【シャドウバース】9THシーズン19位フィニッシュした感想

レアクロエと申します。シャドウバースをまじめに取り組んでランキング報酬がないのになんでまじめに潜っていたかわかりませんが、3月期9THシーズンでmpランキング19位フィニッシュすることができました。

使ったデッキは超越がメインでした。

環境でどう勝てばいいのかという課題が常にあり、どうやったら勝てるようになれるかな?と思いプレイングや構築を真剣に考えていました。

今回はまじめにランキングに潜って自分が得られた経験を皆さんにシェアできたらと思いこの記事を書きます。

共に戦ったデッキを紹介!

厳密に言えばウィッチのデッキは模索ばっかりしていて、色々と使ってるデッキは多かったです。

その中でもランクマッチで特に使うようになった構築を紹介します。

秘術超越

  • エンジェルスナイプ×3
  • 知恵の光×3
  • くず鉄×2
  • レヴィ×2
  • マジックミサイル×3
  • ゴーレムの錬成×3
  • ウィンドブラスト×3
  • 虹の輝き×3
  • 魔力の蓄積×3
  • 変成×1
  • マーリン×3
  • エンシェントアルケミスト×1
  • 運命の導き×3
  • 炎の握撃×1
  • デストロイヤー×3
  • 超越×3

くず鉄とガーディアンゴーレムで守りを固められる超越です。

疾走によるリーサルを回避できるのが強みなのと、ガーディアンゴーレムを並べることで盤面からのリーサルを狙えるのが強みです。

上振れ構築ではありますが、どのデッキタイプにも丸く当れるのが強かったです。

純超越

  • エンジェルスナイプ×3
  • 知恵の光×3
  • 光の道筋×2
  • レヴィ×1
  • マジックミサイル×3
  • ゴーレムの錬成×3
  • ウィンドブラスト×3
  • 虹の輝き×3
  • 魔力の蓄積×3
  • マーリン×3
  • ファイアーチェイン×1
  • 運命の導き×3
  • 刃の魔術師×2
  • 炎の握撃×1
  • フレイムデストロイヤー×3
  • 超越×3

もっとも沢山使ったであろう構築です。コントロールを絶対に倒し、アグロ相手にも勝ち筋を付けれるよう試行錯誤した結果この構築になりました。

ファイアーチェインの採用理由は、普通の超越では負け筋になりうる潜伏や効果の対象にならないカードを採用されていても詰まないようにするためです。

超越の速度やカードパワーを落としてでもツバキやリーパーを取れる構築にしたかった結果だと言えます。

mpを稼ぐにあたって注意した点

MPをコンスタントに稼ぐというのはつらいことで、勝てる日もあれば負ける日もありました。

1日2000mpというタスクを自分につける

毎日2000MP稼ぐというのを目標に毎日潜りました。時間を決め、朝は大体500MP、昼の空き時間で500MP夜の時間で残りを寝る前まで頑張って稼ぐというスケジュールをおおざっぱに組みながらランクマをしてました。

ただ、時間が取れるからといってあまりにも長い時間していては私生活にも支障が出ますし、何よりだらけた気持ちになるのでプレミをしてしまい、勝率が下がります。

こういったこともあり、ランキングに潜るにあたって一番つらかったのはモチベーションでした。

ランキングのポイントを意識し、周りの知り合いと自分を比較しながら奮起していました。

ランキングに載ることで称号が貰えるなら名誉のために頑張ろうという気持ちも生まれるのですが今はありません。今後のアップデートに期待ですね。

同じ構築を使って潜り続ける

勝率の計算はしていませんでしたが、自分のプレイの反省点や、弱かった点を見つけるために同じ構築を使い続けて潜りました。

環境に合わせた必要な対策カードや自分のマリガンに合わせたチューニングをするためです。

引き運と相性だけでは勝率を高く維持できません。自分のダメだったところをリプレイで見直したりして反省することでさらに強くなれます。

負けてもデッキのせいにせず、より良いプレイングを目指しました。

あとは他の人の放送を見に行き、マリガンやプレイングを見るようにしました。

自分の腕を上げるには第三者の動きを見て自分の動きと比較するのが一番です。他の人のまわし方でためになった点は自分のデッキを回す際にも意識してマネするようにしています。

ランクマ環境で意識した点

ランクマッチは対人戦です。人と人が闘うので常に環境は微妙に変わり、それに合わせてこちらも適応しなければいけません。

ここでは超越ウィッチでどうやって環境に適応したかを解説します。

すべてのデッキタイプに勝てるようにする

マッチングで有利不利はあります。引きによってはどうしようもない負けをすることもあります。ですが重要なのは勝ち筋を残せるか?ということです。

不利なマッチアップでも20%の勝ち筋を拾える場合、プレイングの差によっては35%は拾える試合になるかもしれません。

10%の勝ち筋ではマッチング時点でどんなに運がよくても負けてしまいます。

ランクマではメタカードをうまくデッキに入れることが重要だと思います。

超越というデッキでは受け手になりやすいのでその傾向はなおさら顕著です。

自分はアルベールというカードをトップメタにし、他のデッキタイプでは負け筋になりやすい横の展開力の対策をいつも考えていました。

メタカードは他のデッキ相手でも腐らず、その盤面に出くわしたときに確実に真価を発揮するカードである必要があると思います。

自分の場合はくず鉄&エンケミとチェインとレヴィでした。

時間帯での環境を見極める

時間によって見かけるリーダーが違うということは体感でありました(気のせいかもしれませんが)

昼はアグロ系のデッキが多く、夜はコントロール系のデッキが多かった気がします。

また、強い人が有名な大会で優勝するとそのデッキレシピをマネしてランクマッチに潜る人も増加します。

こういったメタ的な環境読みもしながらデッキを選ぶといいと思います。

超越ウィッチで一番勝率出てた時間帯は深夜だった気がします。

mp59000稼いだ感想

惜しくもMP6万には届きませんでしたが、満足のいく結果を得られました。

下振れした日がつらかった

引きが悪すぎて勝てない日や、マッチアップが不利なアグロ相手ばっかりでどうしても勝てない日が多々ありました。

MPが一気に1000ぐらい落ちる日ありました

勝てない日はウィッチではなく他のデッキを使ったりして気分をリフレッシュさせるに限ります。

毎日一定のmpを稼ぐのが大変だった

mpを必ず2000稼ぐと決めても、気分が乗らない日や忙しい日もあり、コンスタントに続けるのは苦行でした。

もう二度とランキングラダーやりたくないなと思ったのもコンスタントに続けるつらさを知ったからです。

達成感がとても大きかった

とはいえ実績で9THシーズン19位と語れるのは大きいです。

特に報酬があるわけでもありませんが、真面目にシャドウバースをやった結果が残ったのでとてもよかったと思えました。

MP6万目指しましたが惜しくも達成できず。次こそはいい結果を残したいものです。

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード