【シャドウバース】今後ナーフされるかもしれないカードを予想してみる!骨の貴公子と風詠みの少年・ゼルが高確率!

シャドウバースの中でゲームバランスの調整のために行われるカードの弱体化であるナーフ。今回は、今後のメンテナンスでナーフされる確率が高いカードを勝手に予想してみました。あくまで予想ですので、注意してください!

ナーフの対象になるカードについて

これまでナーフされたカードは4枚。そのタイミング背景について

これまで実際にナーフがされたカードは4枚存在します。他にも、使用が禁止されているカードなどは存在しますが実際にナーフの処理がされているカードはこの4枚です。

  • ミニゴブリンメイジ(ニュートラル・フォロワー)
  • 根源への回避(エルフ・スペル)
  • ルーンの貫き(ウィッチ・スペル)
  • 収穫祭(エルフ・アミュレット)

収穫祭と根源への回帰が行われたのは去年の7月から8月あたりでした。

ちょうど冥府への道とエルフを合わせた冥府エルフが流行っている時期で多くのプレイヤーがエルフを使用しており、収穫祭と冥府エルフが強すぎると判断され、エルフの一強を防ぐという意味でも初のナーフが行われました。

次にナーフが行われたのは根源への回帰。このカードを数枚利用することで対戦相手に新しいカードを引けなくするというプレイがプレイヤーに過剰なストレスを与えるというプレイ上の問題が発生したことが原因でナーフがされました。

第二弾の実装を挟んで、次にナーフされたのはミニゴブリンメイジとルーンの貫きです。同じタイミングナーフで行われたこの2枚のカードはドロシーの登場により使用率がグッと上がったウィッチとリノセウスを主軸にしたエルフの使用率を下げることが目的です。

ナーフの対象になるカードの特徴

以上のことから、ナーフの対象になるカードは以下のような特徴を持っていることが明らかになりました。

  • 大会などで極端に使用率が高いリーダーのカード
  • そのリーダーの中でも採用率がかなり高いカード
  • 先攻、後攻で有利がついてしまうカード
  • コストに見合っていない能力を持ってしまっているカード
  • プレイの際にプレイヤーに過剰なストレスを与えることのできるカード

まとめると、そのリーダーの一強状態を作り上げてしまう原因になっているカードということですね。これらを含めて、今後ナーフの可能性が高いカードについて考えていきたいと思います。

ネクロとドラゴンのカードが対象になる可能性が大!

ランクマッチをプレイしている方ならお分かりだと思いますが、現在圧倒的な人気を誇っているリーダーはネクロマンサーとドラゴンです。大会などの使用率から見てもこの2つのリーダーの使用が圧倒的になっています。

なので、この2つのリーダーのカードがナーフの対象になる可能性が高いです。では、実際にナーフの対象なることが予想できるカードを考えていきます。

ネクロは骨の貴公子が大本命!

現在のネクロの強さを作りだしている強力なカード

まず、ネクロマンサーは骨の貴公子が対象になる可能性が高いです。

どんなタイプでのデッキでも必ずと言ってもいいほど採用されており、ステータスこそ低いですが相性の良いフォロワーが多いことが特徴です。このカードによって墓地肥やし可能のなっているのでコスト以上の性能を発揮しています。

ナーフするならコストが高くなるか能力の対象が絞られる

もし、ナーフされるなら今以上にコストを高くするか、能力の対象が限定するのではないでしょうか?特に、ラストワードが付与される条件が今以上に厳しくなる可能性が高いと思います。

ドラゴンはゼルかライブラの可能性が濃厚!

現環境でネクロと同じくらい使用率の高いドラゴン。その中でナーフの対象になりやすいのは風読みの少年・ゼルかライトニングブラストだと思います。

圧倒的採用率の風読みの少年・ゼル

現在多くのプレイヤーが使用しているドラゴンのほとんどのデッキで採用されているカードですね。進化後の能力がとても強力でウロボロスや高コストのニュートラルフォロワーと組み合わせることでバーストダメージを可能にしています。

幅広いタイプのデッキに対応できるためにナーフになる可能性はかなり高いカードです。

状況によって使い分けられる強力スペルのライトニングブラスト

また、PPが10の段階で相手の場のフォロワーもアミュレットも消滅させてしまうライトニングブラストもナーフの対象になる可能性が高いカードです。エンハンスなので、状況に応じて使い分けられるというのも強力です。

ゼルは対象に制限・ライブラは10コストスペルに!

もし、ナーフさせるならゼルは対象をドラゴンに限定するかコストを上げる。ライブラは10コストにするか対象に自分のフォロワーも加えることで使いにくいカードにするのではないかと考えられます。

まとめ

今回はナーフされる対象について触れてきました。ナーフの可能性があるカードについてはあくまで予想でしかありません。ですが、運営が環境にメスをいれるのであればドラゴンとネクロマンサーのカードに何らかのナーフが入るのはほぼ間違いないのではないでしょうか?

ライター: Yuki Tanaka

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。