【シャドウバース(シャドバ)】超越からの!大逆転!「ZOTフラムグラスウィッチ」【ウィッチデッキ紹介】

夢いっぱい浪漫いっぱい!しかし現実的な『ZOTフラムグラスウィッチ』!

公開:2017年3月21日 『ZOTフラムグラスウィッチ』

youtuber・あっく氏によるデッキ『ZOTフラムグラスウィッチ』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

超越があってもなくても7ターンで勝負がつく?「ZOTフラムグラスウィッチ」!

エンジェルスナイプ(銀)×3
知恵の光(銅)×3
実験開始(銀)×2
古き魔術師・レヴィ(金)×2
マジックミサイル(銅)×3
ゴーレムの錬成(銅)×3
虹の輝き(銅)×2
ツインプリズナー・フラム(金)×2
ツインプリズナー・グラス(金)×2
魔力の蓄積(銀)×3
変成の魔術(銀)×2
氷像の召喚(銀)×2
運命の導き(銅)×3
炎の握撃(銅)×2
次元の超越(虹)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「次元の超越」で「フラム=グラス」

超越ウィッチには違いないとは思うのですが、フィニッシャーを「フラム=グラス」に任せましょうというもの。
ロマン砲として名高い「フラム=グラス」だって「次元の超越」を使えばほら合体!
立ち回りは通常の「次元の超越」と同じ運用で問題ないでしょう。その後は「次元の超越」の追加ターンで「ツインプリズナー・フラム」「ツインプリズナー・グラス」を合体させて「フラム=グラス」!
「フラム=グラス」は、能力が「冥府への道」と似たような能力なので、「次元の超越」を挟む「冥府への道」といったところ。
「冥府への道」はアミュレットですが、「フラム=グラス」はフォロワーなので除去されやすいという点は気をつけてプレイングしていきましょう。

基本的に除去スペルが多いので、それで処理できなかったら「氷像の召喚」などで護りながらブーストを進めましょう。

注目カード「スペクトラルウィザード」を使った超越ウィッチ

【ツインプリズナー・フラム】

コスト:3
スタッツ:2/1
クラス:ニュートラル
効果:攻撃時 相手のリーダーに2ダメージ。
自分のターン開始時、自分の場のツインプリズナー・グラス1体と合体してフラム=グラスになる。

【ツインプリズナー・グラス】

コスト:3
スタッツ:2/1
クラス:ニュートラル
効果:攻撃時 相手のリーダーに1ダメージ。
自分のターン開始時、自分の場のツインプリズナー・フラム1体と合体してフラム=グラスになる。

合体でさえすれば非常に強力ですが、実用性がなくロマン砲として扱われていました。
合体するターンは自ターンの開始なので、1ターンは「ツインプリズナー・グラス」「ツインプリズナー・フラム」両フォロワーを生存させなくてはならないのでなかなか合体できません。
このデッキは「次元の超越」の追加ターンを合体するために使おうというものです。

【フラム=グラス】

コスト:7
スタッツ:7/7
クラス:ニュートラル
効果:疾走
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに7ダメージ。

攻撃するたびに「冥府への道」を超えるダメージ。かなり強力なフォロワーですが、フォロワーだけに除去されやすいことも確か…。
しかし出すことさえできれば一気に劣勢も逆転できるだけの能力なので、並べられた守護フォロワーを一気に除去しながら一撃食らわせてあげましょう。

【次元の超越】

コスト:18
クラス:ウィッチ
効果:このターンのあと、自分の追加ターンを行う。
スペルブースト コスト-1

二連続行動というまさにチートともいうべきカードです。本当になぜこのカードはナーフを逃れているのかわかりません…。
シャドウバースは、1ターンの違いで勝敗が逆転するような場面が珍しくありません。
そんなゲームバランスの中で二連続行動がどれだけ恐ろしいか想像に難くありませんね。
場に出した瞬間、相手に「あーはいはい超越ねー」と呆れられることはお覚悟を…。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ウィッチvsドラゴン

マリガンに関しては「実験開始」を初手にと思いがちではありますが、余ったコストを無駄なく使う方がいいでしょう。
早めに「次元の超越」も引けて、あとはスペルブーストをしながら、「ツインプリズナー・フラム」「ツインプリズナー・グラス」を待つだけですが…。

次第に追い詰められていきます。しかしギリギリ!ここにきてチャンス!

大逆転をお見せしよう!二度目の「次元の超越」!

気持ちいい!

シェアする

関連するキーワード