【シャドウバース(シャドバ)】汚れてるフォロワーが疾走してきたらそりゃ怖い!「聖杯疾走ビショップ」【ビショップデッキ】

序盤さえ乗り切れば地獄の疾走ラッシュ!「聖杯疾走ビショップ」!

公開:2017年4月8日時点 『聖杯疾走ビショップ』

youtuber・コム氏による、「聖杯疾走ビショップ」デッキ紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

動画では面白いプレイミスが飛び出してしまいましたが、ちゃんと強いデッキなので!かしこいので!

詠唱:白翼への祈り(銅)×1
詠唱:聖なる願い(銅)×3
ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×3
気高き教理(銅)×3
漆黒の法典(銅)×3
詠唱:獣姫の呼び声(銀)×3
風の軍神・グリームニル(金)×2
教会の護り手(銀)×1
プリズムプリースト(銀)×1
詠唱:神鳥の呼び笛(銅)×2
ウルズ(金)×2
鉄槌の僧侶(銀)×2
神魔裁判所(金)×2
エンシェントレオスピリット(銀)×2
黄金都市の墓守・ソニア(銀)×1
天空の守護者・ガルラ(金)×2
ダークジャンヌ(虹)×1
苦罰の審判者(金)×1
テミスの審判(金)×3
穢れた聖杯(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「教会の護り手」などの守護持ちでいかに序盤をしのぐか

疾走フォロワーによる瞬発力のある攻撃。「穢れた聖杯」での火力。そのほか対応力にも優れたデッキです。
しかし、カードの種類も多いので事故率も高いです。毎回違うプレイングになるので何度もフリーで練習しましょう。
序盤に押し切られるときついので、守護フォロワーはマリガンでキープしておきたいですね。

各カードの役割としては、

「ダークジャンヌ」の能力、他フォロワーに2ダメージは除去にも使えますが、必然的に強化するフォロワーにもダメージを与えてしまいます。
有利交換を考えずにフェイスに直接ダメージを与えていく疾走ならではの動きになります。
強化したフォロワーは除去されることを覚悟で特攻してもらいましょう。
疾走ビショップデッキにおいて「天空の守護者・ガルラ」は主軸のカードです。それは現環境でも変わりません。

「黄金都市の墓守・ソニア」の高スタッツを生かして中盤を固めていきましょう。
デメリットがあるカードもありますが、回復カードもないので、体力の調整には気を使ってプレイしていきましょう。

注目カード:「天空の守護者・ガルラ」と「穢れた聖杯」どちらで決めるか

【天空の守護者・ガルラ】

コスト:6
スタッツ:4/4
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 自分のアミュレット1つのカウントダウンを3進める。相手のリーダーに3ダメージ。

疾走ビショップの代名詞。疾走ビショップというより「ガルラビショップ」と呼ばれるっくらいですからね。
アミュレットのカウントダウンを3進めるだけでも強力ですが、相手のリーダーにそのまま3ダメージ入るという、疾走抜きなのに疾走感あるフォロワーです。
「詠唱:獣姫の呼び声」などと組み合わせれば一気に打点を稼げます。

【穢れた聖杯】

コスト:8
クラス:ビショップ
効果:カウントダウン:3
ファンファーレ:お互いのフォロワーすべてに2ダメージ。
ラストワード:サタンズサーヴァント、沈黙の魔将、ディースの裁き、アスタロトの宣告の中から、ランダムに異なる3枚を手札に加える。

ファンファーレで全体ダメージがある分、コスト10の「サタン」より隙なく場に出すことができます。一気に3枚手札に入ることを考えると「サタン」と使い分けができます。場合によっては「サタン」より使える場面も多いでしょう。
「気高き教理」でカウントダウンを進ませる動きも有効です。
ラストワードで手札が溢れることがないように気をつけていきましょう。

【苦罰の審判者】

コスト:6
スタッツ:3/5
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。カードを1枚引く。

「鉄槌の僧侶」の上位互換のような能力ですが、コストが高いので使い所は間違えないように。
しかし進化権を消費せずに消滅効果が得られるのは便利です。

【ダークジャンヌ】

コスト:6
スタッツ:5/5
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 他のフォロワーすべてに2ダメージ。他のフォロワーすべてを+2/+0する。

注意したいのはあくまで「他の」フォロワーということ。敵も強化してしまうので気をつけましょう。
とにかく盤面をよく見て発動しなくてはいけません。

【黄金都市の墓守・ソニア】

コスト:5
スタッツ:3/5
クラス:ビショップ
効果:守護
ファンファーレ
自分の場に他のフォロワーがいないなら、+1/+0して、このフォロワーへの「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージ」は0になる。(「攻撃によるダメージ」はそのまま)

守護持ちとしてコスト相応のスタッツと、能力によるダメージ無効化によって高い生存能力を持っています。
このコスト帯は激戦区なので、状況に応じて他のカードと差し替えていくのもいいでしょう。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ビショップvsネクロマンサー

「詠唱:聖なる願い」から始まるビショップ生活。
疾走アミュレットのカウントを合わせて一気に攻めるか、削っていくか。

序盤のフォロワー展開では遅れがちになるので、「風の軍神・グリームニル」などの守護を立てて、裏に「ユニコーンの護り手・ユニコ」を出して回復しながらアミュレットを出していきましょう。

「シャドウリーパー」を育てさせてしまったのはまずかった!
なんとか「テミスの審判」で緊急回避。

ここまで耐えきって、相手の手札がなくなってきました。

…と思ったら「魔将軍・ヘクター」かーい!
こういった場面には強い「エンシェントレオスピリット」で全体除去。
はい、ここでありえない凡ミスをやらかしてしまいます!

なんと「魔将軍・ヘクター」を除去せずに条件反射的にターン終了してしまいましたよ…。

そのままトドメを刺されました…。あーあ、勝ってたのに…。

まぁ、面白いし、是非もないよネッ!

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード