【シャドウバース(シャドバ)】「キャプテン・ヴァルフリート」と潜伏フォロワーを併せたら面白強い!「池田ガウェイン秀一ロイヤル」!【ロイヤルデッキ】

「キャプテン・ヴァルフリート」と潜伏フォロワーを組み合わせたらどうなるのだろう?こうなるんです!

公開:2017年5月8日 『潜伏ヴァルフリート』

youtuber・天野さとし氏によるデッキ『潜伏ヴァルフリート』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「ヴァルフリート」「セージコマンダー」に頼らなくともアグロ並みに早期決着も狙えるパワーデッキです。

クノイチエッグ(銅)×1
歴戦のランサー(銅)×3
メイドリーダー(銀)×3
渾身の一振り(銀)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
ブリッツランサー(銅)×2
フローラルフェンサー(銀)×3
レヴェオンヴァンガード・ジェノ(銀)×3
レヴィオンセイバー・アルベール(虹)×3
旋風刃(銀)×2
セージコマンダー(銀)×1
海底都市王・乙姫(虹)×3
ツバキ(虹)×2
フロントガードジェネラル(金)×2
コウガクノイチ(銀)×3
キャプテン・ヴァルフリート(金)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「キャプテン・ヴァルフリート」と潜伏フォロワー

「キャプテン・ヴァルフリート」と潜伏フォロワーを組み合わせて、「旅カエル」デッキのような強化をしていきます。
あまりみたことのないシナジーですが、うまく噛み合うのでしょうか。

しかし一番決定打となるコンボは「海底都市王・乙姫」と「キャプテン・ヴァルフリート」の併せでしょう。
潜伏フォロワーを強化できたなら「旋風刃」を使って相手の盤面を除去していく動きもアグロ対策にもなります。

とにかく盤面ではかなり強力なデッキなのでフォロワー戦になればまず負けないはずです。

注目カード:「キャプテン・リーシャ」の能力が脅威!

【キャプテン・ヴァルフリート】

コスト:8
スタック:5/5
クラス:ロイヤル
効果:ファンファーレ:自分の他のフォロワーすべてを+2/+2する。自分の兵士・フォロワーすべては守護を持つ。

「セージコマンダー」の上位互換のように使えますが、コストが高いのでなかなか活躍する機会も少ないかもしれませんが、腐ることはありません。
「海底都市王・乙姫」との相性もいいのでうまくコンボしていきたいですね。
今回は潜伏フォロワーを強化することで効率よくフェイスを殴っていきます。

【海底都市王・乙姫】

コスト:6
スタック:3/4
クラス:ロイヤル
効果:ファンファーレ 乙姫お守り隊を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)

最近はめっきり見かけなくなったカードではありますが、強力なことは変わりません。全く腐ったわけじゃないんです!
ただ他の強力なフォロワーとの連携が取りづらかったりと、何かと競合してしまったというだけです。
その展開力は無類!盤面支配なら任せろ!
「キャプテン・ヴァルフリート」「セージコマンダー」と組み合わせればもはや誰も止められない!(除去できないとは言ってない)

【旋風刃】

コスト:5
クラス:ロイヤル
効果:自分のフォロワー1体を選択する。他のフォロワーすべてに「選択したフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。

ロイヤルにとっては貴重な全体除去として活躍してくれます。潜伏系フォロワーは居座り性能があるので、起点となるフォロワーがなくなるということはあまりなく、使う機会は多いでしょう。

【コウガクノイチ】

コスト:7
スタッツ:3/3
クラス:ロイヤル
効果:潜伏
ファンファーレ 分身する。

この後に「キャプテン・ヴァルフリート」を出して強化していきたいですね。ファンファーレで2体場に出てくるので、最悪1体を使って守護を突破して、もう1体でフェイスを殴るという動きができます。

【フロントガードジェネラル】

コスト:7
スタッツ:5/6
クラス:ロイヤル
効果:守護
ラストワード フォートレスガード1体を出す。

護り切る人。守護といえばこの人。ラストワードでもう一体守護が出てくるという鉄壁っぷり。
最後の砦はこの人。あるのとないのとでは天と地ほど違います。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ロイヤルvsドラゴン

マリガンは「コウガクノイチ」「フローラルフェンサー」「メイドリーダー」。

「コウガクノイチ」が引けたのであとは「キャプテン・ヴァルフリート」がきてくれれば…!
「メイドリーダー」からサーチができるので、引いてこれるはず!

まずは「クノイチエッグ」から出していきます。そして「風の軍神・グリームニル」で守護を立てておきます。
ここまでPPブーストをしてこないということは相手のドローはよくないということでしょうか。しかし、中盤以降は猛威を振るうことが考えられます。

4ターンでここまで展開できます。全体除去されれば終わりなのですが、殴れるときは殴っていきましょう。
「メイドリーダー」を使って「キャプテン・ヴァルフリート」「海底都市王・乙姫」をサーチしておきます。

手札にはパワーカードが揃っていたので、さらに押し込むことができましたが、5ターン目で相手がリタイアです。
アグロにも負けない速さがあり、型にはまれば強い!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます