【シャドウバース(シャドバ)】「骸の王」の速さとそれをフォローする「魔将軍・ヘクター」「王と将軍ネクロ」【ネクロマンサーデッキ紹介】

「氷づけの巨象」「彷徨の詩人・エルタ」「骸の王」コンボ!ノーリスク「骸の王」が恐ろしい盤面を作り上げる!「王と象ネクロ」の紹介!

公開:2017年4月26日 『王と将軍ネクロ』


*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

youtuver・あぽろ氏による「王と象ネクロ」!
「骸の王」「魔将軍・ヘクター」を中心にしたデッキ

スカルビースト(銅)×3
スケルトンファイター(銀)×3
ソウルコンバージョン(銅)×3
彷徨の詩人・エルタ(銀)×3
スパルトイサージェント(銅)×3
よろめく不死者(銅)×2
破魂の少女(金)×3
氷づけの巨象(銀)×2
ボーンキマイラ(銀)×2
骨の貴公子(銀)×3
怨嗟の声(銅)×3
ファントムハウル(金)×3
ケリドウェン(金)×2
魔将軍・ヘクター(虹)×2
骸の王(虹)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「骸の王」の尻拭いは「魔将軍・ヘクター」にお任せ

「魔将軍・ヘクター」「骸の王」をメインにすえネクロたデッキです。
「彷徨の詩人・エルタ」を使った後に「骸の王」を場に出すと、生贄いらずで召喚できるという珍しいムーブができるのでおすすめ。

「氷づけの巨象」を「骸の王」で破壊しても「インペリアルマンモス」は召喚されるので、活用してもいいかもしれません。「ケリドウェン」で「骸の王」を召喚したところで「氷づけの巨象」は破壊されないので、プレイングミスに気をつけましょう。

「骨の貴公子」はラストワードを付与して「スケルトン」が場に出るので「骸の王」の生贄作りに便利です。

「魔将軍・ヘクター」は後半ゲームを安定させるための抑えのように使うことが多いでしょう。

注目カード:「骸の王」「ケリドウェン」のコンボがやはり強力

【魔将軍・ヘクター】

コスト:7
スタッツ:5/6
クラス:ネクロマンサー
効果:ファンファーレ 場が上限枚数になるまで「ネクロマンス3:ゾンビ1体を出す」をくり返す。その後、ターン終了まで自分のほかのフォロワーすべては攻撃力が+2されて、突進を持つ

コストは高いものの、ネクロマンスさえ用意できてしまえば恐ろしい軍団が出来上がります。

【骸の王】

コスト:9
スタッツ:8/8
クラス:ネクロマンサー
効果:自分の場にカードが4枚あるなら、このフォロワーのコストは0になり、ファンファーレ 自分の他のカードすべてを破壊する。を持つ。

条件自体はかなりきついものがあるのですが、前半でこのフォロワーがでたら一気にリーダーにダメージを与えられます。
しかし除去カードも多い環境なので、絶対ではありませんが、進化して殴れば10点ですからね。
「ファントムハウル」と組み合わせて場に出すのが一番コストは低く済むのですが、最近では「ファントムハウル」は火力に回した方が有用なのでイマイチ使い所に困るフォロワーになってしまっています。
今回のデッキでは様々なバリエーションをとって召喚できます。

【氷づけの巨象】

コスト:3
クラス:ニュートラル
効果:自分が元のコスト7以上のフォロワーをプレイしたとき、このアミュレットを破壊する。
ラストワード インペリアルマンモス1体を出す。

コスト3、スタッツ6/7のフォロワーを展開できますが、結局コスト7以上のフォロワーをプレイしなければならないのは痛い。

【彷徨の詩人・エルタ】

コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:ニュートラル
効果:進化時 お互いのリーダーは「ファンファーレ 能力を働かせることができない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。

相手のデッキタイプをいち早く特定できれば、この能力を発動させるタイミングは自ずとわかってくるでしょう。
ゲームをこなした経験がそのままこのカードの強さに反映される玄人好みなフォロワーです。
「骸の王」をノーリスクで出せるというので編入したそうです。

【ファントムハウル】

コスト:2
スタッツ:1/1
クラス:ネクロマンサー
効果:場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 1; ゴースト1体を出す」をくり返す。
(上限は5体)

ゴーストをインスタントに使い捨てて生贄にしたり、単純に即火力になるという時点で、アグロネクロでは重要度が高いですね。
緊急回避用としても活躍してくれる万能選手です。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ネクロマンサーvsドラゴン

マリガンは「骨の貴公子」「破魂の少女」「彷徨の詩人・エルタ」。
「彷徨の詩人・エルタ」を替えたら「彷徨の詩人・エルタ」がきた…。
「彷徨の詩人・エルタ」がしつこいマリガン
まず「破魂の少女」を置いておきます。相手は「シャドウリーパー」も出してきましたね。
「怨嗟の声」からの「骸の王」
早々に「怨嗟の声」からの「骸の王」!4ターン召喚がお約束ですね。
事前に「骨の貴公子」を出しておけば、生贄にしてからラストワードで盤面を埋められます。
相手は必死に除去してきます。…が、「ケリドウェン」!
「骸の王」がうまく回れば早期決着!
「骸の王」「ケリドウェン」を並べたところで相手がリタイアです。

これはうまく回った結果ですが、そうでない場合は「魔将軍・ヘクター」でフォローしていきましょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます