【シャドウバース(シャドバ)】「鳳凰の庭園」で「バハムート」「サタン」を活かす!『バハサタドラゴン』【ドラゴンデッキ紹介】

超火力をお手頃価格で!「鳳凰の庭園」をメインに据えた「バハサタドラゴン」!

公開:2017年3月21日 『バハサタドラゴン』

youtuber・Kking氏による、「バハサタドラゴン」!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

使ってみればわかる!本当は強い「鳳凰の庭園」!

アイボリードラゴン(銅)×3
ブレイジングブレス(銅)×3
ファイアーリザード(銅)×3
伊達政宗(金)×2
竜の託宣(銅)×3
サラマンダーブレス(金)×3
ドラゴンナイト・アイラ(銅)×3
プリズンドラゴン(銀)×3
ドラゴンウォーリア(銀)×2
ジークフリート(銀)×3
ゴブリンマウントデーモン(銀)×3
竜の闘気(銀)×3
鳳凰の庭園(金)×2
サタン(虹)×2
バハムート(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「鳳凰の庭園」で「バハムート」「サタン」の両看板を活かす

「鳳凰の庭園」のコスト半減で「バハムート」「サタン」を早期召喚していきます。…が、相手もコストが半減されるということも念頭に置いておきましょう。
ドラゴンの例に漏れずPPブーストして早く「鳳凰の庭園」を使っていきたいですね。
序盤はブーストしながら「プリズンドラゴン」で守り。「ドラゴンウォーリア」「ジークフリート」などでなんとか中盤まで盤面を処理していきます。

注目カード:「鳳凰の庭園」からの「サタン」

【鳳凰の庭園】

コスト:5
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ お互いの手札のカードのコストは半分(端数切り上げ)になる。
お互いの手札にカードが加わるたび、そのカードのコストは半分(端数切り上げ)になる。

お互いということで相手もちゃんとコストが半分になるので注意。しかし、相手の大型フォロワーなどの召喚を誘発して「バハムート」を編入して一掃というムーブも強いのですが、相手も大抵「バハムート」が入っていたりするんですよね。
これを使って「ジェネシスドラゴン」をヘイストしてあげましょう。

【バハムート】

コスト:10
スタッツ:13/13
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。
相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。

ミッド、コントロールのどんなデッキにもいれて腐ることはないでしょう。
今回はその能力を活かして、カウントアミュレットの破壊に使っていきます。相手がアグロ系のデッキだった場合は無理に狙わないように。

【サタン】

コスト:10
スタック:6/6
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 自分のデッキをアポカリプスデッキにする。

「バハムート」とともに様々なデッキに採用されているフィニッシャーですね。やはりなんだかんだ言って出てしまえば強いのです。
しかし、コストが高いという欠点があり、そこまで粘らなくてはならないコントロールデッキなどは今苦境に立たされています。
今回のデッキはそんな「サタン」を最大限使いこなしてしまおうというものです。

【ジークフリート】

コスト:4
スタック:3/3
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ ダメージを受けている相手のフォロワー1体を破壊する。

伝承的に、その能力は自分がされて嫌なことのような気がするのですが、それはともかくとして少し傷をつければ除去できるので中型から大型フォロワーを除去カードで攻撃して「ジークフリート」でとどめ。
このムーブはこのデッキでは大事です。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsビショップ

まずは「竜の託宣」!ドラゴンのマリガンはわかりやすいです。しかしこういうときに限ってなかなかブーストできないんですよね。
序盤は「プリズンドラゴン」でなんとか粘っていきます。

相手は序盤から展開を重視していたようで、6ターン目までにかなり手札が枯渇してきました。
今のうちに「竜の闘気」を出して回復、ドロー、ブーストをしておきます。便利なカードなだけにどこで「竜の闘気」を使うかも重要です。

ビショップ戦では「詠唱:獣姫の呼び声」と合わせて「サラマンダーブレス」を使っていきます。
未だ「サタン」「バハムート」は来ないまま相手はリタイア…。

ドラゴンvsエルフ

今回は初めから「サタン」が来てくれました。
その後も「サタン」「バハムート」。来ないときは両者とも来ないのにこういうときに限ってまとめてくるのか…。

な、なんだこれ…。

なんとか「ゴブリンマウントデーモン」で守護しながら粘りますが、相手は「冥府への道」を二枚も出してきました。これは「バハムート」があるのでなんとかなりますが、全然プレイングに幅をもたせられませんね。
二枚の「冥府への道」を「バハムート」で処理しましたが、続けて三枚目を召喚。皮肉にもドローの偏りに助けられましたね。もう一度「バハムート」召喚。

切り札を破壊された相手はそのままリタイア!

シェアする

ドラゴンデッキの最新記事

関連するキーワード