【シャドウバース】除去・除去・除去の一本槍で相手の神経を逆撫でするセラフビショップを紹介

相手のフォロワーをとにかく除去し、場をコントロールしつつセラフで勝利する非常に単純なデッキです。

以前、守護も回復も取り入れたノーマルなセラフデッキを記載しましたが、それをニッチな方向に偏らせたデッキになります。いわゆるファンデッキ。

性格の悪いデッキレシピ

コスト1
詠唱:聖なる願い×3

コスト2
詠唱:異端審問×3
漆黒の法典×3
気高き教理×3

コスト3
見習いシスター×3
邪悪なる予言者・ダムス×3
詠唱:禁じられた儀式×3

コスト4
詠唱:死の宣告×3
神魔裁判所×3

コスト5
エクスキューション×3
破邪の光×3

コスト6
テミスの審判×3

コスト8
オーディン×1
封じられし熾天使×3

デッキのポイントは、全ての相手フォロワーをすべて除去すること

本デッキの主役はセラフなので脇役を説明します。

テミスの審判

コスト6 
効果:お互いのフォロワーすべてを破壊する

テミス

全体除去カード

効果の内容が単純なほど、そのカードの強さが窺い知れるのは、TCGをプレイしてきた人なら分かると思います。

ただ、このゲームにおいてはラストワード持ちフォロワーが多いため完全除去とはいきませんが、それでも十分強いカードに間違いはないでしょう。厄介な潜伏持ちも除去できますので。

詠唱:死の宣告

コスト4 アミュレット
効果:カウントダウン1
ラストワード ランダムな相手のフォロワー2体を破壊する

死の宣告

嫌がらせアミュレット

これが場にある時に、相手がやることは2つ。場のフォロワーが3体以上になるよう調節して、本命を除去されないようにするか、フォロワーを出さない。出しても、ラストワード持ちフォロワー。

行動制限に、非常に適したカードです。

漆黒の法典

コスト2 スペル
効果:体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる

法典

頼れる序盤の除去スペル

コスト2で確定除去。序盤であれば、大体のフォロワーは条件に該当するでしょう。

それに加えて、破壊ではなく、消滅という点が素敵です。

低コストフォロワーは、わざと破壊させてラストワード起動させて有利に運ぶ系が多いのでそれを防止することができます。

相手の場を常に0にしよう

本デッキは、9ターン目にセラフの効果で特殊勝利することを目的としたデッキです。

それには何が難しいのかというと、相手フォロワーが数で攻めてくるところです。

そこを潤沢にある除去カードで阻害しながら、セラフを出すことで勝利を目指します。

一番の肝は、出し惜しみしないことです。相手が1体しかいないから、「テミスの審判は勿体ないな」という考えは捨てましょう。

なお、ピン挿しのオーディンは、同デッキ対策です。同デッキに負けるのが一番悔しいのでその対策になります。

セラフ以外に冥府とか脅威となるアミュレットもありますが、ラストワード無しのアミュレットの場合はエクスキューションがあるので、そちらを使いましょう。

具体的な流れ

初手:特に絶対ないといけない初手はないですが、聖なる願いか、異端審問、漆黒の法典あたりがあると心強いです。

1ターン目:聖なる願いがあれば展開します。

2、3ターン目:状況に応じて、下記の感じで展開していきましょう

・相手の場にフォロワーがいない→異端審問、禁じられた儀式
・除去できるフォロワーがいる→漆黒の法典
・本当にやることがない→ダムス

4~6ターン目:神魔裁判所は最優先で展開しましょう。無ければ死の宣告を。
相手の場にフォロワーがいなくても出しましょう。
相手がフォロワーを出すのを渋ればこっちのものです。

7ターン目:セラフを展開する準備、このターンで相手の場が空になっていれば万全です。
場に神魔裁判所や除去アミュレットしかない状態が理想的です。

8,9ターン目:セラフを展開し、気高き教理、見習いシスターでカウントダウンを進めて勝利

もし手札に3つのカウントダウン加速要素が無かったら、使わないように、使うときは必ず勝利するという場合に使いましょう。

揃っていないということは除去カードがあるっていうことなので、そちらを使って確実な勝利を目指しましょう。

ただ、次のターンになると負けが濃厚という場合に限り、気高き教理のキャントリップに賭けるのも戦略の一つです。

尖らせた結果

安定のセラフデッキから、除去に特化させた本デッキ。

ランクマを何度かプレイしてみて気づいた事、思い知った事があります。

まず、疾走持ちをどうしようもない。守護がいないので素直に攻撃を受けるしかなく、そうするとセラフ出す頃には瀕死状態なことが多いです。

ただ、圧倒的に殴り負けることは無いです。毎ターン除去できるので。

ギリギリで負けることが多かったです。次のターンで勝てる、相手手札0場0っていうときにファントムハウルをデスティニードローされて5点ダメージを受け負けたこともあり、それ以外にも似たようなことがよく起きました。

何か、このデッキにはそういう運命が付きまとっているようなそんな気がします。

勝つときは、相手に何もさせず気持ちよく勝つことが多いんですけどね。

圧勝か、惜敗の2パターンといった感じでしょうか。

そう考えると非常に良いデッキなのでは?

他デッキとの相性

前述のとおり、デッキというか疾走フォロワーに弱いです。

プレイヤーへの直接火力メインのウィッチもキツイですね。

チクチクダメージを与えてコスト0フォロワーと超越を使い疑似疾走状態で殴る。

はい、やっぱり疾走に弱いです。

最後に

セラフの手軽さに慣れてしまい、20点削るっていうことが億劫な体になってしまいました。

次回アップデートでもっとセラフが輝けるようなカードを期待します。

疾走禁止になるアミュレットとか、相手のスペルを打ち消すとか何かそういう、

性格の悪いカードをお待ちしております。

シェアする

関連するキーワード