【シャドウバース(シャドバ)】ついに『神々の騒嵐』実装!各プレイヤーの様子をのぞいてみた!

2017年3月30日、ついに『神々の騒嵐』が実装されました!今回の記事は早速『シャドウバース』プレイヤーたちの様子をのぞいてみましょう!

『神々の騒嵐』で騒乱!

『神々の騒嵐』実装前から、公式ポータルでデッキを構築しているプレイヤーさんもいたようです。
皆さんは初回10パックプレゼントで何を引きましたか?私は早くも欲しかった「ウロボロス」を引いてきましたよ!

今回は、早速新カードを使用しているプレイヤーさんの様子をまとめてみました。
事前に新カードの情報は出ていたものの、実際にプレイが重ねられてようやく環境が出来上がってくるので、皆さんもぜひ試行錯誤をして自分だけの新機軸のデッキを構築してみてください!

ドラゴンデッキ 早速「邪毒の紫竜」を使ってみた動画です!

早くもプレイヤーたちをざわつかせているドラゴンの新カード「邪毒の紫竜」。youtuber・はる氏の対戦動画を紹介!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

【邪毒の紫竜】

コスト:5
スタッツ:4/5
クラス:ドラゴン
効果:自分のターン終了時、手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。+2/+2する。

シルバーではありますが、この能力は恐ろしい。一枚捨てるだけでスタッツ6/7 進化込みで8/9になるということです。
しかも1ターン経過するごとに+2/+2されていくという恐ろしいカード。
「竜巫女の儀式」の一枚捨てると一枚ドローという能力と合わせることによってデメリットを最小限に抑えられます。ドローカードを目一杯積んでいけば活躍してくれるはずです。
さらに守護持ちを適度に入れておけば、「邪毒の紫竜」を比較的安全に育てることができます。1ターンでも生き延びることができたら恐ろしいことに…。

対戦動画

対戦相手はウィッチ。
やはり、「光の道筋」などのドローカードを多めに取り揃えて対戦に望んでらっしゃいます。

「竜の伝令」で「邪毒の紫竜」をドローしてきています。コストを減らして引いてこれればベストですからね。PPブーストをして早めに手元にあれば4ターンで場に出すこともできます。
早めに出すことができれば除去方法が限られていることが多いので、数ターン強化できるはずです。
お互い新カードになれないためかぎこちなさがあるのはご愛嬌。

「邪毒の紫竜」を頻繁に使えばそれだけ手札が減っていくので、進化をうまく使いながら相手のフォロワーを除去していきたいです。

直接的なフィニッシュではないですが、「邪毒の紫竜」のプレッシャーは半端じゃないですね…。手札は減るものの、1ターンで+2/+2は強い!

ウィッチデッキ「ウロボロス」「イスラーフィール」コンボが強い!

今回は、相手が使っていた「ウロボロス」「イスラーフィール」のコンボが強かったのでその様子をご覧ください。youtuber・はる氏の対戦相手に注目!

【ウロボロス】

コスト:8
スタッツ:8/4
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
ラストワード 自分のリーダーを3回復。その後、ウロボロス1枚を手札に加える。

「デュエリスト・モルディカイ」どんまい!と言いたくなるネクロマンサーのお株を奪う便利さ。
ただ、コストは高い。スタッツも前のめりになっているので、簡単に除去されてしまいます。

【イスラーフィール】

コスト:8
スタッツ:8/8
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
進化後
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

コストは重いものの、スタッツも高く、何よりもその能力!出てしまえば、進化すれば場に出したターンで相手リーダーと6点分のアドバンテージを取れるという…。
単純に強い。

【風読みの少年・ゼル】

コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:ドラゴン
効果:進化後
進化時覚醒状態なら、自分の他のフォロワー1体は疾走を持つ。

後述する「サハクィエル」「バハムート」「風読みの少年・ゼル」の流れが怖い。覚醒、EPという条件はありますが、ドラゴンのデッキに疾走付与。
これから彼が猛威を振るう姿が目に浮かびます。

この方のムーブ…そんなお手頃に13点出されても…。

これからますます研究が進んで様々なデッキが登場してくるでしょう。こちらでもどんどんデッキを紹介していきます。
それではみなさま、良いシャドバライフを!

シェアする

関連するキーワード