【シャドウバース】大会優勝者が衝突!「ま」選手、「ふぇぐ」選手のエキシビジョンマッチで使用したデッキを紹介!

シャドバフェスは皆さんご覧になられたでしょうか?
最新情報盛りだくさんで現地にいった方・映像で見た方問わず楽しめたと思います。

今回はそのシャドバフェスのエキシビジョンマッチで対戦された「ま」選手、「ふぇぐ」選手両名のデッキを紹介していきたいと思います。
両者共にRAGE、ファミ通CUPを優勝したシャドウバース界の頂点に立った経験をお持ちの方なので、どのようなデッキをしたのか非常に気になるところです!

「ま」選手のデッキレシピ

まずはエルフを見ていきましょう。
デッキレシピ
ベビーエルフ・メイ(3)
自然の導き(3)
フェアリーサークル(3)
リノセウス(3)
クリスタリア・リリィ(1)
森荒らしへの報い(3)
翅の輝き(1)
ミニゴブリンメイジ(3)
風の軍神・グリームニル(2)
エンシェントエルフ(3)
エルフプリンセスメイジ(3)
歴戦の傭兵・フィーナ(3)
死の舞踏(3)
ジャングルの守護者(2)
マヘス(1)
クリスタリア・エリン(3)

現環境で猛威を振るっているネクロマンサーを意識しての守護多め、マヘス採用らしいです。
個人的に気になる部分は死の舞踏の3積みですね。これはどういった意図なのか、非常に気になるところです。

続いてネクロマンサーです。
ネクロマンサー
スカルビースト(3)
スケルトンファイター(1)
ソウルコンバージョン(3)
天弓の天使・リリエル(3)
レッサーマミー(3)
シャドウリーパー(3)
破魂の少女(3)
ゾンビパーティ(3)
ボーンキマイラ(3)
骨の貴公子(3)
オルトロス(2)
ファントムハウル(2)
ケルベロス(3)
死の祝福(2)
魔将軍・ヘクター(3)

こちらはオーソドックスなタイプのミッドレンジネクロですね。
流行しているよろめく不死者を採用していません。
ただ、エルフもそうですが今回もスケルトンファイターをピン挿ししています。
ちなみにRAGEの時もエルフの少女・リザをピン挿ししていました。

ふぇぐ選手のデッキレシピ

続きまして、ふぇぐ選手のドラゴンです。
ファミ通CUPでもドラゴンを使っていましたね。
ドラゴン
※枚数が違いますが、下記が正しい枚数です。

ブレイジングブレス(2)
風読みの少年・ゼル(3)
竜の託宣(3)
サラマンダーブレス(3)
風の軍神・グリームニル(3)
ドラゴンナイト・アイラ(3)
ラハブ(3)
水竜神の巫女(3)
竜の闘気(3)
ライトニングブラスト(2)
サハクィエル(3)
ウロボロス(3)
イスラーフィール(2)
バハムート(3)
ゼウス(1)

基本的なサハクィエルドラゴンです。
ジェネシスドラゴンと比べるとゼウスの方が2点少ない分、ネクロマンサーを意識して守護を持っているゼウスを採用したそうです。
大鎌の竜騎を採用せずにドラゴンナイト・アイラが3積みですね。

続いてエルフです。
エルフ
ベビーエルフ・メイ(3)
自然の導き(3)
フェアリーサークル(3)
リノセウス(3)
クリスタリア・リリィ(3)
森荒らしへの報い(3)
ミニゴブリンメイジ(3)
風の軍神・グリームニル(3)
エンシェントエルフ(3)
エルフプリンセスメイジ(3)
歴戦の傭兵・フィーナ(3)
ジャングルの守護者(2)
マヘス(1)
クリスタリア・エリン(3)
エルフクイーン(1)

こちらもエルフです。
ジャングルの守護者でドラゴン対策、マヘスでネクロマンサー対策だそうです。
ま選手はエルフクイーンを入れていませんでしたが、ネクロ対策を強化するために採用しています。

両選手採用のエルフとは

やはり気になるのは両選手共にエルフを持ってきた、というところです!
両者共にマヘスを採用しており、以前の記事でご紹介したJCG優勝のエルフに似通った部分は存在します。

【シャドウバース】JCG優勝で注目されたエルフ!これからのエルフをチェックしよう


※JCG優勝エルフの記事はこちらです。

ただ、森の意思を採用していなかったりエルフクイーン・死の舞踏を採用していたりと明確にターゲットを決めているように感じます。
「ま」選手の場合はドラゴンに対して先手を取って勝負を決める、「ふぇぐ」選手の場合はネクロに粘り勝つという風でしょうか?
今後、RAGEの予選が控えているので構築は変わっていくと思いますが、エルフはこれからの注目株になりそうです。

気になる勝負の結果は?

試合はBO3で行われ、ネクロマンサー対ドラゴン、エルフ対エルフのマッチアップとなりました。
初戦は「ま」選手のネクロマンサーがシャドウリーパーを有効活用し、勝利しました。
さすがのプレイングスキルとしかいいようがありません。
2戦目も序盤は「ふぇぐ」選手が押していましたが、後半に差し掛かるところで死の舞踏を採用していたことがここで生きて、形成逆転。
ジャングルの守護者で削り、そして最後はリノセウスでフィニッシュして「ま」選手の2:0で勝利となりました。

この二人は5月21日に開催される日本対韓国の大会にも出場されるので、今後もどのようなクラスを使うのか、どのようなデッキを使用するのか注目です!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます