【シャドウバース】初心者向けニュートラルカード講座!ゼウスなどの新カードも紹介!

今回は初心者向けにニュートラルカードについてをまとめていきたいと思います。

特徴やこれまでのカードの中でのおすすめカード、『神々の騒嵐』の注目カードを紹介していきます。

特にリーダーのクラスカードのみを使った純粋なデッキを使っている方は参考にして下さい。

ニュートラルの特徴とは?

様々なクラスの中で唯一各クラスのデッキに使用できる汎用型のクラスがニュートラルです。

他のクラスのようなリーダーや固有の能力が存在しないクラスになります。

「かけよっスレイプニル!!」

なので純粋なニュートラルのデッキはありませんが、他のクラスのデッキに加えることで、他のクラスに足りない部分を補うことができます。

ただ補うだけでなく、レジェンドカードなどの高コストカードになるとフィニッシュを決めることもできます。

補うことに関しては、ラストワードで手札を1枚増やす『ベルエンジェル』、毎ターン開始時にリーダーの体力を回復する『ユニコーンの踊り子・ユニコ』が代表的です。

フィニッシュを目指す主なカードは、アポカリプスデッキを使う『サタン』や場のカードすべてを破壊する『バハムート』、疾走・必殺・守護を持つ『ゼウス』などのレジェンドカードになります。

レジェンドカードは全てコスト7以上!

実は先ほど紹介した『サタン』、『バハムート』、『ゼウス』はレジェンドカードなのですが、優秀な反面コストは10となっています。

サタン

「地獄へようこそ」

それだけではなく、他のニュートラルのレジェンドフォロワーのコストは全て7以上のコストになっています。

そのため使うクラスによってはレジェンドカードを使うまでにかなりの時間が必要になります。

その分優秀なので使わないわけにはいかないのですが、優秀だからと入れすぎてしまうと自滅に向かってしまうので注意しましょう。

このカードは必ず持っておこう!

『神々の騒嵐』で登場するカードを除いたおすすめのカードを紹介していきます。

まず持っておいて損がないのが、『ダークエンジェル・オリヴィエ』です。

『ダークエンジェル・オリヴィエ』はコスト9必要ですが、ファンファーレでEPを3回復してくれます。

つまり通常使える分の進化ポイントを3増やすことができるカードになります。

EPを無条件で増やすことができる分においては『ダークエンジェル・オリヴィエ』が最も優秀といえます。

次に『オーディン』です。

『オーディン』は無条件で相手のフォロワーもしくはアミュレットを消滅してくれるため、ビショップの『封じられし熾天使』のようなアミュレット対策に使えます。

アミュレットに対応したカードが増えたものの各クラスに完備しているわけではないので、持っておきましょう。

最後に『バハムート』や『サタン』といったコスト10の強カードです。

バハムート

「すべてを破壊し、すべてを無にする」

『バハムート』は場の全て(自分の場も含む)のカードを破壊します。

そのためクラスによって違う使い方をすることもあるのですが、基本は場のリセットです。

攻撃力・体力共に13なので、攻撃に関する制約として相手の場に2体フォロワーがいるとリーダーに攻撃できませんが、ピンチの際に逆転を可能にしてくれます。

『サタン』は使用するとデッキを『アポカリプスデッキ』に変更し、強力なカードを使用できる状態にしてくれます。

相手リーダーの体力を1にする『アスタロトの宣告』や7ダメージを与えて自分リーダーを7回復する『ディースの裁き』があるので非常に優秀なデッキです。

ただし、デッキ枚数が10枚となるのでカードの引きすぎに注意しましょう。

『神々の騒嵐』メインフォロワー・ゼウスとは?

先ほど紹介したように疾走・必殺・守護の能力を持ったレジェンドフォロワーです。

コスト10、攻撃力5・体力10のためアタッカーや壁役といった攻守をともに備えたフォロワーになります。

ゼウス

「雷を受けるがいい」

高コストのためフィニッシャーとして使うことが多く、何よりも相手が真っ先に破壊したいフォロワーです。

疾走を扱うロイヤルとも相性が良さそうですが、最もおすすめなクラスはPPを自分で増やせるドラゴンです。

ただし、ドラゴンデッキは『サタン』や『バハムート』を使うことがあるので、使っている場合は入れ替える事をおすすめします。

嵐を起こす風の軍神・グリームニル

『風の軍神・グリームニル』はエンハンス10で場に出すと、相手リーダーと相手フォロワー全てに合計4のダメージを与えます。

コストもステータスも申し分ないので、エンハンスだけでなく状況に合わせ低コストの壁役としても使えます。

グリームニル

「我こそは軍神!ってあれ?オーディン様ァ!??」

先述のとおり『風の軍神・グリームニル』はエンハンスが強力、他の守護フォロワーよりも手札に残しておきたいフォロワーです。

序盤(3ターン目)から終盤まで満遍なく使えますが、ただエンハンスは10ターン目(もしくはPP10の状態の時)に手札に残っていれば使うという形がおすすめです。

各クラスのデッキとも相性がよく、体力4以下のフォロワーを出すアグロ系デッキに対して強くなります。

フォロワーを癒す、癒しの奏者・アンリエット

コスト7、攻撃力4・体力5の普通のステータスを持ったフォロワーです。

ですが、その能力は優秀で、場に出した時に攻撃済みのフォロワーを1体全回復し、攻撃をしていない状態に戻します。

アンリエット

「この歌を届けましょう」

その時の状態によって相手フォロワーの除去を行えたり、もう一度相手リーダーに攻撃できたりするので非常に優秀です。

『風の軍神・グリームニル』同様様々なデッキで応用できるためおすすめです。

※ヘヴンリーイージスには効果が反映されないので注意してください。

ニュートラルカードで変化するデッキ

リーダーを持つ各クラスのカードのみを使った純粋なデッキも強くておすすめですが、最初に言った通りニュートラルカードを加えることでそのデッキにある欠点を補填することができます。

手札と守護が欲しいのであれば『ベルエンジェル』を使ったり、全体にダメージを与えたいときは『風の軍神・グリームニル』を使ったりするなどが、基本的なニュートラルカードの使い方となります。

フォロワーの対策は可能だけどアミュレットの対策がニュートラルカード無しではできないクラスとしてロイヤルやエルフがあがります。

純粋な分強いといっても、どう組んでも足りない面があるのでその時はニュートラルカードを使って補っていきましょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード