【シャドウバース(シャドバ)】「黒死の仮面」と「エリニュス」が大活躍!「復讐のエリニュスヴァンパイア」【ヴァンパイアデッキ】

復讐後も「黒死の仮面」で耐久力を確保しながら、「エリニュス」でフェイス、フォロワー両方にダメージ!「復讐のエリニュスヴァンパイア」!

公開:2017年5月6日 『復讐のエリニュスヴァンパイア』デッキレシピ

youtuber・らーら氏によるデッキ『復讐のエリニュスヴァンパイア』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「黒死の仮面」の利便さと「エリニュス」と復讐能力が結構ハマる!

ブラッドウルフ(銅)×3
レヴィオンデューク・ユリウス(銅)×3
糸蜘蛛の悪魔(銅)×3
血の取引(銅)×3
鋭利な一裂き(銅)×3
黒死の仮面(銀)×3
サキュバス(銅)×3
復讐の悪魔(銀)×3
ダークジェネラル(銅)×3
ソウルディーラー(虹)×2
ベルフェゴール(虹)×3
エリニュス(金)×3
カオスシップ(銀)×3
ディアボリックドレイン(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「黒死の仮面」で「ソウルディーラー」「ベルフェゴール」を活用

バランスの良いミッドレンジヴァンパイアデッキのご紹介です。
自傷しながら「エリニュス」で除去、ダメージの蓄積をしていき、復讐で攻勢に出ます。
とにかく自傷カードが多いので、「黒死の仮面」で守りながら運用していきましょう。「ソウルディーラー」「ベルフェゴール」「鋭利な一裂き」などと合わせて使っていくのが強力!
それでもダメージは受けることになると思うので、その際は「サキュバス」「エリニュス」で盤面除去やフェイスにダメージを与えていきます。

「カオスシップ」で「ブラッドウルフ」「糸蜘蛛の悪魔」を出して一気に相手の体力を削っていきます。

注目カード:「黒死の仮面」の使い方次第

【カオスシップ】

コスト:5
スタック:3/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ コスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す。

攻撃力はないですが、何と言っても優秀な2コスト帯のフォロワーをサーチできるのは優秀です。しかも直接場に出せるという便利さ。
復讐状態であれば実質スタッツはかなり高くなります。
「ブラッドウルフ」の自傷能力も発動せずに場に出せるのは強い!

【黒死の仮面】

コスト:2
クラス:ヴァンパイア
効果:カウントダウン5
自分のリーダーがダメージを受けるなら、そのダメージを0まで減らし、このカードのカウントダウンを減らしたダメージと同じだけ進める。
(自分の場に2枚以上《黒死の仮面》があるなら、減らしたダメージと同じだけ、それぞれカウントダウンを進める)

自傷ダメージを肩代わりしてもらいます。
「ベルフェゴール」などを使う場合ノーリスクで場に出すこともできます。「ブラッドムーン」でいいじゃないかとか言わない。

【エリニュス】

コスト:5
スタッツ:3/5
クラス:ヴァンパイア
効果:自分のターン終了時、自分のリーダーの体力が相手より少ないなら、相手のリーダーとランダムな相手のフォロワー1体に各2ダメージ。

確かに2点ダメージをフォロワー、リーダーに与えられるのは強いのですが、コストに見合っていないのが痛い。それでも体力が5あるのは大きいです。
居座れば居座っただけ効果は大きいですが、そうなれば相手は除去せざるを得ない状況でもあるので進化させて手番を消費させるのもありかもしれません。

【レヴィオンデューク・ユリウス】

コスト:2
スタッツ:1/3
クラス:ヴァンパイア
効果:相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

2コストで1/3スタッツ。序盤は交換しにくいのが大きいですね。場にフォロワーが出ただけでフェイスにダメージが入るのは便利。
「吸血鬼ヴァンピィ」と並べながら使うと相手はチクチクと刺されて嫌なはずです。真っ先に除去したいフォロワーなので、時間稼ぎにも使えます。
解説されてますが、超越がこのまま増えていくようならば、「ブラッドウルフ」と交換して、速さを高めると早い段階でフェイスダメージを稼げます。
序盤、アグロ相手の足止めにはもってこい。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsヴァンパイア

マリガンは「サキュバス」「カオスシップ」「ブラッドウルフ」。

相手は「ベルエンジェル」を出してきましたね。ヴァンパイアリーダーでは珍しいですが、どういったデッキなのでしょうか。
「復讐の悪魔」から「眷属の召喚」と、場にフォロワーを並べてきました。
こちらは「糸蜘蛛の悪魔」を2枚。「ベルフェゴール」で復讐状態になりながら「ディアボリックドレイン」で除去と回復をしていきます。


「カオスシップ」で展開してきたので、こちらとほぼ同じタイプのデッキですね。
しかし、「糸蜘蛛の悪魔」の守護がいい仕事をしてくれています。体力が4というのは思っているより除去しにくいですからね。
「復讐の悪魔」「黒死の仮面」で攻めていきます。リーダーの体力はこちらが低いので、「エリニュス」の能力でフェイス、フォロワー両方にダメージを飛ばします。

「黒死の仮面」を利用して「ソウルディーラー」を出します。そしてさらに「黒死の仮面」からの「鋭利な一裂き」!
「カオスシップ」で「ブラッドウルフ」を2枚、続けて「ダークジェネラル」を出していきます。

そして一気に攻撃したところで相手はリタイアです。「黒死の仮面」強い!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます