【シャドウバース(シャドバ)】新カード搭載!何もされてないのに復讐してやる!「真・絶対復讐ヴァンパイアデッキ」だ!【ヴァンパイアデッキ】

「ブラッドムーン」の恐ろしさが現実のものに!吠えろ!「真・絶対復讐ヴァンパイアデッキ」!

公開:2017年3月30日 『真・絶対復讐ヴァンパイアデッキ』デッキレシピ

youtuber・エアーマン氏によるデッキ『真・絶対復讐ヴァンパイアデッキ』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

復讐するは我にあり。自傷して復讐して、呪ってあげましょう。

バフォメット(銀)×3
糸蜘蛛の悪魔(銅)×3
鮮血の口付け(銅)×3
群れなす飢餓(銀)×3
ミニゴブリンメイジ(銅)×3
漆黒の契約(金)×2
ブラッドムーン(金)×3
裁きの悪魔(金)×3
ベルフェゴール(虹)×3
カオスシップ(銀)×3
ディアボリックドレイン(金)×3
クイーンヴァンパイア(虹)×3
メイルストロームサーぺント(虹)×3
黙示録(金)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「ブラッドムーン」の脅威が現実のものに

体力が減っていなくとも復讐状態にすることができる「ブラッドムーン」このカードもかなり騒がれていた強カードです。
後半でしか使えなかった能力が序盤で使えてしまう訳ですから。

新カードも盛りだくさん運用しています。「ブラッドムーン」からの「裁きの悪魔」の活躍が期待大!
全体除去がなければ対応が難しい「メイルストロームサーぺント」の恐ろしさも見逃せない点です。

注目カード:「ブラッドムーン」からの「アザゼル」で復讐!逆転!

【バフォメット】

コスト:2
スタッツ:2/1
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1体、自分のデッキから手札に加える。
エンハンス5:その後、そのコストを-3する。

実装前から騒がれていたカードです。エンハンス5でなんとコストを-3にする…。しかもサーチ能力付きという。
なぜこのカードをシルバーにしたのだろうか…。
様々な可能性を持った将来有望なカードです。

【ブラッドムーン】

コスト:3
クラス:ヴァンパイア
効果:カウントダウン4
ファンファーレ 自分のリーダーは(体力が11以上でも)「復讐」状態になる。この能力は、このアミュレットが場を離れるとき失われる。

カウントダウン付きとはいえ、体力がフルの状態でも復讐を発動できるのは脅威。
「裁きの悪魔」などの評価が見直されることになりそうです。
ヴァンパイア戦はこのカードを対策していかないと大変なことになりそうです。

【糸蜘蛛の悪魔】

コスト:2
スタッツ:1/4
クラス:ヴァンパイア
効果:守護
ファンファーレ 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ。

何と言ってもそのスタッツの高さ!なんですかこれ!確かに自傷能力ではありますが…。うまく「ブラッディメアリー」とのシナジーを確立できる構成ができれば、継続的に相手に2ダメージ…。
コスト2にして体力が4、守護持ち。これは色々と荒れることになりそうです。

【ベルフェゴール】

コスト:4
スタッツ:4/4
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ カードを2枚引く。
その後、復讐状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。

スタッツだけでも高く、「漆黒の契約」と使い分けられそうです。少し「ブラッドムーン」と噛み合わない部分が出てきます。これがどう響くか。
こちらも「ブラッディメアリー」とのシナジーを期待できます。

【カオスシップ】

コスト:5
スタック:3/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ コスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す。

攻撃力はないですが、何と言っても優秀な2コスト帯のフォロワーをサーチできるのは優秀です。しかも直接場に出せるという便利さ。
復讐状態であれば実質スタッツはかなり高くなります。
「ブラッドウルフ」の自傷能力も発動せずに場に出せるのは強い!

【メイルストロームサーぺント】

コスト:8
スタック:5/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ メイルストロームサーペント1体を出す。復讐状態なら、これを場が上限になるまで繰り返す。

なんと復讐状態ならば一気にこのフォロワーが増殖するという脅威の展開力、決定力をもつフォロワーです。
5/5が一度に上限まで場に出てくるとか、どんな地獄ですか…。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsドラゴン

このデッキはサーチ能力もあるので、ドロー事故は緩和されているはずです。
まず「バフォメット」で「メイルストロームサーぺント」を確定サーチできるのも強いですね。「ミニゴブリンメイジ」もどんどんサーチしてくれるのでいい仕事をしてくれます。
相手もは、新カード「ラハブ」召喚。2/5守護は厄介だ…。これからはアグロデッキの氷河期がくるかもしれない…。

エンハンスが可能であれば「バフォメット」で「メイルストロームサーぺント」が5コストになる!
「ベルフェゴール」で復讐状態になり、5コストの「メイルストロームサーぺント」を出していくという流れも強いですが、少しデメリットが大きいので「クイーンヴァンパイア」でしっかり守っていきます。


そして「ブラッドムーン」をフル活用していきます。

「クイーンヴァンパイア」からの「メイルストロームサーぺント」までの流れ。この粘り強さよ…。

しかし相手のドラゴン強いですね!ドラゴンの新カードを見る限り、次環境の覇権を狙える可能性があるんじゃないでしょうか?
このまま押し切られてしまいましたが、練り直せばかなりのネバリ強さを見せますね。「糸蜘蛛の悪魔」がいる限りアグロ殺しにもなりますし。

シェアする

関連するキーワード