【シャドウバース(シャドバ)】帰ってきたぜ!「海底都市王・乙姫」が大活躍する「新・冥府ロイヤル」!【ロイヤルデッキ】

「海底都市王・乙姫」と「冥府への道」のコラボレーション!「新・冥府ロイヤル」!

公開:2017年5月3日 『新・冥府ロイヤル』

youtuber・しいないつき氏によるデッキ『新・冥府ロイヤル』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

4ターン目「円卓の騎士・ガウェイン」から始まる超猛攻!

新たなる運命(金)×2
オースレスナイト(銅)×3
歴戦のランサー(銅)×3
渾身の一振り(銀)×3
覇食帝・カイザ(銀)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
ホワイトパラディン(金)×3
冥府への道(金)×2
フローラルフェンサー(銀)×3
レヴィオンセイバー・アルベール(虹)×3
ルミナスエイジ(銀)×3
海底都市王・乙姫(虹)×2
ツバキ(虹)×2
アルビダの号令(金)×3
フロントガードジェネラル(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「冥府への道」前に「海底都市王・乙姫」を活躍させるデッキ!

今回紹介させていただく、冥府ロイヤルは展開力のあるフォロワーを使って「冥府への道」を発動していきます。
「冥府への道」のガソリンとして、純粋にパワーがある「海底都市王・乙姫」が筆頭になって、「ホワイトパラディン」「フォローラルフェンサー」と続きます。
というより、フォロワーは「レヴィオンセイバー・アルベール」「風の軍神・グリームニル」「ツバキ」は除去要員、そのほかはほぼ何かしらのトークンが発生するフォロワーになっています。

「新たなる運命」は足らない墓場を埋めるという形で使っていきましょう。
「冥府への道」が発動する前に勝負がつくことも多いくらい完成度は高いデッキだと思います。

注目カード:「新たなる運命」は最後の詰めとして使う

【新たなる運命】

コスト:4
クラス:ニュートラル
効果:手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につきカードを1枚引く。

普段は「冥府への道」の相方として活躍しています。ディスカードデッキにも相性がいいです。
このデッキでは重要な役割になるので、マリガンでは手元にキープしましょう。
ドローカードが豊富な分、被ってしまうこともありますが、その時はその時で諦めも大事。しかし、一度の「荒牙の竜少女」コンボでも大ダメージになるので、そのまま勝ててしまうこともあります。

【冥府への道】

コスト:4
クラス:ニュートラル
効果:自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。

昔は各リーダーごとに流行っていたカードですが、ここ最近は大人しくなっていました。
しかし、時代は回る!今だからこそ「冥府の道」が生きるのではないでしょうか。

【海底都市王・乙姫】

コスト:6
スタック:3/4
クラス:ロイヤル
効果:ファンファーレ 乙姫お守り隊を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)

最近はめっきり見かけなくなったカードではありますが、強力なことは変わりません。全く腐ったわけじゃないんです!
ただ他の強力なフォロワーとの連携が取りづらかったりと、何かと競合してしまったというだけです。
その展開力は無類!盤面支配なら任せろ!「お守り隊」をうまく強化できればあっという間にリーサルだ!
強いんです!新環境こそは返り咲いてみせる!!!

【覇食帝・カイザ】

コスト:3
スタッツ:2/2
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ アルティメットキャロット1枚を手札に加える。

ディスカードデッキには最適のフォロワーです。
デッキの枯渇も予防でき、手札を維持することに関しては便利です。
常に場にフォロワーを出しておける強さもあります。
序盤の場に厚みを与えてくれます。手札切れを緩和してくれるカードなので、縁の下の力持ちになってくれるはず。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ロイヤルvsネクロマンサー

マリガンは「オースレスナイト」「ホワイトパラディン」「レヴィオンセイバー・アルベール」。

「渾身の一振り」で除去しつつ「ナイト」を展開。
盤面を除去するように動いていけば、自ずと墓場は溜まっていきます。

3ターン目に「覇食帝・カイザ」を出して「アルティメット・キャロット」で墓場を増やしていきます。
盤面もキープできるので「冥府への道」と相性がいいですね。

「骨の貴公子」をフル活用されてしまいましたが、順調に交換していけばこちらも助かりますね。
「ホワイトパラディン」も出して守護を生かして交換していきます。

手札のハンドアドバンテージを捨てて、一気にフォロワーを展開してきました。多少のダメージを受けてしまいましたが、手札を見る限り問題はないでしょう。
相手は「魔将軍・ヘクター」を残しているようですが…。
このまま相手のドローが進まなければ決着してしまいそうですね。

やはり出てきましたね。
ギリギリ体力が1点残りました。ここからどう戦うのか。
「ルミナスメイジ」を出して進化を活用しながら除去していきます。こういう場面は「フロントガードジェネラル」があるかないかで勝率が変わってきます。

そのまま、「レヴィオンセイバー・アルベール」を出したところで相手がリタイアです。
「冥府への道」を出さずに勝てましたね。

除去系のカードがドローできなかったためダメージをためてしまいましたが、うまく回ればもっと楽に勝てたかもしれませんね。
「旋風刃」くらいあってもいいかも。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます