【シャドウバース(シャドバ)】ナーフ後新環境が始まってから9連勝!新環境初の『新・サタンドラゴン』!【ドラゴンデッキ紹介】

新しい環境に入ったばかりで早くも9連勝!「サタンドラゴン」をアレンジして「新・ドラゴンデッキ」の紹介です。

公開:2017年5月23日時点 『新・ドラゴンデッキ』

youtuber・ぺいん氏による、『新・ドラゴンデッキ』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「風読みの少年・ゼル」がむきむきになったって?じゃあ使ってやろうじゃあないか!

ブレイジングブレス(銅)×2
ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×3
竜の託宣(銅)×3
竜の伝令(銅)×2
サラマンダーブレス(金)×3
風の軍神・グリームニル(金)×2
ドラゴンナイト・アイラ(銅)×3
大鎌の竜騎(銅)×2
ウルズ(金)×2
ラハブ(金)×2
風読みの少年・ゼル(銀)×2
水竜神の巫女(虹)×3
竜の闘気(銀)×3
ウロボロス(虹)×1
サタン(虹)×3
バハムート(虹)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:ナーフ後の「サタンデッキ」の感触は悪くない!

PPブーストして「サタン」をいち早く出していく「サタンデッキ」。新環境になって以前よりも勝てるようになるはず!
昔は「竜の伝令」で「サタン」をサーチしていく流れだけになりがちでしたが、今は「ラハブ」や「水竜神の巫女」など序盤から中盤を固める優秀なフォロワーが増え、選手層がグッと厚くなりました。

「風読みの少年・ゼル」がナーフというかむきむきになったので使われなくなりそうなものですが、スタッツは悪くなかったりするので使えなくなったということでもなさそうです。

注目カード:「サタン」以外のフォロワーでも十分な火力

【サタン】

コスト:10
スタック:6/6
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 自分のデッキをアポカリプスデッキにする。

「バハムート」とともに様々なデッキに採用されているフィニッシャーですね。やはりなんだかんだ言って出てしまえば強いのです。
しかし、コストが高いという欠点があり、そこまで粘らなくてはならないコントロールデッキなどは今苦境に立たされています。
今回のデッキはそんな「サタン」を最大限使いこなしてしまおうというものです。

【ラハブ】

コスト:4
スタッツ:2/5
クラス:ドラゴン
効果:守護 自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じ数だけ攻撃力を+1する。

10PP時にこのフォロワーだけ場に出せば8/5というスタッツになるわけです。「鳳凰の庭園」と合わせたとしたら進化込みで12/5。
そうそうこのフォロワーだけで出すことはないですが…。守護持ちなのでできれば体力を増やしてくれてもよかったかもしれませんが、これは汎用性に飛んでいて使用するプレイヤーは多いと思います。

【風読みの少年・ゼル】

コスト:4
スタッツ:3/4
クラス:ドラゴン
効果:進化後
進化時覚醒状態なら、自分の他のフォロワー1体は疾走を持つ。

後述する「サハクィエル」「バハムート」「風読みの少年・ゼル」の流れが怖い。覚醒、EPという条件はありますが、ドラゴンのデッキに疾走付与。
これから彼が猛威を振るう姿が目に浮かびます。

【水竜神の巫女】

コスト:5
スタッツ:4/5
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ このターンが自分の5ターン目以降(5ターン目も含む)なら、自分のPP最大値を+1する。覚醒状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。

ターン制限があるものの、コストに見合うスタッツを持ちながら回復、PPブースト能力を持っている優秀なカード。
くれぐれもターン数を間違わないようにしましょう。5ターン目ですよ!

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsドラゴン

マリガンは「大鎌の竜騎」「竜の闘気」「ブレイジングブレス」。

「竜の託宣」がよかったですが…。3ターン目に引いてこれました。
相手は「覇食帝・カイザ」。新しい環境に入っただけにどんなデッキが来るか怖いですがワクワクしますね。
「竜の闘気」を2ターン続けて使えているのでブーストペースは上々。手札にはフィニッシャーが揃ってきているのですが、「ウルズ」がきて欲しいですね。
「水竜神の巫女」「ドラゴンナイト・アイラ」を場に出しておきます。
相手は「歴戦の傭兵・フィーナ」「ミニゴブリンメイジ」「アルティメットキャロット」。これはOTKドラゴン?

「バハムート」で全体処理をしていきますが、「バハムート」で返されませんでしたね。
「ウルズ」で「アルティメットキャロット」で手札をあふれさせようとしてますね。面白いですが意味があったのかどうか…。
「風読みの少年・ゼル」で「ウルズ」を疾走させてフォロワー除去。そして「バハムート」でフェイスへ13点!

「ドラゴンウォーリア」と「サラマンダーブレス」で「バハムート」を処理してきますが、「風読みの少年・ゼル」が生き残る!あれ?強い…。

「大鎌の竜騎」を出して「風読みの少年・ゼル」と共に殴ってリーサル!

「風読みの少年・ゼル」はナーフではないですね。使い方が変わったといったほうがいいかもしれません。確かにコンボには使い難くなりましたが、本人が強くなったのでまた違ったデッキが構築できそうです。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。