アミュレット消滅手段もバハムート環境よりも少なくなっているのでプレイング自体もやりやすくなりました。

「イージスビショップ」との違い

①:セラフビショップは役割的には同じビショップクラスの「ヘブンリーイージスビショップ」と被る部分があります。一枚で役割を遂行できるヘブンリーイージスとは違い必要なパーツも多いですが、その分発動すれば相手の体力を減らすことなく勝利を収めることができます。

②:守りが厚く、相手の体力を削る必要がないことから全ての行動を守りに割くことができます。守りが厚いのはイージスも一緒ですが、自分の盤面を気にすることなくひたすら敵フォロワーを消滅、破壊をするだけでいいのでプレイングもやりやすいのではないでしょうか。

③:一方で、回復手段はセラフビショップと比べると減っています。8ターン時は実質スキップするのと同じなのでバーストダメージに対抗するために体力を減らすことはできません。その為、攻撃を食らうことよりも除去を優先、ダメージ自体を食らわないことを意識しなければなりません。

ピックアップカード

続いて、注目のカードを紹介します。

封じられし熾天使

レアリティ:レジェンド

セラフラピス

場に出した後、カウントダウンを進めることで勝利を得ることのできるアミュレット。いわずもがなこのデッキのキーカードです。対抗手段は数少ないアミュレットの消滅と場に置かれないように制圧することだけ。最速で9ターン目には発動できるのでコントロールタイプのパワースパイクを迎える前に勝負を決められるでしょう。

一方で勝利には絶対に必要な割に被ってしまうと手札を圧迫してしまうこと、土ウィッチや超越ウィッチ等、不利な相手にはとことん不利なので完全無欠ではないです。

治癒の祈り

レアリティ:ブロンズ

アミュレット加速といえば永続発動となる「祈りの燭台」が新パックにて実装されましたが、相変わらずこちらを採用しています。まず「詠唱:獣姫の呼び声」を採用していないので封じられし熾天使と聖なる願い以外にアミュレットを加速したいものがありません。

「詠唱:封じられし儀式」が即発動できるのは便利といえば便利なのですが、ただポンと置くだけでも十分けん制できること、5ターン目以降なら自身で発動できるのでそれほど問題ではありません。

一方、こちらの場合は回復手段をあまり積んでいないので3点回復はなかなか有難いです。緊急時には神魔裁判所も回復しつつ割れるので、確定勝利の為のみならずゲーム全体を通して使いやすいです。

詠唱:封じられし儀式

レアリティ:シルバー

骨の貴公子に対する最終兵器です!序盤は即時発動はできませんが3ターン目、もしくは4ターン目に設置しておくだけでもかなりのけん制になります。アミュレット加速手段も多い為、中盤以降は自己発動も可能です。

ただし、骨の貴公子の採用率が減ってきたこと、天敵である復讐ヴァンパイアにはまったく刺さらないので入れ替えも候補に入れる必要がありそうです。

有利な相手

①:ネクロマンサー全般は有利です。特にネフティスネクロはバーストダメージもなく、ネフティスを出されようと体力とパーツさえ揃っていれば無視して封じられし熾天使を出せばまず負けないでしょう。死神の手帳によるリッチ量産が一番辛いところですが対応できない、というほどではありません。

②:対イージスビショップに関してもほぼ負けません。1ターンの壁はあまりにも大きく、イージスビショップ側はセラフを置かれる前にゲームを決めることもできないのでサーチ手段がないオーディンを採用する必要があります。イージスミラーは先行圧倒的に有利ですが、こちらがセラフビショップならばむしろ後攻の方が有難いです。

不利な相手

①:復讐ヴァンパイアは鬼門です。回復手段が少ないことに加えて先行の復讐の悪魔に対抗手段が存在しません。カオスシップも体力3以上を採用している場合が多いのでエンシェントレオスピリットを使っても除去するのは困難でしょう。

②:秘術ウィッチと超越ウィッチはかなり厳しい相手。秘術ウィッチは変性の魔術を採用していないならむしろ勝ちやすいですが、さすがにそこを期待するのは厳しいでしょう。

超越ウィッチはゲーム時間に天井を設けているセラフビショップ側が逆に天井を設置されてしまいます。どちらのパーツが揃うのが早いかの勝負になりますが超越ウィッチに分があるでしょう。

まとめ

とにかくネクロマンサーに強いことからビショップの数が増えています。そのビショップを同じビショップで狩ってやろう、というのがこちらの「セラフビショップ」です。まだ消滅手段も少ないので、この機会にセラフビショップを使用されてはいかがでしょうか!

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます