【シャドウバース(シャドバ)】「カグヤ」入り!ネクロマンサー、「ヘブンリーイージス」に対応!「陽光サタンビショップ」【ビショップデッキ】

いまだ力は衰えないネクロマンサー、「ヘブンリーイージス」ビショップを抑えるべく構築した「陽光サタンビショップ」!

公開:2017年5月28日時点 『陽光サタンビショップ』

youtuber・あぽろ氏による、「陽光サタンビショップ」デッキ紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

まず「守護の陽光」から始める「サタン」への道。

詠唱:聖なる願い(銅)×3
スネークプリースト(銅)×3
漆黒の法典(銅)×3
守護の陽光(銀)×2
風の軍神・グリームニル(金)×3
鉄槌の僧侶(銀)×3
神魔裁判所(金)×3
レディアンスエンジェル(銀)×3
エンシェントレオスピリット(銀)×2
黄金都市の墓守・ソニア(銀)×2
カグヤ(金)×1
苦罰の審判者(金)×2
テミスの審判(金)×3
大修道女(銅)×2
オーディン(虹)×2
ダークエンジェル・オリヴィエ(虹)×1
サタン(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「守護の陽光」で守りながら回復。10ターン目「サタン」まで耐える!

「守護の陽光」「サタン」をメインにすえたメンタルブレイクを、新環境にモデルチェンジしたものです。
「守護の陽光」は3枚から2枚になっています。腐ることも多いので、他のカードを引ける確率を高めるためです。

「マイニュ」を採用せずに序盤の守護が多めの構成になっています。「スネークプリースト」や「風の軍神・グリームニル」などを序盤の守護として立てて、「守護の陽光」が出てからは中型フォロワーで守護しながらフェイスを殴っていけばいいでしょう。
しかし、フェイスへの攻撃は無理に狙わず、攻撃は「サタン」に任せていきましょう。

「守護の陽光」での守護能力付与がデッキを支えているので、「サタン」だけではなく高コストフォロワーを「守護の陽光」で守護付きにしていきましょう。
「オーディン」も採用しているので、ラストワード持ちや、「ウロボロス」などの厄介な高コストフォロワー対策にもなっています。
「ダークエンジェル・オリヴィエ」でEP回復もできるので守護持ちがさらに硬く、「大修道女」で回復も望めるのでとにかくしぶとくプレイしていきます。

「バハムート」を抜いた調整をしているので、「エンシェントレオスピリット」「テミスの審判」などの全体除去カードの使い所を考えていきましょう。
「オーディン」はアミュレットの消滅用。

「ヘブンリーイージス」への対策として「カグヤ」を1枚差ししています。もし当たることがあるようなら後半までキープしておきましょう。

注目カード:「守護の陽光」の守護付与と回復で「サタン」で絶望を与える

【サタン】

コスト:10
スタック:6/6
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 自分のデッキをアポカリプスデッキにする。

「バハムート」とともに様々なデッキに採用されているフィニッシャーですね。やはりなんだかんだ言って出てしまえば強いのです。
しかし、コストが高いという欠点があり、そこまで粘らなくてはならないコントロールデッキなどは今苦境に立たされています。
今回のデッキはそんな「サタン」を最大限使いこなしてしまおうというものです。

【守護の陽光】

コスト:2
クラス:ビショップ
効果:自分の場に体力4以上のフォロワーが出るたび、それは守護 を持つ。

今回は特にそのドロー確率に注目。1枚多く積んだだけでどこまで機能するのかご注目。

【大修道女】
シャドウバース
コスト:7
スタッツ:5/5
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を5回復。

「守護の陽光」で守りを固めながら使用していきたいところです。コストは重いですが、5点回復は大きく相手の算段を崩せます。
「守護の陽光」で守護がついた大型フォロワーを回復させるのも十分相手への牽制、挑発になります。
火力が高いフォロワーが賞賛されている今、このカードでもないと回復が追いつかないことも多いです。コントロール系には入れておきたいカードです。

【カグヤ】

コスト:6
スタッツ:5/6
クラス:ビショップ
効果:ラストワード:うたかたの月1つを出す。
「うたかたの月」
カウントダウン:3
自分のターン終了時、攻撃力最大の相手のフォロワー1体の攻撃力を1にする。
(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)

ターン終了時に効果を発揮するということをお忘れなく!

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ビショップvsネクロマンサー

マリガンは「サタン」「風の軍神・グリームニル」「レディアンスエンジェル」。

こちらは「詠唱:聖なる願い」から。相手は「破魂の少女」。
3ターン目に「ボーンキマイラ」を出してくるのは前の環境と同じ流れ。
これらは「漆黒の法典」「鉄槌の僧侶」などで消滅させていきましょう。
手札にはマリガンの「サタン」ドローは除去カードが多く、これは万全の体制でプレイできているんじゃないですかね?

「骨の貴公子」を出されたので、除去され難い「黄金都市の墓守・ソニア」を出しておきます。直接攻撃以外除去されませんからね。

盤面のフォロワーが増えたところでまたも「骨の貴公子」を出された…。
「神魔裁判所」「レディアンスエンジェル」でしのいでいきます。

「魔将軍・ヘクター」で場のゾンビを強化しながら攻撃してきました。多少ダメージを負ったものの、「テミスの審判」で一気に除去。
「ゾンビパーティー」で広げても「テミスの審判」!「ファントムハウル」などで攻めてきますが、「大修道女」で回復しつつ守護を立てて堅くプレイしていきます。

その後もかなり粘られましたが、「サタン」からの「沈黙の魔将」でリーサルです。

ネクロマンサーには腰の据わった対応ができるデッキになっています。「守護の陽光」を引けませんでしたが、引けていればさらに安定して勝つことができたでしょう。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。