【シャドウバース(シャドバ)】最短7ターンで「冥府への道」が発動!「冥府エルフ」は今も現役!【エルフデッキ】

今回紹介させていただくデッキは「冥府エルフ」!昔から使われている「冥府デッキ」!「草の人杯」決勝戦で7ターン「冥府への道」発動を可能にした「冥府エルフ」です。

公開:2017年3月18日 『冥府エルフ』

youtuber・ハル氏によるデッキ『冥府エルフ』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

まだまだまだまだ現役?「冥府エルフ」です。

ベビーエルフ・メイ(銅)×3
自然の輝き(銅)×3
フェアリーサークル(銅)×3
ベルエンジェル(銀)×1
新たなる運命(金)×3
フェアリーウィスパラー(銅)×3
リノセウス(金)×3
墓荒らしへの報い(銅)×3
翅の輝き(銅)×3
エンシェントエルフ(虹)×3
冥府への道(金)×3
エルフプリンセスメイジ(銀)×2
クリスタリアプリンセス・ティア(虹)×3
天馬のエルフ(銀)×3
森の意志(金)×2
フェアリービースト(銀)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「冥府への道」への最短の道。「リノセウス」もあるよ!

エルフ冥府はまだ勝てるということを見せてくれたデッキです。先日行われたシャドウバースプレイヤーのyoutuberらが競った「草の人杯」決勝戦でまさかの7ターン「冥府への道」を起動するという活躍を見せたハル氏自慢の一品。

マリガン、序盤は「フェアリーウィスパラー」の展開力を使って盤面を取り、墓を増やして下準備。
フォロワーを展開した上で進化を使えば確定除去が可能な「天馬のエルフ」をうまく使って中盤以降の強力なフォロワーに対抗していきましょう。
コツコツフェイスにダメージを溜めていくことも大事です。

そしてあわよくば「リノセウス」でリーサルをがっちり決めるムーブも可能です。うまくフェイスにダメージを与えられているのなら積極的に狙っていきましょう。

注目カード:フェアリーを増やして墓場へ「フェアリーウィスパラー」が縁の下の力持ち

【冥府への道】

コスト:4
クラス:ニュートラル
効果:自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。

昔は各リーダーごとに流行っていたカードですが、ここ最近は大人しくなっていました。
しかし、時代は回る!今だからこそ「冥府への道」が生きるのではないでしょうか。「新たなる運命」をどのタイミングで使っていくか。

【新たなる運命】

コスト:4
クラス:ニュートラル
効果:手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につきカードを1枚引く。

普段は「冥府への道」の相方として活躍しています。ディスカードデッキにも相性がいいです。
このデッキでは重要な役割になるので、マリガンでは手元にキープしましょう。
ドローカードが豊富な分、被ってしまうこともありますが、その時はその時で諦めも大事。

【リノセウス】

コスト:2
スタッツ:1/1
クラス:エルフ
効果:疾走
ファンファーレ ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

説明は不要。エルフの代名詞とも言えるフォロワーですね。どちらかといえばこのカードこそナーフされるのでは?と思えるほど強力なカードです。
その理由は、エルフの主要カード勢がみな、何かしらのシナジーを持っているということですよね。
低コスト、シナジー。これがエルフがずっとトップランナーである理由でしょう。

フィニッシャーとして「冥府への道」を選ぶか「リノセウス」を選ぶか、この選択肢が勝負を分けます。

【フェアリーウィスパラー】

コスト:2
スタッツ:1/1
クラス:エルフ
効果:ファンファーレ:
フェアリー2枚を手札に加える。

ドローソースが重要なので「フェアリーウィスパラー」でフェアリーを生み出して、手札の中身をフェアリー多数にした状態で「新たなる運命」を使うのが理想です。このカードが「冥府エルフ」へ与える影響はかなり大きいです。デッキを減らさずに2枚、本体を含めれば墓場を3つ増やせるという優秀なカード。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

エルフvsロイヤル

マリガンは「ベビーエルフ・メイ」「墓荒らしへの報い」「クリスタリアプリンセス・ティア」。
「墓荒らしへの報い」があるのは安心感ありますよね。

続けて「フェアリーウィスパラー」を二枚ドローできたので、幸先いいのではないでしょうか。
このあと相手はどんどん攻めてきます。これは今の手札では盤面を維持するのが精一杯…。どんどん手札を切っていかないと押しつぶされますね。

やはり「メイドリーダー」からの「レヴィオンセイバー・アルベール」という黄金コンビが飛んできました。このあとどう処理していくか。
手札の高コストフォロワーは「フェアリービースト」「クリスタリアプリンセス・ティア」。回復をとるか除去力を優先するのか。「自然の輝き」があればまた違うのですが…。

「新たなる運命」がきたので、「フェアリービースト」で回復しながら進化して「レヴィオンセイバー・アルベール」を除去。
そして「新たなる運命」で一気に手札交換をしていきます。「森の意志」を含め有用なカードがきてくれましたね。
「リノセウス」「自然の導き」がきたのでコンボで攻めていくのもありです。

…と思ったら「新たなる運命」ドロー、一気に「冥府への道」を起動していきます!
「冥府への道」が場に出た時点で相手はリタイア!

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます