【シャドウバース(シャドバ)】錨を上げろい!「カオスシップ」が活躍する「復讐うなぎヴァンパイアデッキ」だ!【ヴァンパイアデッキ】

「カオスシップ」と「メイルストロームサーぺント」をメインにすえてお召し上がりください。「復讐うなぎヴァンパイアデッキ」!

公開:2017年4月3日 『復讐うなぎヴァンパイアデッキ』デッキレシピ

youtuber・しいないつき氏によるデッキ『復讐うなぎヴァンパイアデッキ』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

復讐するは我にあり。自傷して復讐して、呪ってあげましょう。

ブラッドウルフ(銅)×3
レヴィオンデューク・ユリウス(銅)×3
バフォメット(銀)×3
糸蜘蛛の悪魔(銅)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
吸血貴・ヴァイト(銀)×2
ブラッドムーン(金)×3
裁きの悪魔(金)×3
ベルフェゴール(虹)×3
カオスシップ(銀)×3
ディアボリックドレイン(金)×3
クイーンヴァンパイア(虹)×2
メイルストロームサーぺント(虹)×3
黙示録(金)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「ブラッドムーン」

「メイルストロームサーぺント」「カオスシップ」の両パターンから勝ちに向かえる復讐デッキです。
「カオスシップ」は「テミスの審判」を出される前に使えるので活躍が期待されます。
体力が減っていなくとも復讐状態にすることができる「ブラッドムーン」。このカードが中核にはなりますが、地力のあるデッキなので十分対応力があります。

「カオスシップ」で「ブラッドウルフ」の自傷を無効にしながら殴っていきましょう。

新カードも盛りだくさん運用しています。「ブラッドムーン」からの「裁きの悪魔」の活躍が期待大!
全体除去がなければ対応が難しい「メイルストロームサーぺント」の恐ろしさも見逃せない点です。

注目カード:「ブラッドムーン」からの「アザゼル」で復讐!逆転!

【バフォメット】

コスト:2
スタッツ:2/1
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1体、自分のデッキから手札に加える。
エンハンス5:その後、そのコストを-3する。

実装前から騒がれていたカードです。エンハンス5でなんとコストを-3にする…。しかもサーチ能力付きという。
なぜこのカードをシルバーにしたのだろうか…。
様々な可能性を持った将来有望なカードです。

【ブラッドムーン】

コスト:3
クラス:ヴァンパイア
効果:カウントダウン4
ファンファーレ 自分のリーダーは(体力が11以上でも)「復讐」状態になる。この能力は、このアミュレットが場を離れるとき失われる。

カウントダウン付きとはいえ、体力がフルの状態でも復讐を発動できるのは脅威。
「裁きの悪魔」などの評価が見直されることになりそうです。
ヴァンパイア戦はこのカードを対策していかないと大変なことになりそうです。

【糸蜘蛛の悪魔】

コスト:2
スタッツ:1/4
クラス:ヴァンパイア
効果:守護
ファンファーレ 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ。

何と言ってもそのスタッツの高さ!なんですかこれ!確かに自傷能力ではありますが…。うまく「ブラッディメアリー」とのシナジーを確立できる構成ができれば、継続的に相手に2ダメージ…。
コスト2にして体力が4、守護持ち。これは色々と荒れることになりそうです。

【ベルフェゴール】

コスト:4
スタッツ:4/4
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ カードを2枚引く。
その後、復讐状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。

スタッツだけでも高く、「漆黒の契約」と使い分けられそうです。少し「ブラッドムーン」と噛み合わない部分が出てきます。これがどう響くか。
こちらも「ブラッディメアリー」とのシナジーを期待できます。

【カオスシップ】

コスト:5
スタック:3/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ コスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す。

攻撃力はないですが、何と言っても優秀な2コスト帯のフォロワーをサーチできるのは優秀です。しかも直接場に出せるという便利さ。
復讐状態であれば実質スタッツはかなり高くなります。
「ブラッドウルフ」の自傷能力も発動せずに場に出せるのは強い!

【メイルストロームサーぺント】

コスト:8
スタック:5/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ メイルストロームサーペント1体を出す。復讐状態なら、これを場が上限になるまで繰り返す。

なんと復讐状態ならば一気にこのフォロワーが増殖するという脅威の展開力、決定力をもつフォロワーです。
5/5が一度に上限まで場に出てくるとか、どんな地獄ですか…。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsドラゴン

「ブラッドムーン」はマリガンで持っておきたいですね。出してしまえば色々と使えます。
3、4ターン続けて「ブラッドムーン」「ベルフェゴール」。この動きも強い。


「ベルフェゴール」のドロー、スタッツ。本当に中盤を支える柱として優秀です。

5ターン目から「カオスシップ」で横に広げながら追い詰めます!
しかし「バハムート」を出されてしまいましたね。

対抗しようとした「メイルストロームサーペント」なども「ライトニングブラスト」連発で消されてしまいますが、復讐状態からの「裁きの悪魔」から反撃開始!

あと一枚「バハムート」があったら嫌ですね。
手がなかったのかここで相手がリタイア!

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード