【シャドウバース(シャドバ)】今環境のアグロ勢に殴り込めるヴァンパイア!「第三勢力アグロヴァンプ」【ヴァンパイアデッキ】

基本のアグロヴァンパイアを新カードで強化した「第三勢力アグロヴァンプ」!伝統のアグロヴァンパイアは健在ということを見せてくれます!

公開:2017年5月2日 『第三勢力アグロヴァンプ』デッキレシピ

youtuber・oRutaRa氏によるデッキ『第三勢力アグロヴァンプ』の紹介です!

デッキレシピ

「吸血鬼の古城」「吸血姫・ヴァンピィ」「眷属の召喚」が大活躍!

蠢く死霊(銅)×3
呪剣の吸血鬼(銀)×3
ブラッドウルフ(銅)×3
吸血姫・ヴァンピィ(金)×3
レヴィオンデューク・ユリウス(銅)×3
鋭利な一裂き(銅)×3
眷属の召喚(銅)×3
群れなす飢餓(銀)×2
吸血鬼の古城(金)×3
御言葉の天使(銅)×2
吸血貴・ヴァイト(銀)×3
デモンストライク(銅)×1
夜の群れ(銀)×3
死の舞踏(銅)×1
インプランサー(銅)×2
ソウルドミネーター(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:低コストながらも一線で戦えるアグロヴァンプ

まずはレジェンドがないことが特徴です。しかし十分に戦っていけるスペックを持ったデッキです。
高コスト帯カードの枚数が少ないですが、アグロデッキなので、メインはあくまで低コストフォロワー。
「吸血姫・ヴァンピィ」からの「眷属の召喚」や、「レヴィオンデューク・ユリウス」などを活用していきましょう。
今でも「吸血姫・ヴァンピィ」「眷属の召喚」「吸血鬼の古城」は今でも十分強い!
復讐にはそれほど頼らない構成なので、体力の調整で苦労することは少ないはず。

フィニッシャーは「インプランサー」「ソウルドミネーター」あたりになります。「フォレストバット」を多用するので、「ソウルドミネーター」を強化する機会が多いです。
しかし使用感からいうと、「ソウルドミネーター」は抜いて他のカードを採用してもいいとのこと。

環境を見ながら「デモンストライク」や「カオスシップ」を入れて言ってもいいかもしれません。
「カオスシップ」でサーチをするような構成にしても面白いかも。

注目カード:「吸血姫ヴァンピィ」「レヴィオンデューク・ユリウス」で蜂のように刺す!

【吸血姫ヴァンピィ】

コスト:2
スタッツ:1/3
クラス:ヴァンパイア
効果:自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
進化時:フォレストバット1体を出す。
自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

ヴァンパイアカードのヒロイン的な活躍を見せてくれる収集な低コストフォロワー。
以前からアグロデッキでなくとも採用されてきたカードですが、最近は外されることも増えてしまって寂しい。
それでも強力なカードには違いありません!

【吸血鬼の古城】

コスト:2
クラス:ヴァンパイア
効果:自分の場にフォレストバットがいる状態で自分のターンを終了したなら、さらに1体出す。
自分の場にフォレストバットを含めてカードが4枚ある状態で自分のターンを終了したなら、さらに1体出し、相手のリーダーに「自分の場のフォレストバットの数」と同じダメージを与え、このアミュレットを破壊する。

あぽろ氏も進めていますが、このカードは今の環境でも十分強い!
ただ、「吸血鬼の古城」を含めたコンボに慣れていないと、なかなか能力を使いこなせないので要練習。

【レヴィオンデューク・ユリウス】

コスト:2
スタッツ:1/3
クラス:ヴァンパイア
効果:相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

2コストで1/3スタッツ。序盤は交換しにくいのが大きいですね。場にフォロワーが出ただけでフェイスにダメージが入るのは便利。
「吸血鬼ヴァンピィ」と並べながら使うと相手はチクチクと刺されて嫌なはずです。真っ先に除去したいフォロワーなので、時間稼ぎにも使えます。
解説されてますが、超越がこのまま増えていくようならば、「ブラッドウルフ」と交換して、速さを高めると早い段階でフェイスダメージを稼げます。
序盤、アグロ相手の足止めにはもってこい。

【ソウルドミネーター】

コスト:7
スタッツ:4/6
クラス:ヴァンパイア
効果:疾走
他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+0する。

「シャドウリーパー」のような能力を持っていますが、潜伏ができないので、高い体力で耐えて強化していきます。
しかし一番使うことになるのは、進化込みの疾走6点ダメージです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsドラゴン

マリガンは「眷属の召喚」「群れなす飢餓」「吸血貴・ヴァイト」。

アグロを謳うだけあって、1コストフォロワーを引いておきたいところでしたが、そううまくはいかなかったですね。
まずは「眷属の召喚」から。
相手は「ファイアーリザード」「エンジェルスナイプ」。最近では採用することがあまりないカードですね。
「吸血貴・ヴァイト」「吸血鬼の古城」「群れなす飢餓」。

「ブラッドウルフ」「呪剣の吸血鬼」なども出して早々に畳み掛けていきます。

どうも何を狙っているのかわからない…。と思ったら「竜爪の首飾り」が出てきました。
竜爪ドラゴンでしたか。

しかしもう遅い、「インプランサー」からの「吸血鬼の古城」発動。相手の体力はあと2点。
「ラースドレイク」で全体除去してきますが、「死の舞踏」の2点ダメージでフィニッシュです。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます