【シャドウバース(シャドバ)】「血餓の女帝」で削る?「ソウルディーラー」「デモンコマンダー・ラウラ」で疾走?「復讐疾走ヴァンパイア」【ヴァンパイアデッキ】

「デモンコマンダー・ラウラ」で「復讐の悪魔」「ソウルディーラー」などを疾走にしてぶん殴る!多く見かけるアグロにも「血餓の女帝」が刺さる!

公開:2017年4月21日 『復讐疾走ヴァンパイア』デッキレシピ

youtuber・ダンジュウロウ氏によるデッキ『復讐疾走ヴァンパイア』の紹介です!

デッキレシピ

「血餓の女帝」を入れることでダメージソースが増えて疾走が活きる!

ブラッドウルフ(銅)×3
糸蜘蛛の悪魔(銅)×3
鋭利な一裂き(銅)×3
眷属の召喚(銅)×2
鮮血の口付け(銅)×2
群れなす飢餓(銀)×3
サキュバス(銅)×3
復讐の悪魔(銀)×3
デモンコマンダー・ラウラ(金)×2
ダークジェネラル(銅)×3
ソウルディーラー(虹)×2
ベルフェゴール(虹)×3
カオスシップ(銀)×3
ディアボリックドレイン(金)×3
血餓の女帝(虹)×2

*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「鋭利な一裂き」「ブラッドウルフ」などで自爆しないように

「カオスシップ」で「ブラッドウルフ」「糸蜘蛛の悪魔」をサーチするムーブが強い!
さらに「血餓の女帝」を搭載することで、継続的なダメージソースを確保でき、あわよくばそのままリーサルも狙えます。

復讐デッキなので、4ターン目で「ベルフェゴール」を出して復讐状態になりましょう。その後の「ダークジェネラル」「復讐の悪魔」などを使ってダメージを稼ぎましょう。

アグロネクロが環境には多いので、「群れなす飢餓」などが除去として強力です。同じく「血餓の女帝」も全体除去、おまけにリーダーにダメージを飛ばせるので、重宝するはずです。

注目カードアグロ環境では「血餓の女帝」でかなりダメージが稼げる

【カオスシップ】

コスト:5
スタック:3/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ コスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す。

攻撃力はないですが、何と言っても優秀な2コスト帯のフォロワーをサーチできるのは優秀です。しかも直接場に出せるという便利さ。
復讐状態であれば実質スタッツはかなり高くなります。
「ブラッドウルフ」の自傷能力も発動せずに場に出せるのは強い!

【デモンコマンダー・ラウラ】

コスト:3
スタッツ:2/2
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 復讐状態なら、自分の他のフォロワー1体は疾走を持つ。

「ソウルディーラー」や「復讐の悪魔」など、スタッツの高いフォロワーに疾走を付与してフェイスを殴っていきましょう。

【ワードローブレイダー】

コスト:5
スタッツ:3/4
クラス:ニュートラル
効果:進化時 相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。

スタッツが高いわけではないですが、ダメージ、回復を両立できる優秀なフォロワー。
体力が4というのも多少除去しにくいところ。

【血餓の女帝】
コスト:7
スタッツ:4/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
相手のフォロワーが破壊されるたび、相手のリーダーに1ダメージ。

純粋に横に並べられたフォロワーを除去し、さらにフェイスにダメージを入れられるカードが弱いわけはないですね。
コストが重いことさえなければ…。しかし、コントロールなのでこのコスト帯が出せるまで粘るのが大事なので、序盤中盤は除去をちゃんとしていきましょう。

【セクシーヴァンパイア】

コスト:9
スタッツ:5/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に5ダメージ。自分のリーダーを5回復。

字面はあっさりとしたテキストですが、その効果は大きいです。その局面にがっちり合えば10点の体力差をつけることができる強力なカードです。
盤面が余程制圧されてでもいない限りは相手にとっては戦意を削ぐには十分なメンタルアタックにもなります。
コストが高いことも考慮して、使用のタイミングは慎重に。
単純に5点ダメージを飛ばせるというだけで十分な強さです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsエルフ

マリガンは「カオスシップ」「ベルフェゴール」「ソウルディーラー」

重要なフォロワーはきましたが、序盤きつそうです。
4ターン目、復讐のお約束「ベルフェゴール」。ここまで相手も大きな動きはなし。エルフですが足が遅いですね。
ここから相手も「エルフプリンセスメイジ」「エンシェントエルフ」を並べてきました。

「カオスシップ」から「ブラッドウルフ」「糸蜘蛛の悪魔」。これが何より強い。
中盤は「カオスシップ」を中心でプレイング。
相手は「マナエルク」。これからフェアリーを展開してくる雰囲気。
こういった場面は「群れなす飢餓」が刺さります。
7ターン目「ソウルディーラー」を「デモンコマンダー・ラウラ」で疾走を付与してフェイスへアタック。
これでリーサルです!

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード

下に続きます