【シャドウバース(シャドバ)】「僧侶の聖水」「ダークエンジェル・オリヴィエ」を搭載するだけでこんなに回転する!「回復軸イージス」【ビショップデッキ】

「ヘブンリーイージス」に頼り切ったデッキにはしないことで多少柔軟なデッキになっています。「ダークエンジェル・オリヴィエ」がいい仕事をする!

公開:2017年4月26日時点 『回復軸イージス』

youtuber・ぱりん氏による、「回復軸イージス」デッキ解説プレイです!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

即死さえしなければ、驚異の耐久力を誇ります!
悩み抜いたイージスビショップデッキ

詠唱:聖なる願い(銅)×3
ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×3
スネークプリースト(銅)×2
漆黒の法典(銅)×3
僧侶の聖水(銅)×2
風の軍神・グリームニル(金)×3
プリズムプリースト(銀)×3
鉄槌の僧侶(銀)×3
神魔裁判所(金)×3
レディアンスエンジェル(銀)×2
エンシェントレオスピリット(銀)×2
苦罰の審判者(金)×2
テミスの審判(金)×3
大修道女(銅)×2
ダークエンジェル・オリヴィエ(虹)×2
ヘブンリーイージス(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「ヘブンリーイージス」に頼らずに勝つ

「ダークエンジェル・オリヴィエ」があることで、プレイングに安定感が出ています。
進化を活用して「ヘブンリーイージス」に頼らないで試合を終わらせるつもりでプレイ。
相手のリーサルコンボなどを耐え切った後、「大修道女」「レディアンスエンジェル」が多く積んであることでかなりしぶとい構成になっています。

「詠唱:獣姫の呼び声」が入っていませんが、代わりに「僧侶の聖水」を搭載することで、デッキの回転率がかなり向上しています。この方が安定するそうです。

「ヘブンリーイージス」の極端に高い防御能力は自身に対してのもの。試合中追い詰められたからといって焦って場に出すとテンポロスになって負けてしまうので気をつけましょう。このカードは攻めのカードです。

注目カード:「ダークエンジェル・オリヴィエ」のEP回復、体力回復カードが最後の壁

【ダークエンジェル・オリヴィエ】
「ダークエンジェル・オリヴィエ」の安定感
コスト:9
スタッツ:4/4
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 自分のEPを3ポイントにする。

このカードがデッキに安定感をもたらしています。

【僧侶の聖水】
「僧侶の聖水」でドローを回す
コスト:2
クラス:ビショップ
効果:自分のリーダーか自分のフォロワー1体を2回復。カードを1枚引く。

このカードがあることでデッキの回転率がまったく違う!「詠唱:聖なる願い」と併せてかなり回しやすくなりました。

【ヘヴンリーイージス】

コスト:9
スタッツ:8/8
クラス:ビショップ
効果:このフォロワーへのダメージは0になる。このフォロワーは、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない。

その能力を見ただけでため息が出るほどの防御能力。守護は付いていないもののどうやって除去しろと…。
しかもこの高スタッツ。

【大修道女】
シャドウバース
コスト:7
スタッツ:5/5
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を5回復。

「守護の陽光」で守りを固めながら使用していきたいところです。コストは重いですが、5点回復は大きく相手の算段を崩せます。
「守護の陽光」で守護がついた大型フォロワーを回復させるのも十分相手への牽制、挑発になります。
火力が高いフォロワーが賞賛されている今、このカードでもないと回復が追いつかないことも多いです。コントロール系には入れておきたいカードです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ビショップvsネクロマンサー

マリガンは「詠唱:聖なる願い」「神魔裁判所」「ユニコーンの護り手・ユニコ」。
「詠唱:聖なる願い」「ユニコーンの護り手・ユニコ」がマリガンで取れると安心感がありますね。
マリガンで「詠唱:聖なる願い」があると安心
まずは「詠唱:聖なる願い」「ユニコーンの護り手・ユニコ」。鉄板ですね。
「ユニコーンの護り手・ユニコ」と「詠唱:聖なる願い」が2枚づつのアグロ殺し
「ユニコーンの護り手・ユニコ」と「詠唱:聖なる願い」がに2枚づつ場にある!これはアグロは嫌なムーブですね。
ラストワード持ちを「漆黒の法典」や「神魔裁判所」で消滅させていく動きもネクロ相手には刺さるので、有利にことを運んでいけます。

こちらの場にフォロワーがない状態で「シャドウリーパー」を出されたので、「テミスの審判」で除去していきます。
さらに盤面を埋められてしまったのでもう一枚「テミスの審判」!

「ケルベロス」を連続で出されて、「ミミ」「ココ」を2セットスタックされているのが怖いですね。
「大修道女」の回復、高スタッツが便利
9ターン目「ヘブンリーイージス」も出せますが、手札には回復系カードが多いので、ここは手堅く「大修道女」。
次のターン「ミミ」「ココ」乱舞で一気に体力を削られてしまいました。これは危なかった。やはり少しでも迷ったら回復するのが安定しますね。
「骨の貴公子」でラストワード持ちが増えてしまったので、場に出ていた「大修道女」で除去、ラストワードを発動させておいて、「風の軍神・グリームニル」で一斉除去。
「死の祝福」で守護を固められましたが、こういうときにも「僧侶の聖水」が便利。ドローしながら除去していきます。
相手の手札は枯渇しているのに、ドロー運が強いのか、「魔将軍・ヘクター」が出てきてしまいました…!
「テミスの審判」が大活躍
ここはラストの「テミスの審判」で除去。「テミスの審判」大活躍ですね。

粘りに粘って相手のリタイアまで持っていきました!これはしぶといデッキですね。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます