【シャドウバース(シャドバ)】突破できるのならしてみろ!カッチカチやぞ!「LOCKエルフ」【エルフデッキ紹介】

とにかく相手をガチガチに縛り付けてつついていく『LOCKエルフ』です!

公開:2017年3月22日 『LOCKエルフ』

youtuber・ロウ氏によるデッキ『LOCKエルフ』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

そのデッキ名通り、相手の行動を縛っていくというコンセプトデッキです。

ウォーターフェアリー(銅)×3
ベビーエルフメイ(銀)×3
自然の輝き(銅)×3
フェアリーサークル(銅)×3
ブレスフェアリーダンサー(銀)×2
リノセウス(金)×3
パフュームドワーフ(銅)×3
墓荒らしへの報い(銅)×3
まどろみの森(銅)×3
沼の精(銅)×3
エンシェントエルフ(虹)×3
エルフプリンセスメイジ(銀)×2
クリスタリアプリンセス・ティア(虹)×2
天馬のエルフ(銀)×2
グランドアーチャー・セルウィン(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「リノセウス」「エンシェントエルフ」をきっちり使う王道エルフ

「まどろみの森」「沼の精」を使って相手のフォロワーを行動不能にして的にする、無視してフェイスを殴っていきます。
もちろん「リノセウス」「エンシェントエルフ」の運用はいつもの通り。もちろん火力も確保できているのでハマれば早期決着も可能です。

注目カード:「根元への回帰」は一枚で十分

【まどろみの森】

コスト:2
クラス:エルフ
効果:カウントダウン2
自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体を、次のターン攻撃不能にする。

序盤から展開できれば、相手のプレイングを大きく制限することができます。
2ターンのみの能力ですが、コストが軽いので使い勝手は悪くはないでしょう。

【沼の精】

コスト:3
スタッツ:2/1
クラス:エルフ
効果:ファンファーレ:相手のフォロワー1体を、次のターン攻撃不能にする。

「まどろみの森」と併用すれば、相手もやきもきすることでしょう。ファンファーレ能力なので、居座る必要がないので使いやすいです。
普段はそう使われるカードではないですが、コンセプトを固めれば使えないこともない。

【グランドアーチャー・セルウィン】

コスト:6
スタッツ:4/6
クラス:エルフ
効果:ファンファーレ:相手のフォロワー1体を、次のターン攻撃不能にする。
そのフォロワーの攻撃力が3以下なら、攻撃不能にするのではなく、手札に戻す。

「セルウィンの号令」でいいんじゃないかと思いますが、スタッツも除去されにくいくらいにはあるので、どんな相手でもテンポロスさせられれるので余裕があるなら積極的に使っていっても良いフォロワーです。

【リノセウス】

コスト:2
スタッツ:1/1
クラス:エルフ
効果:疾走
ファンファーレ ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

説明は不要。エルフの代名詞とも言えるフォロワーですね。どちらかといえばこのカードこそナーフされるのでは?と思えるほど強力なカードです。
その理由は、エルフの主要カード勢がみな、何かしらのシナジーを持っているということですよね。
低コスト、シナジー。これがエルフがずっとトップランナーである理由でしょう。

【天馬のエルフ】

コスト:5
スタッツ:3/3
クラス:エルフ
効果:進化前:
ファンファーレ 相手のフォロワー1体の体力を1にする。
進化後:
進化時 相手のフォロワー1体に1ダメージ。

確定除去を擬似的に行えるフォロワーなのですが、いかんせん5コストで進化権も使ってやっと一体というのはきつい。除去仕切ることができないような大型フォロワーを出されて盤面が取られそうな時、フェアリー一体と交換できると考えれば使えないということでもないです。
しかし環境との相性が悪く、なかなか活躍できない上、5コスト帯に優秀なカードも多く、普段は採用されないことも多いですね。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

二戦目 エルフvsウィッチ

超越ウィッチだったらフォロワーを封じる意味があまりなくなってくるので、ドロシーおいでやす!
マリガンで「リノセウス」「墓荒らしへの報い」「まどろみの森」。
「錬金術の代償」を出してきたので、秘術ですね。最近とても増えていますが、果たして秘術相手に通用するのか?

序盤から横に並べながら「古き魔術師・レヴィ」を「まどろみの森」「グランドアーチャー・セルウィン」で固めながら
フェアリーでも殴っていきます。ここで「リノセウス」「エンシェントエルフ」が欲しいですね。

「自然の輝き」でカードを戻して…ん?あれ?いける!?「リノセウス」でリーサルじゃないこれ?
皆さんも計算してみましょう。


はい!よくできました!とりあえずロック能力は使えましたが、普通に除去カード入れておいた方がいいですね。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます