【シャドウバース】大流行中! 今が最も旬なデッキ? 「手帳ネフティスネクロ」デッキ紹介

3種類のカードのナーフによって幕をあげた新環境、みなさんはどのようなデッキを使っているでしょうか。

環境を支配していたカードのナーフは姿を消したデッキ、相対的に強化されたデッキ、息を吹き返したデッキなど各デッキに様々な影響を及ぼしています。

もちろん影響が大きかったのはネクロマンサーおよびドラゴンのデッキです。

ここでは、そんなネクロマンサーのデッキの中でも、ナーフ後にかけて急激に勢力を伸ばしつつある「手帳ネフティスネクロ」を紹介していこうと思います。

参考デッキレシピと紹介動画

以下はあぽろ氏によるデッキ紹介動画です。

新環境とマスター帯の環境を考慮して、細かなチューンが施されています。

フォロワー

風の軍神・グリームニル 3枚
闇の従者 3枚
地獄の解放者 3枚
ウルズ 2枚
冥守の戦士・カムラ 3枚
デュエリスト・モルディカイ 3枚
ネフティス 3枚

スペル

ソウルコンバージョン3枚
消えぬ怨恨 3枚
ゾンビパーティ3枚
腐の嵐 2枚
冥府神との契約 3枚
死の祝福  3枚

アミュレット

死神の手帳 3枚

「手帳ネフティスネクロ」デッキ概要

手帳ネフティスネクロの中心となるカードは、その名の通り「死神の手帳」および「ネフティス」です。

https://shadowverse-portal.com/card/104533010

これらのカードの共通点である「場に出して破壊する効果」を最大限利用し、デッキから直接リソースを持ってくるというのがこのデッキの主戦術となります。

https://shadowverse-portal.com/card/103541010

あらゆるTCGでは、デッキから直接カードを持ってくる行為は強力とされており、当然、それはシャドウバースも例外ではありません。

しかも一度場に出てから墓地へと送るため、当然ラストワード効果は発動します。

そのため、デッキの大半は強力なラストワードを持つカードで構成されており、デッキからこれらのカードを直接引っ張り出し、リソースで相手を圧倒します。

うまくハマれば、「死神の手帳」は4/4が2体+墓地2枚、「ネフティス」に至っては4/4が2体+5/5が1体+無限復活する5/5が1体+相手のフォロワーを破壊して回復という、目を見張るマナレシオとなるのです。

マリガンとプレイング

手帳ネフティスネクロのマリガンとプレイングを紹介します。

なお、これらはあくまで基本的なマリガンとプレイングなので、デッキの改造具合や環境によってはかなり勝手が違うことに留意してください。

マリガン

低コストダメージスペルをキープします。

「闇の従者」などはキープしてもしょうがないので返してしまっていいでしょう。

相手がヴァンパイアやロイヤルである場合は、「風の軍神 グリームニル」「腐の嵐」などをキープしても構いません。

「死神の手帳」および「ネフティス」はこのデッキの核となるカードですが、相手が遅いデッキという確信を持っていない場合は交換しましょう。

ただし、2ターン目3ターン目の動きが完璧に出来ている場合、「死神の手帳」をキープしてもいいでしょう。

プレイング

序盤は相手のフォロワーをうまくさばいていきます。

ネクロマンスすれば2マナ4点となる「消えぬ怨恨」や「ゾンビパーティー」などを活用しましょう。

相手がアグロデッキの場合は「腐の嵐」でのリセットを狙います。

4ターン目までに相手のフォロワーを放置してしまうと、非常に厳しい戦いを強いられるでしょう。

4ターン目まで凌ぎきれば、あとは「死神の手帳」を設置。

その後は2ターン連続で登場する4/4フォロワーが相手に圧力をかけてくれます。

進化権は、手札のフォロワーの進化に使ってしまって構いません。

とにかく相手に盤面を制圧させないようにしましょう。

8ターン目までに相手を倒せないのなら、今度は「ネフティス」の出番です。

上述したとおり、最高のマナレシオで相手を圧倒してくれます。

たとえ相手の場に大型フォロワーが出ていても、「冥府の戦士・カムラ」のラストワードで破壊しつつ体力回復してくれるので安心です。

「ライトニングブラスト」のエンハンスが消えた今、「ネフティス」が作り出す盤面を完全に覆すことのできるリーダーはほとんどいません。

「次元の超越」による即死コンボを筆頭にした1回で大きなダメージを叩き出すコンボでなければ、ほぼ勝利は確定したと見ていいでしょう。

まとめると、このデッキの勝利パターンは「死神の手帳」による制圧と「ネフティス」による圧倒という2種類が用意されています。

どちらを狙うにせよ、盤面を無視した大ダメージコンボが苦手なので、相手の手札からたたき出されるダメージは常に計算しておきたいところですね。

デッキ改造案

「風の軍神 グリームニル」や「ウルズ」を抜いて、「死神の手帳」および「ネフティス」が確実に仕事をするようにすることが考えられるでしょう。

しかし、これらのカードはこのデッキの弱点を補強をするものなので、より強いデッキにはより強く、弱いデッキにはより弱くなってしまいます。

とはいえ、運によるカードの上ぶれ・下振れがなくなるので、運が悪いことを自認している人はこちらのほうがいいかもしれませんね。

入れ替え候補のカードは汎用除去カードや「怨嗟の声」などがあげられます。

他にも、「ネフティス」を抜いて、フォロワーを前に寄せることも考えられるでしょう。

ネフティスでのリソース回復が望めないので後半までいってしまうと息切れしがちな反面、序盤から相手を締め上げることができる上に2コストフォロワーなどを投入して事故率を減らすことができます。

どんな形に改造するにせよ、メリットデメリットがあるので、自分の周りの環境および自分の性格にあったデッキ改造をしていきたいところですね。

感想とまとめ 手帳ネフティスネクロってどう?

とにかくリソースのつきないデッキ、というのが使ってみた感想です。

納墓しかりおろかな埋葬しかり、ほぼ墓地直行であっても、デッキからカードを持ってくるカードというのは強力だということがより実感できます。

シャドウバースには中心とできるリアニメイト戦術はありませんが、気分は擬似リアニメイトを使うネクロマンサーです。

ただ、やはり消滅除去を有するビショップは面倒ですし、序盤からフォロワーを展開してくるアグロデッキも苦手な部類だと感じました。

ネフティスを採用すると、フォロワー単体の質を落としてしまいがちなので、そのあたりは取捨選択ですね。

ライトニングブラストが消えたことで流行の兆しが見えてきたものの、素早く殴り倒してくるアグロデッキなどとの関わりがどうなっていくのか、今後がとても楽しみなデッキですね。

ライター: nicole

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。